『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 誰も薄毛の心配はしてねぇ。


 25話 誰も薄毛の心配はしてねぇ。

 と、そこで、

「お前ほどの力を召喚して……完全に、俺はヤバいと思うんだが……今のところ、なんともないんだよなぁ……」

 ピーツは尋ねる。

「なあ、教えてくれ。どうなってんだ? 俺は、既に魂魄を捧げたから、消えるんじゃねぇの? なぁ、そこんとこ、どうなの?」

 その問いかけを受けて、
 携帯ドラゴンは、クルっと背中を向けた。
 ペカーっと映し出されるエアウィンドウには、



『携帯ドラゴンのデータ移動程度で完全消耗するほど、センエースの魂魄は矮小ではありません。たとえ、超極少とはいえ』



 と表示されていた。

「……ワケわからん……お前、俺のナニ知ってんねん。そして、一文の中で矛盾してんぞ。矮小ではないけど、超極少? はぁ? ウチの携帯ドラゴンのウェルニッケ野に障害が起きてる件。――てか、お前が全部ささげる必要があるっつったんじゃねぇか。あと、今の俺は閃壱番じゃなく、ピーツなんだけど……もう、ツッコミところが多すぎて、俺のセリフが渋滞しているじゃねぇか。この有様、どうしてくれる」

 溜息をつきつつ、そう呟いた、その時、

 ゴゴゴっと、扉が開くような音が聞こえて、
 背後に、来た時と同じ、淡い光の道が出現した。

「……なんか、帰れるっぽいな……全体的に、なんのこっちゃ、さっぱりわからんけど……まあ、いいや。ピンチは去って、強力な味方を得た。その情報だけ処理できれば、今のところは充分……というわけで、とりあえず――」

 そこで、ピーツは、携帯ドラゴンの頭の首裏を掴み、自分の頭部に乗せて、

「これからよろしくな」
「きゅい」

 嬉しそうに返事をする携帯ドラゴンを頭に乗せたまま、
 ピーツは光の道を進んだ。


 ★


 扉の外に出ると、
 そこでは、まだ、暗号解除の方法を熱心に探しているボーレがいた。
 一心不乱に壁をなぞったり、床を踏みしめたりしている。

「集中力はすごいな……その全部を勉強に使っていれば……」

 呟きながら、
 ピーツは、
 ボーレの肩をたたいて、

「ん、どうした、後輩? 何か見つかったか?」

「疲れたから、俺、もう帰る」

「あん……なにを軟弱な……まだ探索開始から一時間も経っていないぞ。せめて、あと五時間は暗号解析に使うべきだと――」

「勝手にやってくれ。俺は帰る。マジで疲れた」

「根性なしめ……」

「あぁん? 『根性しかない』と言われた事がある俺様を相手に、なんと失礼な」

 不満そうな顔を浮かべてから、
 ピーツは、ボーレに言う。

「ところで、先輩。これ、見えるか?」

 そう言って、自分の頭の上に乗っている携帯ドラゴンを指さすピーツ。

「これ? ん? 髪の毛ならちゃんとあるぞ、心配するな」

「誰も薄毛の心配はしてねぇ」

 と、一旦、言葉を置いてから、

「……ふむ」

 と、呟いて、
 心の中で、携帯ドラゴンに、一瞬だけステルスを解除するように指示を出す。

 すると、ボーレが、

「ん?」

 一瞬だけ姿を見せた携帯ドラゴンを視認して、

「……今、何か……」

 だが、すぐに姿を消したので、

「きのせいか……? 妙にでかくて丸っこいトカゲみたいなのが、一瞬、見えたような……」

 目をコシコシしながらそう言うボーレに、
 ピーツは、フラットな顔で、シレっと、

「きのせいだ。どうやら、俺だけじゃなく、先輩も相当疲れている様子。今日は帰って休んだ方がいいんじゃないか?」

「んー、そうした方がいいのは分かっているんだが……今は、こうして、現実から全力で逃避していたい……明日の事は考えたくない。今日と言う日が永遠に続いてほしい」

「……『明日に怯える日』が永遠に続く事を望むとは……特殊なマゾだな」

「ああ、明日が恐い……寝ている間に、明日の『龍試』が終わっていて、なんだか良く分からないけど、合格していました………という展開になればいいのに」

「そんな都合のいい展開が起きてたまるか……って、ん? 龍試って明日あるのか?」

「そうですが、なにか?」

「……ボーレ先輩……あんた、試験の前日にも関わらず、先の見えない暗号解読を、ここから五時間かけてやるつもりだったのか?」

「なにを当たり前のことを」

「……い、イカれてやがる……圧倒的キチ○イ……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く