『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 ハンパじゃないセーブデータ。


 23話 ハンパじゃないセーブデータ。

 『携帯ドラゴン』というスマホゲーは、
 『ログインボーナス』・『お詫び』・『イベントミッション報酬』などで、
 大量に石がもらえるタイプだったので、
 無課金でも、まあまあの回数のガチャを引く事は出来た。


 それなりにガッツリとやりこんだセンエースの『携帯ドラゴンのビルド』はなかなか豪華でスキがない。
 積まれているアビリティ・外装・スキルは、大半が、
 『☆9(ゴッドレア)』で、中にはいくつか、
 『☆X(キラゴットレア)』も混じっている。

「くっ! ぬぅうう! いかん! こいつ、火力が高すぎる……押し込まれる!」
「きゅい!」


 『無課金ランキング』の『攻撃力部門』で『最大5位』にランクインした事があるセンエースの携帯ドラゴンの火力はハンパじゃない(課金勢も含めた全体ランキングでも100位以内に入った事がある)。

 圧倒的なパワーで、亜サイゾーとパラミシ・アジ・ダハーカをフルでボッコボコにする携帯ドラゴン。


「す、すげぇ……マジで、あの亜サイゾーってやつ、存在値1500の狂ったようなバケモノなのに……それを……圧倒してやがる……」


 携帯ドラゴンの強化によって、スマホ型のマジックアイテム『MDモバイル』も強化されていて、『簡易プロパティアイ』に匹敵する計測機能が追加されていた。
 その機能で、亜サイゾーやダハーカの力を計測してみたら、どちらも、本当に、とんでもないバケモノだった。

 しかし、センエースのセーブデータがインストールされた携帯ドラゴンの力は、
 そんな亜サイゾー達を圧倒している。

「つ、つよすぎ……」

 素人目にも勝敗は明らかだった。
 亜サイゾーも、切札的なスキルを投入しているが、
 どれも、結局、携帯ドラゴンには通用しなかった。

 偉大なる神がやりこんだ携帯ドラゴンのセーブデータは、ハンパな強さではなかった。

 ――そして、結果、
 ついには、



『――【ディザスター・レイ】――』



 携帯ドラゴン用の『必殺ゲロビ(攻撃力依存技)』が炸裂し、

「ぐぉおおおお!!」
「ぎぃいぎゃああああ!」

 亜サイゾーとパラミシ・アジ・ダカーハは、まとめて、木っ端みじんにふっとばされた。
 後に残ったのは、チリと残骸だけ。
 実にあっけない最後だった。


 ――携帯ドラゴンの圧倒的な姿を目の当たりにしたピーツは、


「お、鬼つえぇ……龍だけど……」


 などと呆けた顔で口走る。
 続けて、

「これだけの力を転送するための魂魄……俺の全部が必要ってのも納得……これじゃあ、消滅してもしょうがねぇ……と思うんだけど……それで、俺はいつ消えるんだ……?」

 などと、疑問に思っていると、
 手の中にいた赤子が、
 スッと音もなく消えた。

「……っ」

 一瞬だけびっくりしたが、まだ映し出されているモニターを見てみると、
 必死になって探していた母親の元に帰っていたので、

「……」

 ピーツは、ホっとしたような顔になって、小さく笑みを浮かべた。

 そんなピーツのもとに、

「きゅい!」

 携帯ドラゴンは戻ってきて、

「きゅっ」

 褒めてほしそうに、頭をさしだしてきた。

「……ありがとう。助かった……すごく強かったぞ。ちょっと強すぎて引いたくらいだ」

 言いながら、携帯ドラゴンの頭をなでるピーツ。

「ほんとうに、ハンパじゃないな、お前……もしかして、世界最強なんじゃないか?」

「きゅいぃ」

 頭をなでられて、気持ち良さそうな顔をしている小さな龍を見つめ、

「いや、マジで……たぶん、別格だぞ、お前……お前の力があったら、龍試も冒険者試験も余裕……どころか、悪の宰相とかいうやつもワンパンだと思うぞ……」

 一応、悪の宰相『ラムド・セノワール』の情報は、ピーツの頭の中にもあった。
 『ラムドが勇者を破り、その流れで、人類に宣戦布告したという話』は、世界規模のスーパー大ニュースであり、爆発的に広がっていたので、今のご時世、知らない者はあまりいない。

 世界を闇色で染めるイカれ過ぎた時限爆弾ラムド・セノワール。
 かなり厄介そうな相手だが、しかし、とはいえ、推定存在値は120ちょっと。
 存在値1500の化け物をボコボコにした携帯ドラゴンに勝てる訳がない。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    だがしかし、D型は現在、単純な数字だけで言えば究極超神センエースを圧倒するまでに成長しているのであったw

    0
コメントを書く