『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 義務。


 51話 義務。

「お前たちは全員、文句なく合格だ」

 その発言を受けて、ボーレが歓喜の表情を浮かべ、

「マジでかああ! しゃああ! 龍試、突破ぁあ! いける! 学士とれる!」

 と、喜びを叫んだ。

 だが、その喜びは、

「お前たちは素晴らしい。というわけで、冒険者試験の二次に参加する『義務』を与える」

 教師のそんな発言でピタっと止まる。

「義務? ……ん? どういうこと? 『権利』じゃなく義務?」

 教師は続けて、

「分かりやすく言ってやろう。今回の龍試をクリアした者は、無条件で冒険者試験の二次を……『受けなければならない』んだよ。これは絶対的強制だ。頑として不参加の意思を示し続けるのも結構だが、しかし、その場合は容赦なく退学処分とする」

 その発言を受けて、ピーツ以外の全員が、わかりやすく渋い顔をした。
 ピーツからすれば、願ったりかなったりだが、
 カルシィたちからすれば、冒険者試験など、冗談ではない面倒。
 貴重な時間を『ただ潰すだけ』のウザイベントでしかない。

 ボーレは、

「……ちっ、まあいいや……とりあえず、強制だっつぅなら、一応、参加はしてやる。そのかわり、テキトーに流して、さっさと落ちて――」

 と、考えていた、
 ――が、

「ちなみに、二次でふがいない成績を出しても退学になるから、そのつもりで」

 教師のその言葉で、ボーレは、愕然とする。


「ふ、ふざけんなよ、おい……二次くらいなら、ぶっちゃけ、よっぽどウゼェ試験じゃない限り、どうにか出来るだろうけど……だ、だりぃ……つぅか、退学連呼しすぎだろ。どんだけ辞めさせてぇんだ!」



 ★



 教師からの『冒険者試験の強制参加命令』を受けた直後、
 カルシィが、ピーツに、

「助かった。感謝する。君がいなければ死んでいた」

「……いや、俺がいるだけじゃダメだったんじゃないですかね。たまたま、奇跡的なアイテムが身近にあったってだけで……」

「それはもちろんそうだが、アイテムがあろうとなかろうと、それを使おうとするかどうかは、また違う話だ。君は、私達を囮にして逃げる事もできた。だが、君は、あれほどのアイテムを、迷いなく、私達を助けるために使おうとした。その事に感謝できないなら、私は人間をやめる」

「まあ、好きにしてくれていいんすけど……実際、マジで、感謝されるほどの事じゃないですよ。いくら、いいアイテムがあっても、使い道を間違えば意味がない。そういう意味でいえば、あの瞬間は、最高のタイミングだった。おかげで、個人的に最良の結果を得られた。……それだけです」

「君は、なんというか、アレだな……面倒臭い性格だな」
「お互い様だと思いますよ、わりと」

 そう言って、二人は互いに笑った。

 ひとしきり、笑顔をかわしあった後で、
 カルシィが、

「……どうだ? 冒険者試験でもチームを組まないか?」

「俺、もう、特殊なアイテムとかないですけど?」

「二次『経験』者と、二次『突破』者では、この先の人生で得られる恩恵が段違いだ。命を救ってもらった礼として、君が三次まで進めるよう、少しだけ手助けをしてあげよう」

「……んー」

 『めんどくせぇなぁ』とは思ったが、
 『龍試での護衛』を『断り切れなかった』のと同様、
 カルシィの愚直な好意を、どうしても無碍(むげ)にはできなかったピーツは、

「じゃあ、まあ、はい……よろしくお願いします」

「ああ、よろしく」

 と、そこで、
 ボーレが、

「うんうん」

 『長年連れ添ってきた親友ヅラ』で、ピーツの肩を抱き、

「古龍殺しチームで冒険者試験に挑むとなれば、二次突破は余裕だな。この五人で、頑張ろう! この五人は最強だ! 五人いれば、こわいものはなにもない! なによりも、五人っていうのがいい! 五人ってところがミソだ! この数字が素晴らしい! な! そうだろう?!」

 またもやシレっと寄生しようとしているボーレ。

 ピーツは、『うぜぇなぁ』とは思いながらも、

(まあ、でも、こいつがいなかったら、携帯ドラゴンを入手できなかったしな……)

 と、思い、ボーレの事はテキトーに流す事にした。

(それに、こいつは、『信じられないくらいの狂気的なキ○ガイ』ってだけで、実力がないワケじゃないから、足でまといにもならないだろうし……)

 こうして、古龍殺しチームで挑む事になった冒険者試験二次。

 はたして、どうなる!



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く