『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 追加ルール。


 35話 追加ルール。

「神様! お願い! 死にたくない! 助けて! かみさ……誰か! 誰でもいい! 助けて! 誰か! ――蜜波さん! どうか、助けて!」

 その視線は、ナツミをとらえていた。
 数少ない、自分より強い相手に救いを求める。

 そんな『岡葉の視線』は、当然、ナツミの二つ隣にいる『トウシの視界』にも飛びこんでくる。
 トウシは、ハッキリと見てしまう。
 岡葉の、救いを求める瞳。
 必死で、命の擁護を求めている目――


「たすけて! おねがいだから! 死にたくない!」


 岡葉の、その叫びを受けて、

「……」

 トウシは、ギリっと奥歯をかみしめた。
 握る拳が強く、硬くなる。

 そんな時、



「ここで特別ルールを発表する。観客席にいる貴様らの中から、一人だけ、追加でエクストラステージに参加する事を許そう。この権利は、早いもの勝ちだ。さあ、我こそはと思う者は、スタジアムへと飛び込むといい」



 客席に突然現れたアダムがそう言った。

 もちろん、誰も、その声に反応したりしない。
 みな、アダムから視線を外してうつむく。


「どうした? 同族のピンチだぞ。助けにいってやったらどうだ?」


 みなが視線をそらす中、
 トウシだけは、アダムの目をジっと見つめていた。
 強い視線で、アダムの目を見つめたまま、


(九華が相手やと、今のワシでは勝てん……あの時も、バロールが引いてくれたから、なんとかおさまったけど……もし、普通に続けとったら、確実に負けとった。ワシの武はまだまだ、発展途上……基礎を認識した程度でしかない。今のワシでは、『バロールより強いジャミ』には確定で勝てん……10分耐えきるんは……まず、できんやろう……)

 心の中で、ぶつぶつとつぶやくトウシ。
 そんなトウシの様子に気付いたジュリアは、
 トウシの腕をガっと掴んで、

「動くな」

 そう言った。

 ジュリアの言葉が、トウシの奥へしみ込んでいく。
 掴まれた腕から、ジュリアの想いが、流れ込んできた。
 『頼むから、動かないで』という懇願。
 必死の想い。
 ――トウシは、

(勝てん敵……守るべき相手……闘う理由……)

 色々な言葉が、グルグルとめぐって、
 同じところを何周もして、
 答えのない迷路の底で悩み、あがき、揺らぎ、
 ――そんなトウシの耳に、



「だれか……たすけて……おねがい……」



 懇願している岡葉の声が届いた。
 ボロボロの状態で、無慈悲な死にさらされている姿が、トウシの視線におさまる。

 そこで、岡葉は、また、ジャミに、ガツンと一撃をもらった。
 死なない程度の、いたぶる拳。
 粘滞性の死がジンワリと浸透していく。


「……だれ……か……」


 そんな岡葉の、かすれた声に対し、トウシは、

「やかましわ」

 そうつぶやいてから、
 ナツミに視線をうつし、

「……お前の願いを叶えると誓うから……さっきの10万をよこせ」

 そう言った。

 すると、ジュリアが、キっと視線を鋭くして、

「やめろ」

 強い言葉でそう制したが、
 しかし、トウシは、

「……ワシ、イケメンが嫌いやねんなぁ……つまり、ワシ、あのジャミってやつのこと、めっちゃ嫌いやねん。なんというか、どこがどうとは言えへんねんけど、とにもかくにも、そこはかとなくムカついてしゃーない。このリビドーは止められへん」

「……」

「あと、エクストラアイテムにも興味がある。めっちゃ強くなれそうやん。ここで入手しとかんと、あとで後悔する気しかせぇへん。うん、間違いない」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    リビドーってさ欲望っていう感じより、性欲の方を指すんじゃ無かったっけ?(まぁ、どっちでもええけどw)

    2
コメントを書く