『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 学内ランキング上位の天才たち。


 29話 学内ランキング上位の天才たち。


 冒険者でも、ハンパな者だと、致死率30パーセントをこえるであろう、ふざけた難易度の凶悪ミッション。
 それが、今回実施される龍試『クア森林ピクニック』。


(こんな殺意満々の試験で、なにがピクニックだ……ナメくさりやがって……昨日までの俺だったら、100%死ねる内容だぞ)


 指定の集合場所に辿り着くと、
 すでに、そこには、30名近い学生が集まっていた。

 みな、ビリビリとしたオーラを放っている。
 ここにいるのは、ほぼ全員が、学内ランキング上位者。

 ランキング一ケタ台も数人混ざっていて、彼・彼女たちは、やはり雰囲気が違った。
 超越者のオーラ。
 将来、世界最強国家フーマーの中枢に属する事になる天才達の覇気。

 そんな中、『ピーツ以外』にも、完全に『場違いな男』が一人混じっていた。
 この中では段違いにショボいオーラを放っているデブ。

 ――イカれた劣等生『ボーレ』は、スーパー劣等生『ピーツ』の姿を視認すると、
 テクテクと寄ってきて、


「おいおい、後輩……マジできたのか……」

「逆に言いたい。先輩、あんた、マジか。よく、こんな致死率が高い試験を受けようって気になるな」

「その言葉、リボンでもつけて、そっくりそのまま投げ返してあげよう」

「そのリボンで包(くる)まれた言葉を、そのままバットで打ち返して――」

 と、不毛な会話をしている途中で、



「おいおいおいおい!」



 イケメン系美女が、渋い顔で、ピーツの近くまでツカツカと歩み寄ってきて、

「なにをしているんだ、ピーツ!」

「あ、どうも……」

 彼女は、昨日、食堂で話しかけてきた『性根は腐っているが曲がった人間ではない女学生』――
 学内ランキング5位のカルシィ。

「頭が悪いとは思っていたが、まさかここまでとは思わなかった。今すぐに帰れ。君に死なれると困る。君の成績表が買えなくなったらどうする!」

 本気で嘆き悲しんでいる顔で、

「いいか、自覚しなさい。君という存在は貴重なんだ。ヤケをおこして自殺なんてとんでもない」

「別に自殺しにきたワケじゃないですが……」

 と、そこで、
 カルシィの後ろから、二人の男女が近づいてきて、

「カルシィ、なにしている?」
「それ、誰? 見た事がない人だけど」

 その二人は、カルシィの同級生で、どちらも学内ランキング10番台の天才。
 男の方は、ドコス。
 女の方は、エーパ。

「彼はピーツ。私が注目している一年生だ」

「ほう。有力なのか?」
「ああ。ハンパではない。希少価値だけなら、勇者にも匹敵する」

「……へぇ。『お嬢((カルシィ))』にそこまで言わせるなんて、あなたはいったい……」
「って、ちょっと待て、カルシィ。もしかして、逆の意味でか?」

「逆などではない。まっすぐな意味だ! このピーツは、歴代最高クラスの圧倒的な『劣等生っぷり』を発揮している狂気の天才。なかなか、ここまでの無能はいないぞ」

「「……」」

 顔を見合せるドコスとエーパ。
 苦い顔を浮かべているドコスが、

「そんなヤツが、どうしてここに?」

「おそらく派手な自殺をしにきたのだろう。愚かな事だ。己の希少価値が分かっていない。たかが学校の勉強についていけないくらいで自殺など!」

 そこで、カルシィは、
 真摯な目で、ピーツの目をジっと見つめ、

「いいか、ピーツ! 君ほど『学校についていけない者』は本当に珍しいんだ! その希少価値を理解しろ! 君に救われているヤツは、きっと、私だけじゃない! たぶん、君の同級生の何人かは、君に心を救われている! 落ち込みそうになった時、辛い時、苦しい時、悲しい時、『下』をみれば君がいる! 君は、まさに太陽のような存在!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    無敵の力(表世界限定)は使用者によって変わるのが面白いなぁーと思うね

    0
  • 祝百万部

    だいぶナメられているピーツw
    ボロクソもボロクソ!

    しかし、実は無敵の力をもっているピーツ!
    ピーツの快進撃が、なんだか、そろそろはじまる予感!!

    0
  • れいしゅふぃあ

    ボロクソ言われて可愛そwドラゴンいなかったピーツだったら心折れてそw

    1
コメントを書く