『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 蝉原の答え。


 11話 蝉原の答え。


 ゴートの質問を受けて、蝉原は、天を仰ぎ、

「なんでだろうなぁ……んー」

 ポリポリと頭をかいてから、

「自分でもよくわかんないんだけど……うーん、そうだなぁ、多分……今、すごく退屈で、君との闘いが楽しかったから……じゃないかな?」

「……」

「ここにいても『する事』なんて何もない。お腹もすかない、眠くもならない。女もいないし、そもそも欲しくない……今の俺には何もない。ただ、退屈で、時間の感覚も、なんだか希薄になっている。ただ、ここでジっとしているだけ。周囲を探索してみようかとも思ったんだけど、なぜか、その気力もわかないんだ。何もしたくないってワケじゃないし、ひどく退屈なのだけれど……うん、本当に、自分でもよく分からないけれど、なんだか、すべてがどうでもいい。――でもね、」

 そこで、蝉原は、ゴートに視線を向けて、

「でもね、センくん。君とは『殺し合いたい』と思うんだ。君がここにくることを、俺は、ずっと待っていた。理解できないと思うけど、今の俺はすごく興奮している。君がきてくれて、嬉しくてたまらない。君を殺す。それだけでいい。それだけが全て」

「なんだ、その迷惑極まりない状態は……『うっかり同情しそうになるほど地獄みたいな状況』に置かれていて、そのストレスが全部俺に向かっているじゃねぇか。ふざけんな」

「……ストレス……うぅん、それもないな……『抑圧』とか『疲弊』とか、そういう概念そのものが消えているみたいだからね。今の俺は、ただカラッポなだけ。君を殺すというベクトル以外はなくしたヌケガラ」

「本当に迷惑極まりない……」

「それじゃあ、はじめようか。君と俺の殺し合い。もし、俺に勝てたら、この子は返すよ。ふふ、今の俺は……クッパの気持ちが少しだけ分かる。きっと、あの亀は、ヒゲのオッサンと闘いたいから、欲しくもないのに、桃の姫さんを誘拐しまくっていたんだろうね」

「いや、違うと思う……」

「違うかもね。まあ、どうでもいいさ。そんな事は些細な事だ」

 言って、蝉原は立ち上がり、

「最初からフルでいくよ。今の君なら、物理的に全力でぶつかっても、そう簡単には壊れないだろうから」

 そう言って、跳んだ。
 とんでもない跳躍力。
 そして、超スピード。

 衝撃波を出しながらの瞬間移動。
 存在値の高さがうかがえる動きだった。
 一瞬で理解できる、圧倒的な力。

「なぁっ?! マジでかっ?!」

 エグりとるように、空間を駆け抜けていく蝉原。
 異常な速度で、ゴートとの距離をつめる!

「……ぅぐぃいいいっ!!」

 蝉原の攻撃はただの右ストレート。
 ゴートは、蝉原の右を、両腕でガードした。
 ちゃんとガードできたのに、全身が痺れて、思わず苦痛を声に出してしまう。

「さすが、センくん。君は本当に、スゴい男だ」

 それからも、蝉原の猛攻はとどまる事を知らず、ゴートはガードする事しかできない。
 そして、ガードをしても、ズンと深くまで響いて、ゴートを削ってくる。

(し、信じられない強さ……なんだ……この異常な……)

 魔法や剣は使わず、ただひたすらに殴りかかってくる蝉原。
 それに対し、ゴートも、魔法や剣や盾は使わず、両腕でガードして、
 時々、スキをみつけては殴りかかっている。

 神を超えた力で、原始的な殴り合いをする両者。

 その途中で、

「センくん……君は本当に面白い」

 蝉原はしみじみと、

「俺は、『今の俺』がどういう状況にあるのかまったく理解していない。けれど、『今の蝉原勇吾』がどれだけの『高み』にあるのかくらいは分かる。俺は強い。おそらく、神様のように強い。いや、きっと、神様よりも強い。今の俺は、そういう高みにある。そうだろう?」

「……ぁあ……正直、今のお前は、フッキよりも……強いと思う……」

 体感した力は、明らかにフッキを超えていた。
 蝉原の力は、異常な領域にあった。

「俺は、フッキの全力を知っているワケじゃないから、絶対的な答えではないが……たぶん……お前の方が強い。認めたくないが……なんで、お前なんかがって思うが……お前は、たぶん、ほぼ間違いなく、世界最強だ……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く