『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 ぬしであれば、のりこえられると信じておる!


 2話 ぬしであれば、のりこえられると信じておる!

 シーンとする現場。
 中には血の気が引いている者もいる。
 『マジかよ……』と呟いている者も。

 そんな連中を見渡してから、メービーは、

「まあ、一回目はノーカンにしてやろう。しかし、次はない。さて、私は次に、いつ、『例の言葉』を言うかな。もう言ってしまおうかな? さあ、どうする?」

 その瞬間、
 受験生たちは一斉に立ち上がって扉の方へと詰め寄った。
 押して、押されて、といった下らない騒動は起きなかった。
 メービーの発言は『急がせる事』が目的であり『順番を競わせるもの』ではないので当然。
 ここにいる者は、予選と一次を突破した者たちばかりなので、アホはいない。

 逆に、『ここで慌てふためいた姿を見せたほうが、不合格になるのではないか』と穿った目で見ているものもいる。


 ――ダラダラせず、キビキビと、一列になって、扉の奥へと進んでいく受験生たち。
 その列の最後尾に、セン・アダム・シューリの三人がいた。

 ★

 ――メービーは、扉をくぐっていく受験生たちを見送りつつ、
 ふいに、チラと、
 最後尾にいる『177番((セン))』に視線を向ける。


 メービーは、一次試験を思い出す。
 あ177番は、結局、最後の最後まで、メービーの威圧に耐えきった。
 きっちり三時間。
 とてつもない根性の持ち主。

(あの小僧の精神力は凄まじい……武の才能はないかもしれんが、しかし、ああいうやつが、結局は伸びていく……戦場では、いくら才能があっても、心が弱いと話にならん)

 177番は、武の才能は微妙と判断されたが、しかし、とてつもない根性を持っていた。
 メービーの人間試験をクリアした者は少ない。
 これまでに、メービーの覇気に耐えられたものは、第二使徒のケイレーンくらい(ケイレーンに対しては、人間試験という形式で気当てをしたわけではないが)。
 メービーは思う。

(ケイレーンでも、私の覇気に3時間耐えることはできないだろう……)

 ケイレーンは、メービーをのぞけば、最も天国に近い超越者。
 潜在能力・現スペック・精神力、すべてが破格の完璧超人。

(あの177番は、あるいは、ケイレーン以上の超人になりうる原石かもしれん)

 そう考えるとワクワクした。

(177番……ぬしは強くなるだろう。もしかしたら、いつか、私と同じ舞台まで上がってこられるかもしれない。そう思わせるだけの資質が、ぬしにはある。この二次試験、命の心配こそないが、内容自体は過酷。真の強者でなければ乗り越えられない。だが、ぬしならば……)

 ついに扉の前まできたセンに、
 メービーが言う。

「ぬしであれば、のりこえられると信じておるぞ」

 上位者然とした態度でそういうメービー。

 メービーの熱い期待を受けて、センは、

「……ぁ、はい」

 と、そっけない返事をした。
 そのそっけなさを、メービーは、

(ふふん、緊張しているな)

 と、とらえる。

(それでいい。緊張、焦燥、不安……そういう一つ一つを乗り越えていった先、その積み重ねが、ぬしを磨いていく。心配せずとも、もし、仮に、冒険者試験に落ちても、ぬしが、『私の弟子になる』という未来に変化はない。ぬしの未来は輝いておるよ)



 ★



 扉をくぐった先は、大きな街の広場だった。
 そこに、二次まで残った受験生150名が集結している。

 最後尾のセンたちが扉をくぐり終えたところで、その扉がスゥっと消えていった。

(おやおや、出口、消えちゃったよ……)

 センが、心の中でそうつぶやきながら、周囲を確認する。


(ん? この広場……なんか、妙に既視感が……)


 そんな事を思った直後のことだった。





「MDワールドの世界へ、ようこそ!」





 受験生たちの頭上に、突如出現した小さなドラゴンがそう言った。

「ぼくは、ガイド役のナビゴンだよ、よろしくね」

 いぶかしげな視線でナビゴンを見つめている150名の受験生たち。
 そんなナビゴンに対して、センは、

(ナビゴン……覚えているぞ……これ……確か……携帯ドラゴン……)

 この世界に既視感を抱いていたのはセンだけではなかった。
 ゼンとシグレの二人も、

(これ……『携帯ドラゴン』じゃね……?)
(これって『携帯ドラゴン』やんな……スマホゲーの……)

 そんな第一アルファ出身の三人と、

 プラス、


(……な、なんか、突如として、ゴリゴリに『携帯ドラゴン』の世界になったな……)


 今回、二次試験から途中参加する事になったフーマー大学校の劣等生ピーツも、心の中でそう呟いた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く