『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 カッコイイところ。


 26話 カッコイイところ。

 ついに、裏ステージに突入する事になったセンたち。
 ここは、きらびやかな表のステージとは違い、
 魑魅魍魎がはびこる、闇の魔窟。

 稀代のギャンブラーが、獲物に食らいつくチャンスをねらっている黒炎の坩堝。
 そんな絶色の鉄火場に、
 センたちは、果敢に挑む!


「さて、シューリ、お疲れ。ここからは、もう見物してていいぞ」
「ん、どういうことでちゅか?」
「ここからは、別に、お前のチートは必要ないってこと」

 そこで、センは、アダムに視線を向けて、

「アダム」
「はっ」

「今から、俺、あそこの闘技場で試合してくるから、俺が勝つ方に、全額を賭け続けろ」
「しゅ、主上様の御手を煩わせる必要などございません。そのような些事は、わたくしめにお申し付け――」

「運動したい気分なんだよ。ハルスごときに負けたストレスを解消してくる。お前は、黙って、俺が勝つところを見てろ」
「……はっ!」


 そこで、センは、意気揚々と、闘技場ステージへと向かう。

(スマホゲーの時は、格ゲーをやらされたんだよなぁ……くく……なつかしいねぇ)

 『アイアンなフィスト的なアレ』とコラボした事で追加された格ゲー要素。
 純粋に格ゲーが強ければ強いほど『多くの賞金が稼げる』という、尖ったシステム。

 それが、現実化した事で……

『この闘技場では、こちらがお渡しする【カジノ専用携帯ドラゴン】と【トランスフォーム】していただき、その状態同士で一騎打ちをしていただきます。ちなみに、トランスフォームとはこんな感じです』

 目の前でサクっと実践してくれる、このカジノの案内係を務めているAI。
 ※ カジノ専用携帯ドラゴンには、所有スキルとして『トランスフォーム』が積まれているので、魔カードを使った時のように『一度しか使えない』というわけではなく、いつでも無限かつ自由に変身することができる。その仕様は、カジノ専用携帯ドラゴンの特権ではなく、☆9の高レアリティ強化パーツ『トランスフォーム』を入手すれば、誰でも積むことができる。

 ――『トランスフォーム』がどのようなものか理解したセンは、

(トランスフォーム……なるほどね……スマホゲーの時は、人型に変身した携帯ドラゴンで格ゲーするって仕様だったが……現状だと、俺自身が携帯ドラゴンと合体するって感じなのか……)

『お選びいただける携帯ドラゴンの種類は、最弱の【D】~最強の【SSS】までございます。選んだ携帯ドラゴンのスペックが低ければ低いほど、獲得できる賞金、賭けのレートが上昇します。どの携帯ドラゴンを選択しますか?』

「じゃあ、番外の『D-』を選択する」

『……よろしいのですか? 【D-】のスペックは――』

「説明はいらない。どれだけ弱くとも問題はない」

『……かしこまりました』

「さぁてと……ここ最近の俺は、シューリとアダムに、無様な姿ばかり見せちまっているからなぁ。P型とかいうワケのわからんヤツに好き勝手やられ、ハルスごときに負けて、シューリの腕を変態面で揉まされて――」
「最後のは、お兄が勝手にやっただけでちゅけどね」

 シューリの言葉をシカトして、センは続ける。

「とにかく、ここ最近の俺は、ほんと散々だ。ここらで、ちょっとぐらいはカッコイイところを見せておかないと、いいかげん、愛想をつかされちまう」

 そこで、センは、ググっと柔軟をして、


「というわけで……今日は、ちょっとマジでいかせてもらう……」



 ★



 『トランスフォーム機能が積まれたD-の携帯ドラゴン』を受け取り、
 闘技場に降り立ったセン。
 二分ほど待つと、
 奥から、筋骨隆々の男が登場して、

「……見た事ないツラだな。ルーキーか?」
「んー、そうでもない。こことは違うカジノで、何度か、このゲームに挑戦した事がある」

「……『何度か』……『ゲーム』……ねぇ……ふん」
「おやおや、何か言いたげだねぇ」

「俺は、20年を超える長き時間、この『果てしなき闘い』の中であがき、もがいてきた」
「へ~」

「武の答えを求め、一流の戦士たちと、命を磨いてきた……貴様のような、お遊び感覚の輩とはわけが違う」
「そっすか」

「研鑽につぐ研鑽……その果てに辿り着いた極みを見せてやろう」
「そりゃあ、楽しみだ」

「……そのふざけた態度でいられるのも今のうちだ」
「ふざけた態度? え、そう? けっこう、ガチなんだけどなぁ……けっこうっていうか、かなりガチ」

「……ちなみに、貴様は、トラバト歴、何年だ?」
「この戦い、トラバトって略すんすか? へぇ、マジ卍っすね」

「さっさと答えろ」
「トラバト歴は浅いっすねぇ……けど、ゲーム歴なら長いっすよぉ」

 そこで、センは、ニコっと微笑み、

「俺の『ゲーム歴(人生経験)』は200億1万年。どうすか、なかなかの数値でしょ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    人生をゲームと捉えている精神異常者を発見。早急に対策を要求する。

    0
  • 祝百万部

    ありがとうございます!
    すごくうれしい!
    まだまだがんばりますよーw

    0
  • ノベルバユーザー341563

    毎日楽しみにしています!
    2話更新頑張ってください♪

    1
コメントを書く