『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 双頭のラムドキマイラ。


 6話 双頭のラムドキマイラ。


「ぬぅ、うっ!」

 終始押されっぱなしのガイリューは、ついに、

「くはっ」

 剣を弾き飛ばされて、その喉元に切っ先をつきつけられてしまった。

「……くぬ……」

 ガイリューは、冷や汗を流しながら、
 苦虫をかみつぶしたような顔で、
 ギリギリと奥歯をかみしめつつ、

「……ゆ、勇者は……」

「ん?」

「勇者は……お前よりも強かったのか……リーン・サクリファイス・ゾーン」

「うむ。手も足も出なかった」

「そんなヤツを……ラムドは……」

 情弱のガイリューでも、ラムドが勇者を倒したという話くらいは耳にしている。
 『リーンは破れたが、ラムドが撃退した』という、今、世界で最も話題のニュース。
 一応、ガイリューも国王なので『国外での出来事について何も知らずに生きている』というワケではない。
 『相対的情弱』である事には違いないが、『完全無知』ではない。


 ――リーンが言う。

「言っておくが、ラムドはワシより遥かに強いぞ。このワシが手も足もでなかった『勇者』を、ラムドは3分の2以上の余力を残して勝利してみせた」

「3分の2……なんだ、その妙に具体的な数字は……」

 そこで、リーンは、
 至極自慢げに、
 まるで自分の功績を誇るかのように、

「ラムドは、スリーピース・カースソルジャーという『三体の凄まじく強い兵士』を召喚する切札を持っている。カースソルジャーの戦力は凄まじく、勇者ですら、一体を倒すので精いっぱいだった」

「……貴様よりも強い勇者……それに匹敵する戦士を……三体……?」

「龍の国を統べる者、ガイリュー・カリよ。世界はこれから、ラムドを中心として、大きく動いていく。世界は変わっていく。巻き込んで悪いが、ついてきてもらう」

「……っ」

 どう答えを出すべきか逡巡している様子のガイリューを見て、ラムドが、

「リーン。さがってくれ。お前の仕事は終わった。ここからは俺の仕事だ」

「ま、まて、ラムド。ガイリューはまだ答えを出していない。ガイリューを殺すな」

「俺が望む結論を出させるだけだ。命を奪いはしない」

 リーンを黙らせてから、ラムドは、

「ガイリュー。お前の『悩み』を殺してやるよ」

 言いながら、アイテムボックスから30枚のラムドカードを取り出して、

「……2枚の『ラムドキマイラ』を『アマルガメーション』のラムドカードで合体させ、『双頭のラムドキマイラ』を召喚! ×10!」

 宣言すると、
 ラムドの周囲に、10体の『双頭のラムドキマイラ』が召喚される。

 存在値25のラムドキマイラを2体合体させたというのに、
 その存在値は、60を超えていた。

 存在値60は、王族クラスの力。
 それが10体。


「俺が召喚する『双頭のラムドキマイラ』は特別製でなぁ、素人なら存在値39でしか呼び出せないんだが、俺の場合は、60で召喚できる。基本、俺は特別。なににつけても」


「ぁ……あ……」


「ちなみに、ラムドカードは、まだまだある」


 言いながら、ラムドは、アイテムボックスから、
 『100枚入りのデッキ』を取り出して、ガイリューに見せつける。

「この中には、ラムドキマイラよりも強い召喚獣も何枚か混ざっている。ラムドサンダーバードなんかはお勧めだ。ハッキリ言うが、お前よりも強い」

「……」

「え、なに? 信じられないから見せろ、って? ワガママなやっちゃなぁ。特別だぜ?」

 言いながら、ラムドは、デッキの中からラムドサンダーバードを引いて、召喚する。

 召喚されたのは、雷を纏った怪鳥。
 獰猛な目でガイリューを睨みつけている。
 その体躯に内包されている力は、明らかに、変身したガイリューを超えていた。

「言っておくが、ラムドサンダーバードは、決して最強の切札ってワケじゃねぇぞ。俺のデッキの中だと『上の中』くらい。最強のラムドカードは、『ラムドアイズ・ウルトラバイオレットドラゴン』。ラムドアイズに関しては勇者とほぼ同等だ。めっちゃくちゃ強い。強すぎて量産できないレベル」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  •     はっちょり

    おもろすぎ

    1
コメントを書く