『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 F絶図眼の取得。


 8話 F絶図眼の取得。


 ――ショデヒとガイリューの二人が鬼の里に向かった、
 と、ちょうどその時、


「テプ0時を過ぎたよぉ」


 と、テプが出現した。
 ゴートは、また、己の影に潜んでいるUV1の目をごまかすため、
 テプが「テプ0――」と口にしたぐらいの時点で、閉鎖空間魔法を発動して、
 UV1にテプが『本物』だということがバレないように配慮する。

(今度は二時間で出現か……今のところ完全にバラバラ。まだまだ法則は見えないな……)

 と、心の中でつぶやいていると、


「一日一回の『ガチャルトホテプ・ガチャ』チャーンス。さあ、君は何を引けるかなぁ」


 もう、テプガチャにもすっかり慣れてしまったゴートは、
 さっさとテプを抱き寄せて、ササっと彼女の頬に口づけをする。

 すると、





 ???のアリア・ギアス発動。

 ?????????????????????????????





 当然のように、毎度毎度発動する異常事態。

 当たり前のように、テプの右目が黄金に輝いた。
 そして、一度、強烈に重たい光を、カっと放つ。
 揺らめいて、ビキシィっと、世界全体にヒビが入るような音がした。

 ――ガチャルトホテプは、

「わー、おめでとぉおおお! ――て言うのも飽きちゃったよぉ。おにいさん、究極大当たりばっかりひくからさぁ」

 などと言いながら、テプは、自身の右手を、ゴートの額に押しつける。
 そして、ゴートに力をインストールしつつ、同時に情報を流しこむ。
 その間、コンマ数秒。

「究極大当たりの内容は、『F絶図眼』の解禁だよぉ! F絶図眼は、究極大当たりの中でも、また、かなり上のほうだよ! その効果は、なんと、なんと、『見えなかったものが見えるようになる』だよっ」

「……なんだ、その意味のない説明は。せめて、『見えるようになったもの』の概要くらい教えて――」

 そんなゴートの不満を、

「ふぁ~あ……じゃ、また明日ねぇ」

 ぶったぎるように、テプは、いつものごとく、
 あくびを一つはさんでから、この世から姿を消した。


「……はぁ……ったく」


 テプを見送ることもなく、ゴートは、脳に叩き込まれた『F絶図眼』の情報と向き合う。
 だが、

(おいおい、頭の中にある情報も、『見えないものが見えるようになる』しかねぇじゃねぇか。ナメてんのか。手抜きにもほどがあるだろ)

 やれやれと溜息をついてから、ゴートは、閉鎖空間を解除した。

 すると、

「――おい、聞いているか、ラムド。おい!」

 と、リーンがゴートに話しかけていた。

 ゴートが、

「ん、どうした?」

 と、尋ねると、リーンがムっとした顔で、

「それはこちらのセリフだ。どうした? 急に黙りこんで、ボーっとして。何かあったか?」

「あ……ぃや……ちょっと考え事をしていただけだ」

「本当に大丈夫か? 無理をしすぎているんじゃないか? ここのところ、働きづめだろう。少し休んだらどうだ?」

「片腹いたいな。この程度を働きづめとは言わない。リーン、お前は、まだ本当のブラックを知らない」

「……は?」

「気にするな。ちょっと言ってみただけだ」

「どうやら大丈夫ではないようだな。すでに壊れているらしい」

「ははっ」

 と、小さく笑いながら、
 渋い顔をしているリーンに背を向けて、
 窓の外に視線を向けてみた。


 ――すると、





「……あん?」





「ラムド、どうした?」

「……な、なんだ……あのでかい扉……」

 それは、禁域の扉とよく似た、巨大な扉だった。
 禁域にあるものより、一回りほどサイズは小さいが、外観だけはソックリだった。

 もちろん、目の前に突如現れた扉が、禁域の扉に似ているかどうかなど、ゴートには知る由もない事だが。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • れいしゅふぃあ

    ……テプガチャ一回でいいから引きたい

    1
コメントを書く