『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 才能。


 12話 才能。

 その後、三回戦でシグレとハルスがあたり、
 シグレも、速攻で木っ端みじんにされた。
 あっけないものだった。

「なんだ、お前ら……弱過ぎるぞ。このゲームは、お前らの地元発祥のゲームじゃないのかよ」

 などと言われ、シグレとゼンは、
 後方で、顔をつきあわせて、ボソボソと、

「ムカつくわぁ、あの性根腐男(しょうねくさお)。ちょっと天才やぁ思うて、偉そうに。ゼン、あのクソ生意気なクズ男を、『例のアレ(エグゾギア)』でぶっ飛ばしたれ」
「そうだな。互いの立場ってやつを分からせる必要がある。軽くこづいてやろう」

 と、そこで、シグレの頭に乗っているニーが、

「いや、だめだよ。アレを使って軽くこづいたりしたら、普通に死んじゃうよ」

「ニー、お前は誰の味方だ? ハルスの味方か? それとも、運命の味方か?」

「……もう、意味がわからないよ。なに、運命の味方って。負けた事が悔し過ぎたせいか、頭がバグっちゃっているよ、ゼン」

「俺はバグってない! バグっているのは、あいつの才能だ! あいつばっかり卑怯だ! 世の中は間違っている! なんで、あいつには『たくさんの才能』があって、俺にはなんの才能もないんだ! 世の中は不公平だ! ひどすぎる! つらい! しんどい! もう人生イヤだ! わーん! ママぁ~」

(どこかで道を間違えさえしなければ確定で『無上尊のナンバーワン究極神』になれる『可能性の塊』が、『自分には才能ないから世の中は不公平だ』って駄々をこねている図……シュールすぎて、みてられないよ)



 ★



 ――事前に『セイラもルールを教わっていた』という事もあり、
 実は基本スペックが高くて賢いセイラは、
 普通に余裕で準決勝まで残っていた。

 しかし、準決勝で、彼女は、

「はい、詰みだね。残念、俺の勝ち」
「うわー、負けちゃった……お兄さん、めちゃくちゃ強いですね。正直、勝てる気がまったくしなくて、途中から諦めていました」

「いやぁ、たまたまだよ」
「うー、決勝でハルと闘いたかったのにぃ……」

 シュンとしながら、後方のゼンたちがいる所まで惑っていくセイラの背中を、
 ヒラヒラと手をふりつつ見送ってから、

「さて……と」

 セイラを倒した彼――受験番号177番((無上尊のナンバーワン究極神))は、
 ハルスが待つ決勝戦の席へと向かった。



 ★



「セイラに勝ったか……なかなかやるじゃねぇか」

 ハルスにそう言われて、177番((舞い散る閃光))は、

「たまたまだよ」

 ニコっと柔らかく微笑んで、そう言った。

 それに対し、ハルスは、

「あのガキは、まだ幼く、心身ともに未完成すぎるから、今年の冒険者試験では使い物にならないが、おそらく、五年もすれば、余裕で単独合格が出来る……そういう、なかなかの逸材だ」

「へぇ、人はみかけによらないね」

「あいつの優秀さはかなりのもの……『スラムのクソガキとは思えないほどハイスペック』な突然変異……だってのに……そのセイラをあっさり飛ばすとは……」

 そこで、ハルスの目がギンっと光り、

「……ゴミばかりで退屈していたところ。セイラを倒したお前なら、少しはマシな手を打ってくれるだろうと期待しているぜ」

「その期待に応えたいのはやまやまだけど、実力以上のことはできないからねぇ」

「そんなに気を張るなよ。俺が勝つ未来にかわりはねぇ。ただ、『この俺様がちょっとでも苦戦できるかどうか』っていう、ただそれだけの話。緊張なんかする価値がねぇ」

「へぇ、これはそういう闘いだったのか。なら、確かに、緊張する価値はないねぇ」

(……妙な野郎だ。まったく重量を感じさせない、気の抜けたワタのような軽さ……しかし、『芯の圧』がある……なんだ、この『わけのわからない威圧感』は……うぜぇ……)

 ハルスが、センの異常性を少しだけ察したところで、勝負ははじまった。

 ゆるやかに、おだやかに、静かに、
 しかし、とてつもなく激しく熱い『闘いの幕』が切って落とされた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く