『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 神の王モンジン。


 8話 神の王モンジン。

 岡葉との情報交換を終えたあと、
 トウシは、MDデバイスで、ここにいる100人の携帯ドラゴンのスペックをチェックしていた。

(まあ、だいたい、強化値50くらい……強いヤツで100前後……あの岡葉とかいうオカッパの携帯ドラゴンは、95……この中では最上位クラス。岡葉が言っていた鈴木ホウマと佐藤ツカムとかいう二人も、90オーバーと、相当強い……けども……)

 そこで、トウシは、自分の携帯ドラゴンのスペックをチェックし、

(ワシのと比べたら屁ぇみたいなもんやな……てか、ワシのが強すぎる……なんや、この規格外の強さ……この、ソンキーっていうキャラパーツ、もしかして、大当たり中の大当たりなんか? それを一発で当てるとか……ワシの運命、ほんま大丈夫か……めっちゃ不安になってきた。ワシの優秀さが引き当てたっていう事なら、まあ、それはソレでエエんやけど、もし、ただの激運やったら、これ、ヤバ――)

 などと、心の中でつぶやいていると、

 そこで、

 キーンコーン、カーンコーン

 と、飽きるほど聞いてきた例の音がして、

 直後、奥のステージに『小さな太陽』が出現した。
 それは、まるで絵に描いた太陽みたいで、直視すると目が潰れるという類のものではなかった。
 凄まじく明るいけれど、刺すような光ではなく、すべてを包み込むような輝きだった。

 この場にいる全員の注目を集める小さな太陽。

 その『小さな太陽』の上に、腰をかけた状態で、
 『おそろしく高価そうな羽織を着た、17歳くらいに見える青年』が現れ、




「俺はモンジン。神の王だ。よろしく」




 その快活な自己紹介を受けて、
 この場にいる100人くらいの少年・少女は、心の中で様々な事を思った。

(……神の王……ねぇ)
(どんな自己紹介だよ……)
(まあ、確かに、オーラはすごいな……)
(神様、若っ……普通、神様っていったら、白いヒゲとか生やしている老人タイプじゃないの?)
(神か……神にも色々あるかなら。……デンデタイプかそれとも全王タイプか……)


「頭のいいお前らなら、言わなくても分かると思うけど、一応、全部、丁寧に説明しておく。お前らをここに呼んだのは、俺主催のデスゲームをやらせるためだ」


(どわぁ……デスゲームやらされる系かよ……)
(やっぱ、そうかぁ……『ここまでの流れ』と『雰囲気』的に、『そうじゃないかなぁ』とは予想していたけど……ガチだったかぁ)
(マンガとか映画ではよく見る状況だけど……マジで自分の身におこるとは)
(この神様、全王タイプだったか……最悪……)


「俺は、今日、ここに、日本の中学生を『3万人』ほど呼んだのだが、チュートリアルを突破できたのは、お前ら100人だけだ。お前らは素晴らしい。どいつもこいつも、非常に優秀!」


 その発言を受けて、岡葉が、

「生き残ったのは100……じゃあ、残りの29900は……」

 という疑問をなげかけた。
 すると、モンジンは、ニィっと黒く笑って、

「当たり前だが全員死んだ。弱いやつは死ぬ。それが自然の摂理」

「ひ、ひどい……」
「ひどい? なにがだ?」

「あんた、命をなんだと思っているんだ」
「俺の所有物」

「……」

「俺のモノを俺がどうしようと、俺の勝手。そうだろう?」



「「「「「「……」」」」」



「はい。というわけで、これから、みなさんにやってもらうゲームの説明をしまーす」

 神の王モンジンは、ニッコリと微笑んで、

「みなさんには、これから、あのタワーの攻略に挑んでもらいまーす。じゃじゃーん」

 そこで、モンジンの後方に、巨大なタワーが出現した。
 天高くそびえたつ、大きな塔。

「最上階の9999階に辿り着く事! それが君たちの最大の目標でーす」

「きゅ、9999……?」

「そう。一番下の1階から、一番上の9999階まで登り切ること。それが、このゲームのクリア条件。簡単だろう?」

「クリアしたら、生きて帰れるってこと……ですか?」
「はい、正解! かつ、クリアできたら、俺がなんでも願いを叶えてやろう」

「なんでも……」

「ああ、なんでもだ。『世界征服』でも『永遠の命』でも『これから地球にやってくるサイヤ人を倒してほしい』でも、なんでも叶えてやる」

「あんたは、シェンロン以上の力を持っているのか……」

「比較される事すら腹立たしい」

「……すげぇ自信……」
「さすが、神の王……」


「仮に、シェンロンの力を1とした場合、俺の力は1兆をかるく超えている。どうだ! 俺、マジでヤバくね?! ハンパなくね?!」


(とたんに、ただのイキっている高校生に見えてきたな)
(……あれ、自信があるんじゃなくて、頭が小学生なだけじゃ……)
(大丈夫か、あのニーチャン)

 と、そこで、

「一つ質問です。生きて帰る方法は、それだけ……ですか?」

 とある女子生徒が、そう質問した。
 すると、神の王は、ニっと笑って答える。

「いや、他にも一つある!」
「それは?」



「俺の携帯ドラゴンを殺すことだ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く