『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 新たな扉。


 9話 新たな扉。



「……な、なんだ……あのでかい扉……」


 いぶかしげな顔をしているゴート。
 その横で、リーンは、ゴートの視線を追うが、

「でかい扉? どれのことを言っている? 大きな扉など、ワシの目には見えんが?」

「……なに? 正気か? あんなデカ……」

 そこで、ゴートは、自分の目の事を思い出す。



(まさか、あれが、『いままでは見えなかったもの』……か?)



「ラムド、やはり疲れているんじゃないか? 今日はもう休め」

「ん……ぇと……ぁあ……うーん……」

 そこで、ゴートは、数秒だけ悩んだが、

「うん、そうだな。お前の言うとおりだ。ちょっと休暇をもらう事にする。その休暇を利用して、探検に出かけるとしよう」

 そう言って、ゴートは、扉に向かう。

「ぉ、おい、ちょっと待て、ラムド。何を言っている? ほんとうに、頭、大丈夫か?」

 扉に向かっているゴートの後を追うリーン。

 扉の目の前まできたゴートは、


(さて……この中には、何があるのかなっと)


 ワクワクしながら、

(テプの大当たりで見えるようになった扉だからな……おそらく、中はスーパーボーナスステージ……ザックザクの財宝か……それとも、特別な力か……)

 扉を開こうと、手を押しあてた。
 すると、その巨大な扉は、ギギギっと音をたてて、ゆっくりと開く。
 カギがないと開かないなんて事はなかった。

 中を覗き込んでみるが、黒いモヤがかかっていて、奥は見えなかった。

(……慎重にいくべきか? もしかしたら、フッキ級のバケモノがいるかもしれねぇ……いや、それはないと思うが……まずは、準備を……準備って何をだ? ……もし、ここがボーナスステージだったらどうする? もし時間経過で消失したらどうする? 奥に、フッキを倒せるアイテムがあるかもしれねぇぞ……)

 と、ゴートが、数秒、グルグルと頭をまわして悩んでいると、

 ふいに、扉の奥から、

 ズォオオ!!

 っと、吸引力がハンパない掃除機の吸い込み音のようなものが聞こえて、
 直後、ゴートとリーンの二人は、

「うぉおっ! げっ!」
「ぇ?! なに? ちょっ、ラムド!!」

 扉の中へと吸い込まれた。
 それは、一瞬の出来事だった。



 ★



 扉の中は、あまりにも異質だった。
 ここにタイトルをつけるとするなら、『大魔王の城』が最も相応しいだろう。

 RPGの勇者が、最後の最後に辿り着く最果て――そんな『雰囲気』がある場所だった。

 荘厳で、優美で、けれど、どこか、おどろおどろしい。
 そんな場所。

 ゴートは周囲に視線を向けてみるが、『元の場所に戻るための扉』は見つからなかった。
 そして、

(……確か、あの時、リーンも一緒に吸い込まれたはず……なのに、見当たらないのは、どういうことだ?)

 どこにもリーンはいない。

(UV1に関しては、この扉に吸い込まれる時、接続が切れるのを感じた……ほぼ確実に、UV1は、ここにいない。だが、リーンは……おそらく、ここに引きずり込まれている……)

 あくまでも感覚の話でしかなく、それが事実かどうかは分からない。
 だが、

(いそいで探さないと……)

 こころの中でそうつぶやきながら、ゴートは、リーンの行方を捜索する。
 気配を探ったり視界を広げたりする類の魔法が、なぜか一切使えないので、自力で走り回って探すことになる。


 その途中で、
 『薄羽の生えた中型犬サイズの大きなサソリみたいなの』が、
 ブブブっと音をたてながら、ゴートの頭上まで飛んできた。


 その虫を見て、ゴートは、

「なぁ?!」

 固まった。


 血の気が引く。
 その虫の存在値は、
 信じられないことに、

 『100000000000(1千億)』を超えていた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    最後の一文みた瞬間、バグやっ。て呟いてもたww

    0
コメントを書く