『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 100連ブンまわし。


 21話 100連ブンまわし。

「アンノウン! 神様の攻撃と同じで、見えませんでした!」
「――どわ! そら、あかんな!」

 一瞬で状況を理解すると、
 トウシは、即座に、逃走ルートを検索する。

「そんなに急いで逃げようとするな。実を言うと、かなり退屈していたんだ。少しは相手をしてくれ」

 言いながら、バロに突撃命令を出すバロール。

「きゅい!」
「きゅいっっ!」

 バロの攻撃を、必死に受け止めようとしたエルメス。

 一撃目は、なんとかガードしたのだが、
 二発目のシッポによる攻撃は、直で当たってしまい、

「きゅぃ」

 吹っ飛ばれて、悲痛の声をもらした。

「アカン、アカン! あいつの携帯ドラゴン、強すぎ!」

 と、そこで、

「蜜波ハルカ!」

 トウシは、後ろから、ナツミに、肩をゆすられて、

「蜜波ハルカ! 覚えましたか?!」

「な、なんやねん、急に――」

「母の名前です。クリアできたあかつきには、どうか、私の母、蜜波ハルカの病気を治してくださいと、神様にお願いしてください!」

「……」

「私が足止めします! 命がけであなたを守ります! あなたの『命の恩人』を必ず『遂行』してみせます! ですから! どうか! よろしくお願いします!!」

 そう叫んでから、
 ナツミは、

「ツナカン! これが最後! だから! あなたの全部をちょうだい!」

 自身の携帯ドラゴンに、最後の命令を下す。


「トランスフォーム!」


 ナツミが抱いていた『自信』の根拠。
 携帯ドラゴンのトランスフォーム機能。

 それは、携帯ドラゴンをスーツ状態にして闘えるようになる、いわゆる変身技。
 ハッキリ言ってしまえば、仮○ライダーになれるスキル!
 オートで闘わせている状態よりも、遥かに強大なエネルギーを捻出できるようになる最強の切札!!
 トランスフォームを積めるようになる強化アイテムは、最低でも☆9以上の超レアアイテム!
 しかし、彼女がログボガチャで引き当てたキャラパーツ『サイ』は、高性能なアナライズ能力だけではなく、トランスフォームも常備されている超優秀なレアアイテムだった。
 ソンキーほど圧倒的ではないが、文句なしの☆X強化アイテム。

「絶対に足止めします! ですから! 絶対にクリアしてください!」

 そう叫んで飛び出すナツミ。
 その姿を見て、バロールは、

「いい気迫だ……」

 ぼそっとそう呟いた。
 直後、雑念を振り払うように、首を横に振って、


「まあ、無駄だがな……貴様程度のザコでは、どうする事も出来ない」


 突撃してきたナツミの攻撃をアッサリと回避して、

「きゅいっ」

 ドスンとカウンターを入れるバロ。


「ぐふっ!」


「トランスフォーム状態なら、お前自身にもダメージは入るな。……くく……一発では仕留めてやらないぞ。ジワジワとなぶり殺してやる」


「望む……ところ……必ず……時間を稼ぐ……」


 その覚悟を受けて、バロールは、ほれぼれしたような顔で、

(本当に、素晴らしい気迫………ぁあ、いや――)

 そこで、また首を横に振って、

「楽しいオモチャだな。しかし、いつまで持つかな」

 悪役らしい声でそう言って腕を組み、余裕の静観を決める。

 必死で抗っているナツミと、
 そんなナツミをボコボコにしているバロ。


 ――その地獄絵図を見ていたトウシは、

「勝手なマネしくさって……」

 ぶつぶつと、

「お前に頼らなければ何も出来ない……とでも思ってんのか……んなワケないやろ、ぼけぇ。ワシを誰やと思てんねん」

 その発言に対し、ジュリアが、

「知らん。あんた、誰?」

 そう問いかけてきた。
 確認作業。
 それは、すなわち、
 自己の正式な再認識。


「タナカトウシ。ちょっとだけ天才やけど、完全陰キャでフルボッチな異常性格者。かつ、携帯ドラゴンのステランキングでナンバーワンになった男」


 そう発言してから、

「裏技を使ったから……それ以外の理由はないけれども……しかし、ナンバーワンになったという事実に変わりはない。そして、その裏技は、今も使える。――なら! 結論はつまり、そういうこと!」

 MDデバイスで、ガチャを選択し、

「ここまでの収益……ザコとボスを叩き潰してきた事によるMDPが全部で『30000』ほど。というわけで、さあ……100連ブン回し……いってみよかぁ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く