『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 両手に花。


 19話 両手に花。


「ちょっと見た目が小マシな女をみたら、いつもコレだ。クソが」
「いつも? はぁ? なんの話をしてんねん。ワシ、この十数年という、虫視点で言えば恐ろしく長い人生の中で、お前の以外の女と話した事なんか、数えるほどしかないぞ」

「事実なんかどうでもいい。『たまにそういう夢をみる』と言っている。そして、それがたまらなく不愉快だと言っている」
「ユメェ?! はぁ?! アホか、お前」

「夢だろうと何だろうと、あたし以外の女と喋るな、このクソ虫が」
「……ふ、ふざけた事ぬかしやがって。ほんまに、情緒がイっとんな、ワレ……」

 また深い溜息をついてから、

「あの三つ編みの、『願いが叶うどうこう』に関する気合いの入り方はハンパない。まあ、そんだけ母親を助けたいっちゅうこっちゃろ。あの三つ編みの母親がどうなろうが知ったこっちゃないけど、あの徹底した気概には、充分利用価値がある。逆に、敵対する際の鬱陶しさはエゲつない。仮にあいつと闘ったら、あいつは、最後の最後までくらいついてくるやろ。そして、放っておいたら、確実に、今後、闘う事になる。なんせ、ワシは、ほぼ確実にトップをとって『願いを叶える権利』を得るからな。あの女的には絶対に放っておけん相手。わあ、めんどくさい。イヤダワー。――となれば、味方にしておくんが最も合理的」

「ごちゃごちゃ、うっさい。ぼけぇ」
「おどれが色々やかましいから、丁寧に答えたってんねやろがい!」

 何度目かわからない溜息をついてから、

「……なんやねん、ほんま、ハラ立つ女やなぁ……」

 心底面倒臭そうに頭をガシガシとかいていると、
 ジュリアが、強い視線でトウシを睨みつけたまま、

「トウシ」
「あん?」

「あの女の相手は常にあたしがする。関わってくんな」
「……ああ、はいはい。わぁった、わぁった、好きにせぇ」

 面倒臭そうに手を振ると、
 そこで、ジュリアはトウシに背を向けて、
 三つ編みの方まで近づき、

「あたしは、あいつと一緒に、元の世界に帰りたい。それ以外はどうでもいい。『ありとあらゆる意味』で『余計な邪魔』をしたらブチ殺す」

「……邪魔はしません。約束します」

 まっすぐな目でそう言ってから、

「ぁ、申し遅れました、私、蜜波(みつなみ)ナツミと申します。この子は、ツナカンです」
「きゅいっ」



 ★


 トウシたちの様子を中枢で観察していたセンは、

(また、変な状況になったな……トウシ、ハーレムルートか……)

 ボソっと心の中で、

(つぅか、本当にムカつく野郎だ……属性は俺と同じくせに、すべてが俺の上位互換……おまけに、美人の彼女つき……)

 『現状』で言えば、センエースは、すべての『ステータス』で、トウシを凌駕している。
 だが、中学時代限定でいえば、タナカトウシは、すべての領域において、センエースを上回っている。

 『属性』は、間違いなく同系統。
 善く言えば『尖った孤高』
 素直に言えば『陰キャボッチ』

 しかし、トウシは、センと違い、飛び抜けた頭脳と強運を持っており、
 かつ、『青春的リアル』の充実感もハンパない。

 センエースの歪んだ嫉妬心が燃え上がる。

「アダム」

 センが名前を呼ぶと、

「……ここに」

 アダムは、即座に、出現し、センの足下で片膝をついて頭を垂れる。
 そんな彼女に、センは命じる。

「それでは、そろそろ、本格的に、試練をはじめてくれ。徹底的にやっていい。というか、いっさい、手をぬくな」

「かしこまりました」



 ★


 ナツミと共に、エレベーターに乗り込んで、『2階』に上がったトウシとジュリア。

 そこは、

「……似たような感じやな……」

 近くに街があって、荒野が広がっていた。
 一階フロアと特に代わり映えしない光景。

「この先のプランは決まっていますか?」

 その質問に対し、トウシが、サラっと、

「とりあえず、行けるところまで行く。ボスを殺して殺して殺しまくって、殺せんようになったら、ザコ狩りにシフトして金稼いでガチャ回す……かな」

 と、答えたところで、

「いたっ」

 背後から、蹴りを入れられた。
 ふりかえると、不機嫌顔のジュリアが、

「この女の相手はあたしがするって言わなかったか?」

「普通の会話で一々、文句つけてくんな。毎回、毎回、お前を通して話をするとか、そんなめんどくさい事できるか、ぼけ」

「……ちっ」

 舌打ちをしてからソッポを向くジュリアの姿を見て、

「こいつ、めんどくさいわ、ほんまぁ」

 と、文句を垂れつつ、

「……はぁ……うっとうしい、ダルい、めんどくさい」

 彼女の隣に並んで、
 彼女の手をソっと握った。

「……さわんな、気持ち悪い」

 言いながらも、トウシの手を握り返すジュリア。

「ほな、離せ、アホが」

 などと言い合いながら、
 ボスエリアまで、荒野を突き抜ける間、
 『ザコ敵の処理』はナツミに任せて、
 二人は、学校帰りのように、ブラブラと、手を繋いだまま歩いた。

 その途中で、

「あ、そうや。これだけはどうしても聞きたかったことなんやけど」

 と、『ザコ敵を倒しながら前に進むナツミ』の背中に声をかけるトウシ。

「なんでしょう?」
「あの時……『神が使った技』も解析したんか? ほら、あの、『ディザスター・レイ』とかいうやつ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • れいしゅふぃあ

    10話くらい連続投稿されてる俺らの運は☆Xキラかなwww

    0
  • はっちょり

    やば、二連続で10話くらい投稿されてる

    0
コメントを書く