『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

41話 不可能かどうかはどうでもいい。


 41話 不可能かどうかはどうでもいい。

「机が5つになって効率と速度が5倍になれば、ワシも『スムーズに走れるようになる』っちゅうこっちゃ。『無心かつ反射的に』とはいかんけど、頭を使わんのは性に合わんから……むしろ、逆に、それでええ」

 そこで、トウシは、この場にいる全員に視線を向けて、

「融合を使うには、マスターの同意がいる。全員、ワシに託せ。ワシなら、この不可能……どうにか出来る。というか、ワシ以外では無理で――」

 その発言に対し、岡葉が、答える。



「無理かどうか、不可能かどうか……そんなものは、どうだっていい」



「ああ? おい、勝手に諦めんな。まだ、ワシは、こうして闘って――」

 そこで、岡葉は、ポロポロと涙をながしながら、

「不可能か可能か……そんな事はどうでもいいんだ……君は……来てくれた……たった一人……ボクの……『助けてくれ』って叫びに答えてくれた……それだけが、すべてだ」

「……」

 岡葉は、涙でぐしゃぐしゃになった顔で、

「ボクの全部を好きにしてくれ……君に……ボクの全部を託す……」

 その言葉に続いて、味崎も答える。

「俺も……お前になら託せる……お前以外には死んでも任せないが……お前になら……」

 続いて、鈴木(ホウマ)・佐藤(ツカム)・雷堂の三名も、首をたてに振った。
 迷いなど、あるはずがなかった。
 全員が、いっさい躊躇せず、即時決断した。

 ――絶望の底に沈んでいた時、
 たった一人、助けにきてくれたヒーローに、
 この場にいる全員が『全てを託す』と決めた。


「……よし、ほな、全部もらうで。ワシは遠慮とかせん……出来る事を全力でやるだけ。そういう人間や」

「この上なく……頼もしい発言だよ……」


 岡葉たちの期待を背負いながら、
 トウシは、迷いなく、五人の携帯ドラゴンとエルメスを融合させる。

 6体の龍は、混ざり合って、溶け合って、
 最後にカっと光ってから、
 一匹の利発そうな携帯ドラゴンになった。



「……強化値は、ガッツリと下がったな……まあ、別にええけど」



 『エルメスと比べれば弱過ぎる龍』との融合によって、
 エルメスはかなりの弱体化をくらった。
 融合すれば強くなれるというワケじゃない。
 1000+1が1001になる訳じゃない。
 1という『弱さ』に足を引っ張られて、
 1000あったものが900になってしまうのが、融合の現実。

 だが、そのかわり、

「コアを5つ獲得……よし……めっちゃしんどいけど……労力5倍やけど……そのかわり……演算速度も5倍や……」

 トウシは、ニっと笑い、

「これなら、『ワシという狂気』を最大限に活用できる……さあ、いくで。かけっこの時間や」

 戦闘開始から、数秒が経過した時、
 両者が互いに、異変を覚えた。

 トウシの方は、驚嘆で、
 Jジャミの方は、驚愕。

 ジャミと闘いながら、トウシはボソっと、

「おお……ど、どうやら、ワシは、自分が思うよりもだいぶイカれた天才やったらしいな……『頭の中の机』が5つに増えただけやのに……演算速度が、5倍どころか、30倍くらいになっとるやないかい……」

 自分自身の性能に驚いているトウシの前で、
 Jジャミが、驚きを隠そうともしていない表情で、

「信じられない頭脳だ……貴様、本当に人間か?」

「もしかしたら、ちゃうかもしれんなぁ……」

 などと喋っている間も、二人は、高次戦闘を続けていた。
 驚異的な演算速度で、戦闘という概念そのものを解析していくトウシ。
 その成長速度はとどまることを知らず……


「し、信じられない……『武の器』は、弛まぬ努力を積むことでしか手に入らないものなのに……タナカトウシ……貴様は、それを、計算だけで入手しようというのか……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    えーと、これ、タナカトウシ最強伝説始まっちゃう?

    1
コメントを書く