『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 強すぎるバロール。


 23話 強すぎるバロール。

 バロールの圧力にビビって酔いがさめるトウシ。
 背筋が凍えて、冷たい汗が止まらない。

(ぅわ……アカン……なんや、よう分からんけど……肌で感じる……あの猿顔には、絶対に勝てん……)


 戦闘開始前から『バロールはかなり強い』と肌で感じて分かっていたが、
 戦闘が開始してすぐ、
 『それ』が酷い勘違いだと気付いた。


(アカン!! これ、強いとかやない! か、神のように強い!!)


 バロールの強さは異常だった。
 『戦闘』という『概念そのもの』を熟知している動き。

 『永き研鑽が積まれている』と、素人目にも一発で理解できる、老練な手管。
 十年とか百年とか、そんな短い時間ではない。
 もっと、もっと、もっと、果てない時間を積んできた者の練(れん)。


「本来、我々九華が、貴様らに対して、トランスフォームを使うのは禁止されているのだが……タナカトウシ……貴様を相手にする場合に限り、特別に使用許可が出た。……誇れ、貴様には、それだけ価値があるということ」

「その高評価、マジでいらんなぁ……ていうか、ほんまに、その禁止令だけは頑として貫いてくれや。解禁したらアカンて……あんたの強さ、チートどころの騒ぎやないで。絶対に神様より強いやろ。あんたより強いヤツとかおるわけがない」

「言っておくが、主は、私など足下にも及ばない、圧倒的な武を有しておられるぞ」

「……ぇえ……ウソやろ……いや、絶対に嘘や。そんなに遠い訳がない」

 クラっときた。
 バロールのセリフは、あまりにも絶望が過ぎた。

「ウソ? 愚かしいな……『主の真実』を知る者なら、必ずこう言う。『この上なく尊き主を、貴様(バロール)ごときと比べるな』と」

「そ、それが真実やとしたら……このゲーム、難易度、イカれすぎやろ! バランスもクソもないやないか! こっちは、すでに、☆Xをガン積みしてんのに、ラスボスには勝ち目ゼロ以下て! なんや、このクソゲー! 製作者、頭、わるすぎやろ!」

 トウシの、そんな悲鳴を聞いた瞬間、
 バロールは、ピタっと動きを止めた。
 そして、プルプルと小刻みに震えだした。

 ただごとではないと一瞬で理解したトウシは、額に汗を浮かばせながら尋ねる。

「……ぇ、なに? どしたん?」

「……言うまでもないが……このゲームの製作者は、我が主だ……」

「え……ぁ、いや……」

 そこで、トウシは、すべてを把握した顔になり、
 慌てて、

「うん、いや、ちゃうねん……そういうことやないねん……なにがどうとは言われへんけど、そういうことでは――」

「貴様……この上なく尊き『我が主』を……愚弄したな……」

「ちょ、だから、違う……まっ――」

「その愚かさの報いを受けろ」

 そう言って、バロールは加速した。
 磨き抜かれた武が、トウシに襲いかかる。

 拳が刃のように鋭く、トウシの体を刻もうとしてくる。
 その速度は、目にもとまらない迅雷で、
 抗うほどに強く、トウシの体躯に、高次の衝撃を叩きこんでくる。

「ぬぐぉおおおおっ……ムリムリ、こんなもん! どうせぇ言うんじゃい!」

 止まらない嵐のような武。
 今のトウシでは理解すら出来ない圧倒的な強さ。

「まけ……る……てか、死ぬ……」

 バロールという激流の中で溺れそうになっていたトウシの心に、





 ――敗北など許さない――





 声が響いた。
 静かなのに、凛と響く、凶悪なイケボ。

 ――俺の名を冠する力を持ちながら、バロール程度の小神に負けるなど許さない――

(だれ、や……どこから……)

 ――趣味じゃないが、少しだけ手ほどきしてやる――

 心に響く声が、
 トウシの全身を包み込み、



 ――お前の頭脳があれば、『俺』を『理解』する事も出来るだろう――



(あんたって……もしかして……ソンキー? ……キャラパーツが持つ意志……的な?)

 ――俺が誰かなど、どうでもいい。
   ソウルレリーフとはいえ、魂に『俺』を宿すなら、
   この世の誰にも負けるんじゃねぇ――


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    下とは、別垢やけど本人なんでそんな感じでよろしゅう

    0
  • キャベツ太郎

    滅茶苦茶頑張って貯めた。
    まだ、この話まで読んでないけど帰ってきたことを伝えたくてw

    1
コメントを書く