『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 高次の対話。


 42話 高次の対話。

「数式だけでリアルの全部を手に入れようなんて思っとらん。『果てなき反復』の重要性は理解しとる。ただ、ワシは、極限を超えた時間短縮&最効率化を実行しとるだけ。武術の達人に、ネットワークで加速させた演算能力で勝つ……ワシからすれば、そこにこそロマンを感じる。それだけの話」

 トウシは加速していく。
 その速度は限界を超えていく。

(凄まじい成長速度……タナカトウシ……貴様の頭脳は、本当に凶悪だ……)
(分かる。理解できる。ジャミは強い。本当に強い。だからこそ、ワシは、もっと――)


 密度が増していく。
 指数関数的に、闘いの濃度が増していき、
 ついには、

「……くっ……タイムアップだ……」

 トウシを殺し切れず、悔しそうな顔でそうつぶやくJジャミ。

「言っておくが、逃げる訳じゃない。本当に今回は時間切れだ。貴様よりも、オレの方がまだ強い……まだ……わずかに……くっ……」

 そこで、ジャミは、悔しそうな顔を残して、その場から瞬間移動で消えてしまった。
 残されたトウシは、

(確かに、まだワシはジャミより弱い……けど、ワシは、もっと行けた……ワシの成長は、まだまだ始まったばかり……ワシはここから強くなる……)

 グっと空を見上げて、息を吸い、

(おもろいな……この『戦闘』ってゲーム……ただの暴力やない……超高次の会話……限りなく奥深く『互いを知っていく対話』……これを極めた『先』……見届けたいと強く思う……)


 ジャミとの戦闘の余韻に浸っていると、
 ――アダムが現れて、

「驚いた。まさか、ジャミに勝つとは……なかなかの資質だ」

 言ってから、

「ジャミに勝った報酬だ。受け取れ」


 『100万を超えるMDP』と『限定☆Xの強化パーツ』をトウシに与えるアダム。


「その強化アイテムは、ほとんど、貴様専用の強化パーツと言っても過言ではない」

「……ワシ専用?」

「劣化融合などしなくとも、貴様の脳をマルチコアにするアイテムだ」

「っっ?!」

「この上なく偉大な主は、貴様の成長を大変喜ばれておられる。貴様のために特別に創られたその『専用強化アイテム』を使い、もっともっと、果てなく強くなれ。貴様が強くなることを、主上様は望まれている。主上様の期待を裏切るな」

 そう言って、アダムは姿を消した。
 残されたトウシは、

(神の期待ねぇ……もしかして、あの神様は、『強い遊び相手』を望んどるんか? このデスゲームは、まさか、神様の遊び相手をつくるためのゲーム? ……もし、ホンマにそうやとしたら、なんて迷惑な話なんや……)

 ボソっとそう言いながら、
 しかし、

(けど、おかげで、新しい世界を知ることができた……せっかく、ここまで来られたんやから、もっとエグく欲を出したる。『神様のちょっとした遊び相手』なんていうヌルいステージにとどまらん。神を超えたる。他の奴には絶対に出来んが……ワシなら出来る。いや、というか、これは、ワシにしか出来ん不可能や)



 ★



「もうドン引きだぜ……なんだ、あいつ……どういう天才?! 何、2秒でジャミに勝ってんだ! ざけんな、ボケ! あの、カス! ボケ! ウチのジャミは天才なのに! くそが、ナメやがって、くそったれがぁ!」

「2秒では勝っていなかったと思いまちゅけど」

「うるせぇ! 俺は『体感』の話をしとるんだ!」

 叫んでから、

「ほんと、マジかよ……あんな天才いていいのか……あいつの成長ぶりは、『P1』どころの騒ぎじゃねぇぞ……」

「その天才がもっともっと輝けるアイテムを自ら与えたお兄は、どういうマゾなんでちゅか?」

「お前がとことんやれって言ったからだろうが……あー、もう……マジかよ、あいつの成長速度……いや、あいつが天才で、俺が凡人ってのは、中3の頃から知っていたけどさぁ……まさか、あいつが、あそこまでの天才だとは、流石に思ってなかった……」

 そこで、センは頭を抱え、

「え、これ……もしかして、最終的に、俺が負ける流れ? この物語の主役は、実はあいつでしたのパターン?」

「どうやら、そうみたいでちゅねぇ。お兄、今まで、おつかれ」

「あっさり言うな! こちとら、今日までに『それなりの歴史』を積んできとんじゃい! 中坊一人に負けてたまるか!」

 そこで、センはガっと顔をあげて、鼻息あらく、

「勝ってやるよぉ! あいつをバリバリ限界まで鍛え上げた上で! その上で勝ってやるよ! 見とけや、あほんだら!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    タナカトウシ自身が強くなろうとする理由は一応、楽しいと守りたいものがある何やけど、それだけやったらあの精神力は片付けられへん気がする。
    凡人か天才かの違いはあるかもしれん。でも、天才過ぎるからこそもっとクールに冷静に判断できることがあるじゃないか。何故それをしないのか?
    まぁ、これは私の考察でしかないけど、タナカトウシ(第1アルファ時代ではなく、悪魔でこの世界に入った時点の)は、センこと(一部ながらに)をコンバートあるいは、コピーしている節がちょくちょくあると思われる。
    そう思う理由は小物も合わせると多いが大きなのは2つある。
    1つ目は、上記にも記しているが、異常なまでの精神力。これに至っては、確信を持って疑っている。単なる人間。いくら頭脳明晰であっても、自分が勝てる可能性あるとしても、人ならば、通常の人ならばあそこで突っ込みはしないと思う。人間でそれをするのはセンエース(人間だった時代の)ただ一人だと考えている。
    2つ目は、ヒーロー見参。この台詞を叫んだとき、センエースには何かが起こっていた。バグ戦、邪神との対決、P1戦。これらのことからヒーロー見参はセンがピンチなタイミングで発する言葉であり、それはセンないし、セン関係の(ミシャンド/ラのパワーアップ時言っていたはず(センと親しい))生物ではないと、発動しないのではないかと考察できる。しかし、タナカトウシは第1アルファ時代からヒーロー見参という台詞をゲームのガチャで活用していることからセン関係または、セン本人ということになる(なってくれ)。
    つまり、タナカトウシは究極超神センエースの新しい進化素材、コンバーター(P1やP2、D型などの世界に連れてこられた者たちのこと。ゼンはセンエース本人が呼び出しているので対象外。)である確率が高い。
    まぁ、ここまで書いて何やけど、これは自分でも無いなと思ってる。
    少し考えただけで矛盾があれよあれよと出てくる出てくる。
    1つだけ、決定的なのは()内でも書いた通り、セン本人が呼び出しているという点。センエースは自分を強化したいと考えてはいるが、コンバーターを自ら呼び出している訳ではない。このことから、自分で呼び出しているタナカトウシは究極超神センエースを強化するに足り得ないただの天才(コンバーターではない)であると考えられる。
    久しぶりにこんな長文書いたかも。
    おかしいところあったら指摘たのんます。

    1
コメントを書く