『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 1億の俺。


 32話 1億の俺。

(仮に、2号が、1号の戦闘力データを引き継いでいて……Pセルみたいに、俺にやられたことによって、究極超神化7になった俺のデータまで学習し、さらなるパワーアップをしていて、その上で、携帯ドラゴンが、俺のセーブデータ級の力を持っていたとしたら……あ、ヤバいな……)

 P2の厄介さを思い描き、辟易するセン。

(悠長にしていられないかもしれない……一刻もはやく、このMDワールドの『中枢』を制圧する必要がある……)

 決意すると、センは、シューリとアダムを引き連れて、カジノを後にし、

「さて、本格的に、このゲームを攻略することにしようか」

 そう呟いてから、
 近くの荒野で、


「……分身ランク1700」


 超々々々高位の魔法を使った。
 その瞬間が、
 その場に、センの分身が大量に出現した。

「めっちゃいるんでちゅけど……これ、いったい、何人に分身したんでちゅか?」
「全部で1億だ。どうせだから、限界にチャレンジしてみた。携帯ドラゴンの使用権はコピーできなかったし、流石にこの数のコントロールはできないから、完全オート型で、かつ、戦闘力も存在値もカスみたいなものだが、移動系や探索系のスキルだけは使える特殊仕様」

 1億のセンで埋め尽くされた荒野。
 圧巻の光景。

「これだけいれば、短時間で、世界中をくまなく探しつくせるはずだ。さあ、1億の俺よ、この世界を丸裸にしてやれ!」

 意気揚々と指示を出すセン。
 しかし、
 1億の分身たちは、


「「「「「「「俺ごときが、俺に命令してんじゃねぇ」」」」」」」


 と、センの命令を断固として拒否!
 分身たちは続けて、堂々と、

「「「「「「「たかが【今の俺】より強い程度で、調子に乗るなよ、本体!」」」」」」」

 自分の分身の頑(かたくな)さを目の当たりにしたセンは、

「……」

 心底から鬱陶しそうな顔で天を仰ぐ。
 分身たちは、とどまることを知らず、続けて、

「「「「「「「俺は、俺より強い程度のザコに負けるほど弱くはない。お前ごときに傅(かしず)くほど、俺は――」」」」」」」


「うるせぇ、はやくいけ!」


 ブチ切れて叫ぶセン。
 神気を込めたオーラを出して、分身たちを威圧するものの、

「「「「「「「「……」」」」」」」

 分身たちは、一切ひるむことなく、
 むしろ、瞳の炎にガソリンでも投入したかのように、
 グワっと燃え盛る視線をぶつけてくる。
 ほとばしる『やるならやったるぞ』感。
 存在値10くらいしかないのに、このうっとうしさ!
 さすがは、センエース!

(うっぜぇえええええ)

 センは、心の中で叫んでから、

(あー、もー)

 頭をガシガシとかいてから、
 スっと腰を曲げて、



「……いってください! おねがいしますっっ!!」



 半ギレの声で、しかし、キチンとお願いした結果、


「「「「「「しゃーねぇなぁ」」」」」」


 センのお願いを受けて、1億のセンは一斉に、バーっと八方に飛び散っていった。

「うっっぜぇなぁ……センエースってうぜぇなぁ……なあ、お前らもそう思わねぇ? あいつ、ちょっと、調子に乗ってるよな? どうする? いっかい、シメるか? ガーンといったるか?」

 そんなセンの言葉に対し、
 純粋にオロオロと困っているアダムと、
 面倒臭そうな顔をしているシューリ。

 シューリは、センの言葉を完全にシカトして、

「最初から分身探索を使っていれば、1000MDP分のアイテムを回収するのも一瞬だったんじゃないでちゅか?」

 そう言うと、
 センは、
 シレっと、

「あたりまえだろ」

 などとふざけた言葉を返してきた。
 そんなセンに、シューリは、ガチでイラっとした顔をしながら、

「じゃあ――」

 と、文句を言おうとしたシューリの言葉を遮って、センは言う。

「言っただろ。最初はゲームを楽しむって……けど、今は、ちょっと本気で『攻略』する気になっているから、自重は一切しない」

「カジノでオイちゃんを使っておいて、今までは、自重しているつもりだったんでちゅか?」

「……本音で言えば、あの探索は、ちょっとお前らと街をブラブラしてみたかったんだよ」

 その発言を受けて、シューリとアダムは、同時に、顔を赤くした。
 センの不意打ちに、動揺している二人を尻目に、

(ん……)

 そこで、センは、意識を、『分身セン89976778号』に向ける。

(……妙な次元裂? 場所は……その『洞窟の前にある毒沼』か? ……ああ、確かに感じる……うん、あるな、隠しルート。次元の断層でふたをしてあるが、間違いなく……)

 センはニっと笑い、

(そこがデバッグルームへの入り口だ。こじあけろ……無理か? いや、いい。よく見つけた。後は俺がやる……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く