『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 執行。


 34話 執行。

「残念ながら、君たちが使っている貸し出し用のトランスフォームは任意解除できない。というわけで続きだ」

 そう言って、ジャミは、板瀬を、さらにボッコボコにしていく。
 他の者には目もむけず、ひたすらに、
 ただひたすらに、フルでボコボコに……

「うご……へっ……もう……ゆるして……ごめんな……さ……」

「? なにを謝っている? 意味がわからない」

「いろいろ……調子にのって……ごめ……さ……もう、あんな事……言わないから……ゆるし……」

「ん? ああ、なるほど。君は、『いままでの態度が悪かったから、自分だけがこうして殴られている』と勘違いをしているのか。残念ながら、そうじゃない。これから、この場にいる全員が君と同じ目に遭う。君が最初というだけだ」

「……」

「だから、謝る必要などない。謝っても無意味だし、私は『君の素行』に興味がない」

「……」

「というわけで、再開だ」

 そう言うと、ジャミは、板瀬の頭を掴んで地面にたたきつけた。
 ガン! ガン! ガン!
 と、乱暴に、粗雑に、ゴキブリでも殺すように、

「ぐぶっ――」

 五回ほど地面にたたきつけたところで、

「ん?」

 板瀬の体が、淡い光に包まれて、拡散していった。
 ようやく、板瀬は解放されたのだ。


「おっと……もう少し甚振(いたぶ)るつもりだったんだが……殺してしまった……私も力加減が下手だな……これでは、バロールの事をとやかく言えない」


 などと、意味の分からない事をつぶやいてから、

「次からは、もう少し慎重にいくとしよう。さて、次は……うん、君にしよう」

 そう言って、ジャミは、岡葉をロックオンする。

「ひっ……」

 あまりの恐怖に体を震わせる岡葉。
 逃げようとするが、このステージは見えない壁で包まれており、逃げ場などどこにもない。

「い、いやだ……たすけ……」

「私に助けを求めても無意味。私は神の命を受けてここにいる。神の命を受けている際の私は揺るがない」

 そう言うと、ジャミは、一瞬で岡葉との距離を詰めて、
 彼の腹にワンパンを入れる。

「うぶふっ!!」

「うん、このくらいなら死なないな……今度は、簡単に殺してしまわないよう、注意して……」

 などとブツブツ言いながら、ジャミは、岡葉をボコボコにしていく。

 その間、ずっと、

「やめっ……おねが……許してください……」

「君もおかしな事を言っているな。許す? 何をだ」

「た、助けて――」

「だから、その懇願は無意味だと言っている。我が神は、君たち虫ケラが『苦痛』の底に沈む事を望んでおられる。神の望みは私の望み」

「……く、狂ってる……」

「自覚はある。だが、それがどうしたという?」

 言いながら、ジャミは、続けて、岡葉をボコボコにしていく。



 ★



 ボコボコにされている岡葉を見て、客席は静まり返っていた。
 凄惨な現場を見て、青くなっている者ばかり。

 トウシたちも真っ青になっており、

「バロールよりも……完全に、あのジャミってヤツの方が強いな……」
「確か、ソンキーとかいうキャラパーツの性能を最大限に発揮しても、今のあんたじゃ、バロールには勝てないんだっけ?」
「ああ。ワシはまだ、九華に勝てる力を持っとらん」
「なら、あんたの選択肢は一つ。動くな」
「……」
「何度も言わせるな。あんたを殺すのはわたしの役目。ソレだけは、他の誰にも、絶対に、譲らない」
「わかっとる……別に動く気はない。そもそも、おそらく『神様が張っとるであろう、あの見えん壁』をワシでは突破でき――」



「神様!! たすけてください!!!」



 そこで、岡葉の叫びが響いた。
 天に向かって叫び、
 続けて、客席に向かって、

「神様! お願い! 死にたくない! 助けて! かみさ……誰か! 誰でもいい! 助けて! 誰か! ――蜜波さん! どうか、助けて!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く