『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 異常極まりないオーパーツ。


 57話 異常極まりないオーパーツ。

 そんなピーツの姿を見て、カティとバロールの二人は、目を合わせ、
 両者ともに、ニっと微笑んでから、

「主を彷彿とさせるという点からいえば、こいつがソレである可能性はなくもないわね」
「だが、そんなことを言い出したら、『腹の底から勇気を出したヤツ』や『守りたい誰かを持つ者』の『全員』がもれなく容疑者ってことになっちまう」
「そうなっちゃ、おしまいってヤツね」
「というより、前提的に、『守りたい誰かのために命を張れるヤツ』は、はたして、俺たちの敵なのかって問題が出てくるだろ」
「そうね……私たちの討伐対象は、あくまでも『巨悪』。『迷惑なエゴを満たすためだけに暴れるクズ』の排除こそが命題」

 バロールはそう言ってから、ピーツに視線を移し、


「少年、一つ質問だ。『D型』という言葉を聞いて、何か思いつく事はあるか?」


 急な質問に対し、
 ピーツは動揺して、

「でぃ、でぃーがた? 『ディーガタ』……でぃーが……ぃ、いや……し、知らんけど……」

 そう言ったピーツの目をジっと見つめてから、カティは、

「嘘をついているんだとしたら、凄まじい演技派」
「つまり、こいつは『世界を狙える役者』か、もしくは『何も知らない一般人』ってことか」

 バロールの言葉を聞くと、
 カティは鼻で笑ってから、

「その『学校に隠されていた秘密のアイテム』ってやつ、だいぶ問題じゃない?」
「……『一般人』が使っても『存在値2000級の力が出せるアイテム』……確かに異質。調べる必要がある」

「他にもまだあるようなら、キッチリ回収しないと」
「そうだな。そんな異常極まりないオーパーツは、『無駄な争い』を産む火種にしかならないと断言できる」


 そこで、ピーツに背を向ける二人。
 その背中に、ピーツは、

「ちょ、待っ――」

 慌てて二人を止めようとするピーツに、
 バロールが、


「お前、稀に見る逸材だな」


「……へ?」

 間抜けな疑問符を飛ばすピーツに、
 続けて、カティが、

「頑張ったら、いつか、神の王にもなれるかもね」

「……」

 ただただ困惑しているピーツの視線の先で、
 バロールが渋い顔で、カティに視線を向けて、

「いや、それは流石に――」
「軽いジョーク。本気で言っているワケないだろ。いちいち、過剰反応すんな」
「……このアマ……」

 そこで、カティは、
 ピーツの目をジっと見つめて、

「われわれはゼノリカ。全てを包み込む光」

 続けて、バロールが、

「望むなら、迎え入れよう。お前にはその価値がある」

「その資質、決して無駄にしないように」





「「我々は、世の不条理を裂く刃。たとえ、この世の全てが闇に染まろうと、最後の最後まで合理を叫び続ける世界の後光。『この上なく尊い神』を胸に抱く天上の調律者」」






「……」

「そう遠くない将来、この世界はゼノリカに包まれる」
「その時は、門戸を叩くといい。貴様の名は下に伝えておく」

「いや、あの……さっきから、ぜんぜん、意味がわから――」

「さきほどの脅しは、すべてジョークだ。ゼノリカに属する私達が『不条理な殺生』に手を染める事など絶対にありえない。だから、心配する必要は何もない」
「そういうこと」


 そう言って、二人は瞬間移動で、この場から去っていった。
 強大なオーラの余韻だけが世界に拡散していく。
 浸透していく余波が、時間の経過によって、わずかに緩んだ時、

 残されたピーツは、


(ゼノ……リカ……)


 心の中で、

(その単語……どっかで聞いたことがあるような……なんだっけ……んー、あ、そうだ……ガキの頃に考えたカッコイイ言葉の一つだ……は、はは、なんだ、この変な偶然……)

 ブツブツ言いながら、ペタンと尻餅をついて、

(なんだろう……あいつら……悪いやつらじゃないような……)

 あくまでも感覚の話。
 だから、確実ではない。
 けれど、

(なんか、よーわからんけど……とりあえず)

 そこで、大の字になって、

「しんどー、ありゃ相手にできねぇわ」

 深いため息をつきながら、そうつぶやいた。
 そんなピーツの鼻を、まるでねぎらうように、いまだステルス状態の携帯ドラゴンがペロっとなめた。

(あれほどの連中がその気になったら、すぐに、『隠されているアイテム』は全部回収されちまうだろうなぁ……トランスフォームの魔カード……仮にあったとしても、あいつらに没収されること確定だなぁ……はぁ……)

 何度目か分からない溜息をついてから、

(でもまあ、携帯ドラゴンは、今も俺のものだし、こいつを持っているって事もバレずにすんだ……ここから世界がどうなっていくか知らんけど……切札は隠しておくにこしたことはない……『切札を使う時は、他の切札がある時だけにしろ』って、じっちゃんか、ばっちゃんか、どっかのマンガのキャラが言っていたような気がするからな)

 心の中で、ぶつぶつと、

(さて、ちょっと色々と一気に起こり過ぎの『俺の異世界転生』は、はたして、ここからどうなっていくんだろうねぇ……いろいろ不安だし、もろもろヤバそうだけど……けど……まあ……)

 ニっと微笑んで、



「ひゃっほい!」



 ワクワクを叫んだ。

 こうして、ゼノリカに触れつつ、二次試験に進む事になったP型センエース2号。
 そんな彼の明日はどっちだ!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く