『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 夜明け2。


 19話 夜明け2。


「ん……」

 目が覚めた時、リーンは、自室のベッドで横になっていた。

「よう」

 声をかけられ、意識を向けると、
 隣で、ゴートが椅子に腰かけて、リーンを見つめていた。

 リーンは、少しだけ虚空を眺めてから、
 ゴートの目線に視点を移して、
 逡巡しつつも、

「……ゴート・ラムド・セノワール……」

 ボソっと、小さな声でそう言った。
 そんなリーンにゴートは尋ねる。


「リーン。俺のどこまでを見た?」


「何も。……ただ、何もかもが砕けて無くなってしまいそうになった『あの瞬間』、まだ残っていたワシのカケラが、あなたに触れて……ただ、あなたを感じた。その時、あなたという個の魂魄に刻まれている名が、ラムド・セノワールではなく、ゴート・ラムド・セノワールだと理解できた。それだけ。意味は分からない」

「意味は一つだ。俺はゴート・ラムド・セノワール。リーン・サクリファイス・ゾーンと出会うために産まれてきた男だ」

「……っ!」

「俺も、あの時、お前の核に触れて、お前を理解した。お前を理解した事で、俺は、自分の存在意義を知った」

 ゴートの直球すぎる言葉に、リーンは、

「……」

 なんとなく、気恥しくなって、シーツに顔をうずめた。

 そんな彼女に、ゴートは言う。

「リーン、俺の誓いに嘘はない。俺は今後、永遠に、お前の魂に寄りそおう」

「……ひゃっ」

 ゴートは、ベッドの中にもぐりこんで、リーンを腕の中にしまいこむ。

「今日から『俺』は、お前のものだ」

 真っ赤になって、体全部が熱くなっているリーンを、ゴートは、ギュウっと抱きしめて、

「どうやら、お前の側にいれば、俺は無敵になれるらしい。どんな夢でも叶えてやれるみたいなんだ。これから、俺は、『お前の願い』を全て現実に変えてやる。だから……永遠に俺の側から離れるな」

「……」

「返事は?」

「……ひゃい」

 より真っ赤になりながら返事をしたリーンを、もっと強く抱きしめるゴート。
 ゴートの腕の中で、トロトロに溶けていくリーン。
 リーンの温かさを感じながら、ゴートは、


(俺は正義の味方じゃない。俺はただ、俺が守りたいものを守るだけ。だから、俺は、ヒーローという道ではなく、狂気の最果てとして……この世界の全てを包み込む)


 芯の奥にある『こころ』の中で、


(俺はもっと先にいける。……フッキやエレガという目の前の脅威だけじゃなく、それ以外の全て、この世を蝕む『悪』の全てを飲み込める領域にまで辿り着く事ができる……)


 自分を知る。
 『己』の可能性を、ただしく理解する。

(くだらねぇ不条理、クソみたいな運命……ぜんぶ、ぜんぶ、皆殺しにしてやる。『全ての絶望』を絶望させる『悪の神』に……俺はなるっっ!)



00000000000000000000000000000000000000


 名前『ゴート・ラムド・セノワール』
 種族『??????』
 運命『運命を殺す狂気の具現』
   『究極超神霊の支配者』
   『Gバグ・マイスター』
   『虚数アルファを終わらせた闇』
   『強欲な悪夢』
   『夢幻のトリックスター』
   『時空の原罪を背負うレプリカ』
   『ヴァイステラのスティグマ』
   『スピリットホライズン』
   『膨張する混沌』
   『ラスボス』
   『生命と魄霊の天敵』
 ・称号『狂愛のカタストロフ』
    『全てを喰らう者』
    『狂気の革命家』
    『究極チーター』
    『全ての悪を飲み込む巨悪』
    『???の???』
    他、多数。

 《EXレベル》   【99兆9999億】

 [HP]      【???】
 [MP]      【???】
 [スタミナ]    【???】

 「攻撃力」       【9兆9999億】
 「魔法攻撃力」     【9兆9999億】
 「防御力」       【9兆9999億】
 「魔法防御力」     【9兆9999億】
 「敏捷性」       【9兆9999億】
 「耐性値」       【9兆9999億】
 「HP再生力」     【9兆9999億】
 「魔力回復力」     【9兆9999億】
 「スタミナ回復速度」  【9兆9999億】
 「反応速度」      【9兆9999億】



 「隠しパラメータ合計値」【???】

 「獲得経験値」     【???】
 「ネクストEXP」   【超々々々々々々々々莫大】


 スペシャル「成長速い」「成長超速い」「成長超々速い」
      「全世界一の成長速度」「神をも置き去りにする究極の成長速度」
      「強敵を倒した際の経験値7倍」
      「超強敵を倒した際の経験値30倍」
      「超々強敵を倒した際の経験値1500倍」
      「??を??した際の経験値99999倍」

11111111111111111111111111111111111111

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く