『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 九華。


 20話 九華。


 神の技も解析したのか、と聞かれたナツミは、

「はい、もちろん、解析を試みましたが……」

「が?」

「見えませんでした。この解析スキルは『一定値以上の火力』に対してはアンノウンとしか出ないので……」

「ふむ……となると、5000%以上は確定と。まあ、そらそうやろうなぁ。なんせ、相手は、シェンロンの一兆倍の力を持った神様やし。てか、一兆倍ってなんやねん。そんなもん、ギャグ漫画でしか使ったらあかん数字やぞ。ほんまにそんだけの力があったら、スーパーベ○ータが相手でも鼻息で殺せるんとちゃうか?」

 渋い顔でそうつぶやいてから、

「……ちなみに、アンノウンになるラインは? 7000? それとも10000?」

「いまのところは不明。要検証の段階です」

「先の見えない暗闇。絶望の五里霧中。極まった前途多難……はぁ」


 ★


 4階のボスまでは、トウシの携帯ドラゴン『エルメス』のワンパンで行けたが、
 5階のボス戦では、

「……おっと……ワンパンでは死なんようになってきたな……」

 苦戦こそしなかったが、
 倒すのに『右(ワン)、左(ツー)、右(スリー)』と、3発ほど殴る必要があった。

「おいおい、まだ5階やぞ……このペースで強くなられたら、あと10階くらいで、ヤバいんとちゃうか?」

 その発言に対し、ナツミが、額に汗を浮かべて、

「……も、もし、仮に、『強くなるペース』が緩やかになってきたとしても、この調子だと、『100階』が限度と言ったところでしょうか……」

 そこで、ジュリアが、

「仮になんとか100階をこえられたとしても、残りは、まだ9899階……」

「……これ、最上階まで行くんはムリとちゃうかなぁ……」

 と、そこで、
 後ろから、





「――まあ、ムリだろうなぁ」





 と、声をかけられて、三人は一斉に振り返った。
 すると、そこには、
 『猿顔の偉丈夫』が立っていた。

 携帯ドラゴンを肩に乗せていて、
 ほとばしるようなオーラを放っている、
 一目で『ヤバい』と認知できる男だった。

「えと……誰すか?」

 トウシの問いかけに対し、
 その猿顔は優雅に答える。



「私は神の配下が一人……九華十傑の第八席。ブナッティ・バロール。一言で言えば、お前らの敵だ」



「……九華……」

 そこで、トウシは、案内役であるアダムの話を思い出す。


『2階より上では、時々、『九華』と呼ばれる強者が出現する。もし倒す事が出来れば、膨大なボーナスがもらえるが、ハッキリ言って、今の貴様ら程度では絶対に勝てん。逃げる事を進める』


「――正直言って、貴様ら如きでは、私の敵たりえないのだが……主の命には逆らえないのでね」

 言いながら、バロールは、

「バロ、ファイアボールだ」

 自身の携帯ドラゴンに命令を下す。
 命令を受けた携帯ドラゴン『バロ』は、バロールの肩からはなれ、

「きゅいっ」

 と、威嚇の声を出してから、ボっと、火の弾を吐き出した。

 その『火の弾』は、弧を描きながら地に落ちてきて、

「どわぁ」

 トウシたちの足下に着地すると、ゴォっと火柱をあげた。

「た、楽しい挨拶をしてくれるやないか、この猿顔がぁ……」

 トウシは、エルメスに命令を下し、
 戦闘態勢を取らせる――が、
 そこで、

「ダメです!」

 ナツミが、真っ青な顔で叫んだ。

「あ? どうした?」

「さっきのファイアボール……解析したのですが……」

「……おい、まさか……」

「アンノウン! 神様の攻撃と同じで、見えませんでした!」

「――どわ! そら、あかんな!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く