『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 願い。



 52話 願い。

 虹宮ケンジという少年は、特に何か大きな成果をあげる訳でも、最初に殺される無様な端役でもなく、ただ、『飛び抜けて優秀な連中の背中』についていくだけの『部隊要員その一』でしかなかった。


(イヤだ……何もできないままは、もういやだ……トウシくんのバディになるんだ……彼の隣に立つんだ……それが、おれの産まれた理由……そのはずなんだ!)

 ギリギリと奥歯をかみしめて、

(でも、どうしたらいい……方法が見えない……おれのガチャ運は悪いし……テストでも、あの異常天才集団には勝てない……おれの存在価値は……どこで自分を発揮すれば……くそ、くそぉ……)

 と、光の視えない暗闇の中に沈んでいた、その時、
 虹宮の耳に、




「力が欲しいか?」




 そんな声が響いた。
 脳内に響く、男の声。

「え、なに?! だ、だれ?!」

「質問に答えろ。力がほしいか?」

「え……いや、力は欲しいけど、そんなことより、誰……この声、どこから――」

「俺はセンエース。世界の平和を守るため、宇宙の安寧(あんねい)を守るため、愛と平和を謳いながら、そこそこ長い間、なんか色々とアレコレ頑張ってきた、ココロのキレイな神様だ」

「……は、はぁ……『なんか色々とアレコレ頑張ってきた、ココロのキレイな神様』ですか……なるほど……」

「ココロのキレイな神様の俺は、『悪徳神モンジンからムリヤリにデスゲームをやらされているお前たち』を救いだしたいと切に願っていたり願っていなかったりする」

「そこは、しっかりと願っていてほしいところですが」

「というわけで、君に力を貸そう。これで、君は最強になれる。やったね♪ ラッキー、ラッキー、ラッキー、ラッキィ」

「なんというか、最初から最後まで、一本筋が通って、めちゃくちゃ怪しいんですけど……」

「怪しくない、怪しくない、もう、ぜーんぜん怪しくないから」

「……はぁ、怪しい人しか言わないセリフですね……」

「ずいぶんと疑ってかかるじゃないか。なに? 俺を拒絶しちゃう? 別にいいよ。それならそれでも。他の人に話を持っていくだけだから。で、そいつが、トウシのバディになるだけだから」

「え……ぅ、う~ん……」

「いいのかなぁ? それで、いいのかなぁ? ダメだよねぇ。許せないよねぇ」

「……」

「へただなぁ、虹宮くん。欲望の解放のさせ方が下手。――心はゴムマリだよ。抑えつけたら、反発してくる。適度に解放させるのが人生のコツだ。というわけで、この契約書にサインを――」



「――お、おれ……」



「ん?」

「かっこいいって……思ったんだ……トウシくんのこと……」

「……」

「おれ、あの時、動けなかった……アダムさんから『誰か、助けにいってもいい』って言われた時、岡葉の助けを求める声が、おれの耳にも、確かに届いていたのに……一歩も、動けなかった……ただ震える事しかできなくて……」

「……」

「でも、トウシくんは迷ってなかった。いや、たぶん、迷ってはいたんだろうけど……でも、最後の最後は迷ってなかった。トウシくんは、ただ、まっすぐに、前を見てた。……もし、おれが、トウシくんと同じ力を持っていたとしても……おれには出来ないって思った……だから、凄いなって……ホントにカッコイイなって……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    中間あたりの班長に気づいた人は私以外に何人いるのかな?

    1
コメントを書く