『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 カジノ殺し。


 23話 カジノ殺し。


 カジノに辿り着いたセンは、きらびやかなカジノの外観を見ながら、

「きたぜ、ヌルリと」

 ボソっとそうつぶやいてから、

「1000MDPさえあれば、CMDPチップが買える! つまり、勝負できる。ふふん。カジノよ。貴様に、絶望を教えてやる。――ウチの師匠がなぁ!」

 黒く微笑んで、

「というわけで、姉さん、おなしゃーす」

 腰を90度に曲げて、シューリに丸投げするセン。
 そんなセンの姿を見たシューリは、

「あー、なんだか、肩がこりまちたねぇ」

 言いながら首をまわす仕草をとった。
 センは、ひきつりながら、

「へ、へへへ、姉さん、これでどうでやすか」

 シューリの背後にまわり、彼女の肩を揉み始める。
 センの献身を受けて、シューリは、まんざらでもない顔で、

「悪くないでちゅね」
「光栄でげす」

「ま、よくもないでちゅけどねぇ。お兄は、マッサージの才能も当然ゼロでちゅから」
「……くっ、この脳漿炸裂女がぁ……」

「ん、何かいいまちたか?」
「いえ、なにも……ただ、『女神様の肩を揉ませていただけている』という事実に感涙しているだけでございやす」

「本当にお兄は、史上最高に幸運な男でちゅねぇ。オイちゃんの美しい肩を揉める男は、世界広しといえど、お兄くらいでちゅよ」
「ですよねー、あはは」

「あー、なんだか、喉がかわきまちたねぇ」
「少々お待ちを」

 そう言いながら、アイテムボックスから、シェイカーセットやフルーツ等をとりだし、即席で、シューリの好みドンピシャのカクテルをつくり、

「こちらでよろしいでしょうか、世界一麗しい女神様」

 うやうやしく献上するセン。

「色味が悪いでちゅねぇ。腕の悪いバーテンでちゅ」
「ぐっ……このアマ……オホンッ…………さ、さて、姉様……そろそろお仕事の御時間で――」

 そんなセンの言葉を、
 シューリは、優雅にカクテルを喉に流してから、軽やかに遮って、

「あー、なんだか、永遠の服従を誓う世界最強の奴隷が欲しいでちゅねぇ」
「調子にのんな! この腹黒女神が!」

 ついにキレてしまったセンの横で、
 アダムが、

「シューリ、いいかげんにしろ。見るに堪えん。貴様以外が同じ事をやったら万回八つ裂きにしても足らん所業だ」

 鬼の表情でシューリを睨みつけてそう言った。

「この程度の奉仕じゃ、全然モノたりないでちゅけど……まあ、いいでちゅ」

 そう言うと、シューリは、

「さあ、行きまちゅよ」

 ズンズンとカジノの中へと入っていった。

 中は、外観以上にギラギラしていた。
 ネオンで目がやられそうなほどの派手な装飾。

 シューリは、
 入口付近にある換金所で1000MDPをコイン1枚と交換した後、
 迷いなくルーレットに直行し、

「じゃあ、赤の7に1000」
「赤の7だな。了解」

 当たり前のようにオールベット。
 シューリの神託を受けたセンは、虎の子の『コイン1枚』を、迷いなく、赤の7にセット。

 ディーラーのお姉さんがゲームを開始すると、
 彼女の手から放たれた小さなボールが、シュゥゥゥと音をたてて円を描く。
 ある程度まわったところで、減速し、
 ついには、カンカランと乾いた音をたて、



「RED7!! 素晴らしい! おめでとうございます!!」



 アッサリと、当り前のように『大当たり』を出して見せる。
 ディーラーが、大量のコインをこちらに差し出してきた。

 その光景を見たセンは、
 歪んだ笑みを浮かべ、

「さっそく、36000MDPゲェット! げひゃひゃ! こっちには、カジノの天敵、幸運の女神がついてんだ! ついてるっつぅか、幸運の女神が直にプレイしてんだ! 負けるわけがねぇ! てめぇらは死ぬ! 絶望を数えながら死に狂う! げひゃひゃ」
「とても『命の王』とは思えないゲスさでちゅねぇ」

 呆れ顔のシューリの言葉はシカトして、
 センは、そのままウハウハ顔で、

「さあ、姉上! 続けて、GO、GO! 次は、上限いっぱいの3万でいきやしょう!」

 自重を忘れた神々の暴走。
 シューリも、ここで止まる気はないようで、

「じゃあ、黒の8に30000で」

 迷いなく、『36倍に賭けられる上限一杯』である『3万MDP(黒か赤にかけ場合は500が上限)』を投入する。

「黒の8でげすね! 了解でやんす!」

 そう返事をして、センは、ディーラーから受け取った1万用のコイン3枚をベットした。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く