『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 狂気のデスゲーム。


 50話 狂気のデスゲーム。


 腹を抱えて笑っているアダムと同じくらい、
 モニター室では、神の王も、

「ふはは! 勝った! 勝ったぞぉ! 俺は、ついに勝ったぁ! それも、最も苦手な数学で! これは、完全な勝利だ! ひゃははは!」

 愉快満点でガッツポーズを決めて笑い声をあげていた。

「いっつも偉そうにしやがって、あのクソガキが! ざまぁみさらせ! ひゃっほぉ! いぇい、いぇい、ごーごーっっ!」

「み、みっともない……『全世界で最も尊き神の王』ともあろう男が……中学生相手に……恥ずかしげもなく、アバターラのフル投入まで使って……」

「どこがみっともないんじゃい! ちゃんと書いてあるだろ! アバターラOKって! あいつも使えばよかったんだよぉ! あん? あいつには使えない? だからぁ? 俺だって、あいつと同じ頭脳は持ってませんけどぉ?! そっちの不公平は無視で、俺のアバターラ使用だけ文句を言うってのは、道理が通っていないんじゃありませんことぉ?!」

「……」

「だから、その目、やめろぉ!」

「しかも、それだけやって、結構ギリギリの勝利ってところが、もう……みてられまちぇん……」

「なんとでも言え! もはや、こうなったら、恥もヘッタクレもないわい! 長い神生の中で、暇つぶしに数学もかじっていて、ほんとによかった! あー、よかった! おかげで、勝てたー! わーい! はっはぁー!」

「……虚しくないでちゅか?」

「……わりとな」



 ★

 試験終了後、しばらく待機と言われ、講堂で、それぞれの時間を過ごしている面々。
 30000の中には、100点を取った者もチラホラいたのだが、100点に届かなかった者は、全員、トウシから点数をもらっているので、落ちる事はなかった。
 が、しかし、坂本が消されたのを見たばかりなので、誰も安堵の表情などはしていなかった。

 ふいに、岡葉が、

「正直、ヤバいね……ここから先、何回試験をやるのか知らないけど……もし、そのたびに、神様が介入してくるとなると……」

「正直、勝てへんな……流石、神様は格が違った。……仮に、なんかの間違いでワシが一位を奪取できたとしても、ぶっちぎりの二位に食い込んでくるんは間違いない……つまり」
「今後、ずっと、確定で最下位の一人は落ち続けるという事に……」

「10回、試験があったら10人……試験が91回あったら……全員死ぬ……」

「このデスゲーム、ほんまに殺意高すぎやろ……なんやねん……どんだけ、ワシらのこと、殺したいねん……」

「どうにか、対抗策を考えないと……」

「いや、これに関しては対抗策とかないやろ……これは積んどる……神様に、『頼むから、参加せんといてくれ。大人げないマネせんといてくれ』って頼むくらいしか方法はない……」

 などと悩んでいるトウシたちの向こうで、
 黒板に張りだされた結果を凝視している男子生徒が一人。

 彼の名前は虹宮ケンジ。

 田舎育ちで、地元界隈では神童と呼ばれていた彼。
 だが、

(……ま、マジかよ……ど、どいつもこいつも、天才すぎるだろ……っ!)

 結果を見て、愕然としていた。

 『これまでのガチャ運』が壊滅的だった彼の携帯ドラゴンは、ハッキリ言って弱い(ログボガチャはそこそこだったが、トウシの『ソンキー』のように、一つあるだけで『別格』になれるような大当たりではなかった)。

 しかし、『携帯ドラゴンの強さ云々』に関しては、
 『運がなかっただけだ』と自分を慰めていた虹宮。

 筆記のテストになれば、自分はトップ層だろうと思っていたが、
 実際のところは、

(トップ層どころか……50番以内にも入っていない……数学は、どちらかと言えば、得意な方なのに……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く