『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 P型『センエース』2号。


 56話 P型『センエース』2号。

「もちろん、答える気はありますよ、もちろん、ええ、もちろん! 敵対する気とかゼロ! 本当にゼロ! まだ死にたくない!」

「なら、さっさとまとめて簡潔に喋れ」
「われわれはヒマじゃないの」

「……えっと……実際のところ、『ウチの学校に隠されていた秘密のアイテム』を使ったら、すごい力が出せたというだけで……だから、詳しい事はよくわからなくて……」

「アイテム? どんな?」

「魔カードでして……使うと、変身できて……古龍も一発で倒せる力が出せまして……でも、使い切りで、それはもうなくて……だから、証明とかは出来なくて……」

 そこで、バロールが、カティに意識を向けて、

「どう思う?」
「ウソをついてはいない。けど、真実を包み隠さず喋っているという印象は抱かない」
「同意見だな」

「えぇえ! いや、ちょっと待って! ウソ言ってない! 何も隠してない! 俺は全部、ちゃんと喋った! さっきまで一緒にいたやつに確認をとってくれても構わない! もはや、こうなったら、逆に調べてほしい! さっきまで、俺と一緒にいたヤツは……ぁ、えっと、あの……」

 そこで、口ごもるピーツ。
 そんなピーツに、

「ん? なんだ? 言いたい事があるなら言え」

「……えっと、仮に、ここで、『誰々という人が証言してくれます』って言って……で、あなたたちが、その『誰々』から話を聞く時に、拷問とか、調べ終わったら殺すとか……そう言う事はしないって約束してくれます?」

「……」

 そこで、バロールは、一瞬だけ考えて、

「いや、殺す。危険分子はわずかであっても排除する。もし、お前が、ここで何も喋らなくとも結果は同じ。調べて、見つけ出して、情報を奪ってから殺す。われわれは正義の集団というわけではない。むしろ逆。『この上なき巨悪』を望む闇の秘密結社」

「……」

「だが、お前が、正直に吐くのであれば、お前だけは生かしてやるよ。面倒が減るのは歓迎だからな。つまり、これは取引。どっちか選べ。関係者全員死ぬか、お前だけは生き残るか」

 そこで、カティが、

「よかったわね。選択肢をもらえて。実質、一択。というわけで、さっさと、答えて――」


 と、そこで、
 ピーツは、立ちあがり、ナイフを抜いて構えた。


 その姿を見て、バロールは尋ねる。

「……少年、なんのつもりだ?」
「あんたごときが、私達に勝てると思う?」

「勝てない。殺される。あんたらは強い。雰囲気で分かる。ケタ違いに強い。成績最下位の俺がどうこう出来る相手じゃない。間違いなく、俺は死ぬ。そんな事は知っている。俺は賢くないが、バカじゃない」

「なら、なぜナイフを構える?」

「知らねぇよ。逆に教えてくれ。俺はなんで……」

 そこで、ブルブルと震えながら、
 わずかに、涙をこぼしながら、



「なんで、俺は今、あんたらに逆らおうとしているんだ?」



「「……」」

「……『逃げていい』って許しがほしい。『腐ってもいい』って免罪符だけが『今の俺』が望む唯一の証書……」

 恐怖におびえながら、
 顔を歪ませながら、

 それでも、ナイフを握る手だけは力強い。

「「……」」

 そんなピーツをジっと見つめるバロールとカティ。
 二人の、必死で『見極めん』としている視線の先で、
 ピーツは続けて、


「……俺は別に善人じゃない……高潔なヒーローってワケでもない……けど……でも……」


 そこで、ピーツは、グっと奥歯をかみしめて、

「それでも……きっと、譲れないものがあるから……」

 キっと顔をあげる。
 芯がグワっと熱くなる。
 まっすぐな目で、バロールとカティを睨むピーツ。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く