『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

30話 執念。


 30話 執念。

「はははははは! お前ら、この女に感謝しろ! この女はお前らの命の恩人だ! こいつは、この中でも、飛び抜けてプライドが高そうなツラをしている。そんな女が頭を下げた。そのことで、今日の俺は、そこそこ満足できた!」

 黒く醜い笑顔を撒き散らし、

「実にいい! おかげで、まだ『終わりたくねぇ』と思えた。だから、今回のイベントでは、一応、邪魔はしないでおいてやる」


 そう言うと、トウシの頭から足をどかして、
 スタスタと、土下座をしているジュリアの目の前まで歩くと、

「なめろ」

 そう言って、ジュリアの顔の前に、自分の右足を差し出す。

「ナメるフリじゃダメだ。きっちりと、丁寧に、出来る限り、エロくナメろ」

「……」

「そうだな……セリフも注文しようか。『私は貴方様の忠実なメスブタです』にしようか。さあ、気合いを入れて、エロゲーのベテラン声優ばりに頼むぜ」

 ギリっと奥歯を噛む音が聞こえた。
 周囲全員の耳に間違いなく届いたほどの大きな歯ぎしり。
 ジュリアの肩は震えていた。
 目は血走っている。
 だが、それでも、ジュリアは、

「……私は貴方様の――」

 命令に従おうとした。
 と、そこで、



「時間だ。そろそろイベントをはじめ……ん、何をしている?」



 瞬間移動してきたアダムが、
 乱れた『この場』を見て、ギンと視線を強くした。

 その視線の圧力に、この場にいる者全員が震えあがる。

 板瀬は反射的に足を引っこめて、

「何もしていませんよ、アダムさん。ええ、もちろん、なにも」

「……ならいい。そろそろイベントをはじめる。選抜メンバーは、下のステージに来い」

 そう言って、その場から姿を消すアダム。
 フワっと弛緩する空気。
 その直後、
 板瀬は、
 立ちあがってヒザのホコリをはらっているジュリアに、

「お前、S女かと思ったら、実はドMだったんだな。イベントが終わったら、じっくりと調教してやる。楽しみにしておけ」

 などと言い残してから、ステージへと降りる階段へと向かった。

 残されたジュリアに、とてとてと近づいてきたトウシが、

「残念やったな、途中で邪魔が入って。まあ、でも、後で調教してもらえるみたいやし、その時は、もう邪魔は入らんやろうから、そこでジックリと、新たな目覚めを堪能して――」

 ふざけた事をぬかすトウシを、血走った目で睨みつけるジュリア。
 そんな彼女に、トウシは、

「こっわ……もはや、ただのホラーやな」

 そう呟いてから、

「……しかし、プライドの塊のお前が、よう土下座したな。驚いたわ。……昔は、イジメられても、頑として服従せず、最初から最後まで、ずっと抵抗しとったのに、今日はアッサリと頭さげたな」

「あんたを殺す権利は、あたしだけのもの。あんなカスには渡さない」

「底深い執念やなぁ……」


 ★


 初イベントの内容は、とてもシンプルだった。
 純粋に、大型モンスターの撃退。
 携帯ドラゴンの強化値でいうところの180%くらいの巨大なモンスターを、7人で力を合わせて倒すという、小規模レイド戦。

 選抜メンバーは、みな、それぞれ、かなり優秀な実力者だったので、
 正直、このレイド戦は楽勝だった。
 出現した大型モンスターは、図体に見合う膨大なHPを有していたが、
 動きが遅く、かつ、ワンパターンなので、完封のペースで事は進んだ。

「この難易度だったら、マジメに闘う人員が二人もいれば勝てたかな」
「そうですね。この程度なら、私(ナツミ)と鈴木(ホウマ)さんだけでも、なんとか倒せたと思います」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く