『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 配布される、携帯ドラゴンの卵。


 3話 配布される、携帯ドラゴンの卵。

 全員がまんべんなく戸惑っていると、


「これから、君達一人一人に、『携帯ドラゴン』の卵を渡すから、受け取ってね」


 ナビゴンが小さな指でパチンと音をならすと、
 受験生たちの手の中に、小さな卵が出現した。

 センは、手に入れた卵を、ほとんど反射的に魔法で解析しようとしたが、

(なんも見えねぇ……)

 完全な情報規制がかけられている『その卵』は、
 センの手の中に出現してから、数秒もしないうちに、ピキピキと音をたてて、

「きゅいっ!」

 と、元気な『子猫サイズの龍』が産まれてきた。
 割れた殻は、手の中でもぞもぞと動き、

(うわ、キモ……)

 スマホ型のマジックアイテムになった。

(手のりサイズの龍と、スマホ……世界観が急に崩れたな……)

 てのひらサイズのその小さな龍は、背に生えているかわいらしい『小さな翼』でヒョイと飛び上がると、センの胸の中にとびこんできて、

「きゅい、きゅいっ!!」

 と、ハチャメチャになついてきた。

(完全に携帯ドラゴン……『ガキの頃にやっていたスマホゲー』と『同じ世界観の試験』とは……また、妙な展開になってき――つぅか、すげぇ懐くな、こいつっ)

 『全員そうなのかな』と思いながら、周囲を見渡してみたが、
 他の連中の龍は、特にそうでもなかった。
 だいたいの龍は、『なんだかわからない』というキョトン顔をしているばかり。
 いかにも『産まれたてっ』といった感じの態度の龍ばかりだった。

(俺の携帯ドラゴンだけ、妙にアクティブ……)

 などといった感想を抱きつつ、手の中のスマホ型マジックアイテムを操作する。
 どうやら、所有しているだけで、簡単な使い方が頭の中にインストールされるタイプらしく、操作に困る事は何もなかった。

(これで強化していく感じか……ステの確認でも出来るようだな……ステ確認がアイテム頼りとか……なんか、懐かしいな……)


000000000000000000000000000000000000000

 登録名 『??』
 型番  『IS=GPQC/タイプD95775‐GX9』

 《強化値》    【1%】
 《容量》     【200】

 [HP]     【1%】
 [MP]     【1%】

 「攻撃力」    【2%】
 「魔法攻撃力」  【1%】
 「防御力」    【1%】
 「魔法防御力」  【1%】
 「敏捷性」    【1%】
 「耐性値」    【1%】


 111111111111111111111111111111111111111


(完全な初期モデル……ちょっと期待していたんだが、どうやら、俺がやっていたスマホゲーのデータが使えるとかではないようだな……)

 などと思っていると、
 そこで、ナビゴンが、

「さあ、まずは、みなさん、ご自身の携帯ドラゴンに名前をつけてあげてください!」

 何が何だか分からないまま、
 しかし、みな、とりあえず、
 言われた通りに、携帯ドラゴンへ名前をつけていく。

 当然、センも、

「名前ねぇ。この携帯ドラゴンには名前をつけられるのか……ふぅん……スマホゲー版とは若干ちがうんだな……」

 ※ 携帯ドラゴンというスマホゲーでは、最初にマスターの名前は登録するが、携帯ドラゴン自体に名前をつける事はなかった。心の中で勝手に名前をつけている者は大勢いたけど。もっといえば『携帯ドラゴンに対して名前をつけるシステムをつけてほしい』というリクエストは、運営に山ほど届いていた。だが、頑として、携帯ドラゴンに名前をつけるシステムは採用されなかった。
 その理由は――


「じゃあ……モンジンで」


 と、センが、テキトーに『愛用している偽名(ゲームをする時は、たいがい、モンジン。スマホ版の携帯ドラゴンの時のマスターネームもモンジンだった)』をつけようとしたところ、携帯ドラゴンは、センに対して、くるっと背中を向けた。
 そして、携帯ドラゴンの背中からペカーっと表示されるエアウィンドウに、

『その名前は使用できません』

 という表示が出た。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く