『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 100人の中学生。


 4話 100人の中学生。

 ガチャで究極当たりを引いたことで、なんとか生き残ったトウシ。
 直近の危機はどうにか脱したが、

「で、ここ、どこやねん……」
「あたしが知るわけないだろ」
「べつに、お前に聞いてへん」

 ビルから出て、周囲を探索していたトウシとジュリアの二人。
 そんな二人の視線の先に、

「ん? なんか、あそこ光っとるな」

 光を放っている通路が見えた。
 二人は、少しだけ逡巡したが、

「まあ、こいつおるし……大丈夫やろ。頼むで、エルメス」

 と言いながら、トウシは、頭上で、ネコのように丸くなって寝ている携帯ドラゴンの背中を撫でた。

 トウシが、自身の携帯ドラゴンにつけた名前はエルメス。
 特に理由はなかった。
 なんとなく思いついた名前。
 ちなみに、ジュリアが自分の携帯ドラゴンにつけた名前は、自身の名前を取ったリア。
 こちらも、意味がないと言えば意味はない。

「さて……ほな、いこか」

 そう呟いて、光を放っている通路の中を進んでいく。

 100メートルほど進んだところで、

「……おっとぉ」

 広いフロアに出た。
 体育館くらいの広さで、そこには、

(100人くらい……か)

 同年代と思しき、制服を着た少年・少女が、たくさんいた。
 全員が、携帯ドラゴンを所有している。

 トウシとジュリアの登場を受けて、
 その100人の中の一人、オカッパ頭の男子中学生が、

「また増えた……」

 ボソっとそう呟いた。
 そのオカッパ頭は、ゆっくりと、トウシたちのもとまで近づいてきて、

「こんにちは。ボクは、岡葉(おかは)。学年は中3。たぶん、君もそうじゃない? 今のところ、ここにいるのは、全員そうだから」

 そう声をかけてきた。
 その男は、おしゃれオカッパ(モサっとした感じではなく、ヒカ碁のアキラ的な)で、全体的にアカぬけている。
 かなりスラっとした体形で、服装も、小粋に崩している。
 クラス内では確実に中心にいるであろう、一軍オーラをかもしだしている。

 そのオカッパ――岡葉に、トウシは、

「ああ、ワシも中3。名前は田中。よろしくどうぞ……で、これ、なんや?」

 と聞くと、

「ボクも知らない。気付いたらここにいた」

「……ここに? 最初から?」

「いや、最初は巨大な洞窟に飛ばされて、そこで妙なゴーレムに襲われたよ……けど、色々あって、この携帯ドラゴンの卵を見つけて……それで、初ログボのガチャ券でガチャをひいて、その強化パーツを使ってゴーレムを倒したら、光の道が出てきて……」

「なるほど。ワシらと、だいたい同じか。若干、チュートリアルステージが違うみたいやけど。……ワシらは洞窟やなくてコンクリートジャングルやった」

「話を聞いてみた感じ、ここにいるのは、みんなそう。ステージはバラバラだけど、流れはだいたい同じ」

「ふむふむ……で、ここにきてから、なんか変化は?」

「なにも。ボクがココに辿り着いたのは、けっこう最初の方なんだけど……もう1時間前くらいかな……で、その間ずっと、何が起こるのかと不安を抱きながら、とりあえず、次の展開を待っているんだけど……どんどん人が増えていくばかりで、他は何も起こらなくて……」

「なるほど、了解。助かった、情報提供、感謝する」
「言葉だけの御礼はいらない。この先、何か協力しなきゃいけない事があったら、力を貸してほしい」

「……そのセリフ、もしかして、全員に言っとんのか?」
「うん。生き残るための可能性は少しでもあげておく。ボクは死にたくない」

「……中学生とは思えんほど肝がすわっとるな」
「君もそうじゃない? 全然あわててない。どっしりと、状況を見据えている」

「……」

「まあ、ここにいるのは、たぶん、みんなそうだと思うけど。全員、あの厄介なチュートリアルを乗り越えた人ばかりだからね。根性も頭も優れた人間ばかり。おそらく、優秀な人間が集められているんだろうね。……もしくは、『チュートリアルに挑戦した人』は一杯いて、優秀な人だけがここまで辿り着いたってパターンか……」

「……ふむ、まあ、どっちかやろうな」

 そこで、オカッパは、自身のMDデバイスをいじりながら、

「おっと……どうやら、君、あまりガチャでいいのを引けなかったみたいだね……そっちの彼女は、そこそこだけど、君の携帯ドラゴンは酷い。ほぼほぼ初期状態じゃないか。チュートリアルは、彼女のおかげでクリアできたって感じかな?」

 そうつぶやいた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く