『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 神の力。


 9話 神の力。


 そこで、場がザワっとした。
 妙な空気に包まれている、そんな中、モンジンは、

「俺もお前らと同じで携帯ドラゴンを所有している。ウチの子は、俺の装備アイテムだけあってケタ違いに強い。もし、ウチの子を殺す事ができたら、全員、家に帰してやる」

 と、そこで、

「じゃあ、さっそく挑戦する!」

 そう言って、一人の気合いが入っていそうな茶髪が名乗り出て、

「俺には、こんなくだらないゲームに参加しているヒマはねぇ! お前の龍を殺して、俺は帰る! 言っておくが、俺の龍は強いぜぇ! なんせ、最初のガチャで、☆Xを引いたからなぁ! あのクソゴーレムをワンパンした俺の龍の力に震えろぉおお!」

 そう叫び、モンジンに向けて、携帯ドラゴンを突撃させる茶髪。

 その様を見たモンジンは溜息をついて、


「本当にチュートリアルを突破できたのか、と不思議に思うほど頭が悪いな」


 ボソっとそう言ってから、

「……ディザスター・レイ……」

 携帯ドラゴンに命令すると、
 モンジンの携帯ドラゴンはカパっと口を開いて、
 強大なエネルギーの波動を照射した。

 圧倒的な火力に包まれた茶髪の携帯ドラゴン。
 一瞬で消滅。
 その直後、

「ぁ……ああ……ウソ……だろ。マジで死――」

 携帯ドラゴンを失った茶髪の体は、あますことなく光の粒になって、世界に拡散していった。

「ご覧の通り、俺は、刃向う者は迷わず殺す『情け容赦ない神』だ。異世界モノで稀によくみる『お気楽な神』とは『性質が違う』と理解しろ。俺に挑戦するのは自由だが、ハンパな力では殺されるだけ。それを肝に銘じておくように」

 そこで、モンジンは、全員を見渡して、

「俺に挑戦するなら、最低でも強化値1000%以上にしてから挑む事だな。そうでなければ、相手にならん」

 そこで、岡葉が、歯噛みして、


「……1000……か……遠いな……」


 と、そこで、
 トウシは、

(最低でも1000……ワシのエルメスは、700ちょっと……100人の中では、ぶっちぎった強さを持っとるけど……これでは、まだ足りん……さすが、神様、めちゃくちゃな力をお持ちで……けど、ゲームは始まったばかり……どうやら、『☆X必中の裏技』は通用するみたいやから、どうにか、良質な☆Xを回収しまくって――)

 と、心の中でつぶやいてから、

「神様、一つ質問……いいすか?」

「なんだ?」

「強化値をあげる方法を聞かせてほしいんすけど」

「タワーを登っていけば、おのずと分かるようになっている」

「……了解でーす」

「さて、そろそろゲームを始めよう。命がけのタワー攻略、スタート」



 ★


 タワーの扉を開けて、中に入ると、
 そこには、広大な世界が広がっていた。
 広がる荒野と、すぐ右手にある小さな街。
 タワーの中のはずなのに、薄く雲が広がる青空があって、さわやかな風が吹き抜けていく。

「ここは……」

 茫然としていると、
 彼・彼女達の目の前に、


「傾聴」


 とんでもない美女が現れて、そうつぶやいた。
 その妖艶な美女は、
 全員の視線が集まったのを確認すると、

「偉大なる『神の王』であらせられる主上様より、貴様らカス共の案内役を仰せつかった、神の側仕え『アダム』だ」

「「「「「……」」」」」

「簡単に、ゲームの流れを説明する。荒野にはモンスターが出現する。倒せば、MDPを入手できる。あそこの街では、MDPでなんでも買える。宿屋や飯屋はもちろん、携帯ドラゴン用の強化パーツが入手できるカジノなんかも完備。この一階に出現するモンスターは、初期状態の携帯ドラゴンでも倒せるザコばかり。まる一日狩り続ければ、300MDPは楽に稼げる。300もあれば、宿も飯もどうにかなる」

 アダムの話を聞いて、この場にいる者は、それぞれ、

(なるほど……そういうゲームか……)
(どうにかなるってことは……余裕ではないってこと……少なくとも、ガチャを回せる金は残らないだろうな……)
(この一階は、チュートリアルの続きみたいな感じかな……)
(あのアダムって女、めっちゃエロいな……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く