『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 命の重さをはかる天秤。


 19話 命の重さをはかる天秤。

「全力で時間を稼ぎ、必死に方法を考えている……というのが、手に取るように分かる。あまりにみっともない姿だ」

 的確に言い当てられて、思わずピタっと黙ってしまうピーツ。
 そんなピーツに、
 亜サイゾーは続けて言う。

「ここで、もう一つ、貴様の『心を乱す道』を用意しよう。このガキが死んだら、貴様は助かる」

「……は?」

「携帯ドラゴンの所有権は与えないが、ここから脱出する許可は与える。簡単に言うと、貴様は、この赤子が死にさえすれば、のうのうと生きながらえる事ができるという事だ」

「……」

「もう一つ言っておこう。このガキの魂魄は、最終的にパラミシ・アジ・ダハーカに喰わせる。パラミシ・アジ・ダハーカは最高クラスの邪龍。『最高クラスの邪龍に飲み込まれる』ということの意味をシッカリと想像しろ。それすなわち、このガキは、深い闇の底で、永遠に苦しむ事になるということだ」

 ようするに、『ミシャが、クソ貴族に対して行った』ような、
 多大な『地獄の苦痛』を与え続ける空間に放り込むと言っているのだ。
 『邪』の属性を持つとは、そういう意味も含む。

 ※ ミシャが故郷で奪った多くの命は、センエースによって『魂の救済』を得ている。
 その際にセンエースが払った代償はハンパじゃない。
 センエースが、ミシャの重荷を背負ったとは、そういう意味で――


「3分間待ってやる。意味のないおしゃべりで時間を稼ごうとしなくていいから、とにかく考えろ。思考放棄したければ好きにしろ。このガキを見殺しにして生きながらえる。それも一つの手だ」


「…………………………」

「あと2分55秒」

 無慈悲に過ぎていく時間の中で、

「は、はは……助かった……そのガキが死ねば、俺は助かるんだ。はは、ラッキー。なんだよ、楽勝じゃねぇか……よかったぁ……は、はは……」

 などと言いつつ、
 ピーツは、眠っている赤子に視線を向けて、

「俺の助けなんて、期待すんなよ……俺は、別に、救いのヒーローってワケじゃねぇんだから……」

 ブツブツ言いながら、
 油汗をダラダラと流し、

「俺はヒーローじゃない……救えない命があるのなんて、当り前……ここだけじゃなく、今も、どこかで、命は壊れている……お前の小さな命は、そんな大多数の中の一つってだけ……そんだけ……」

 誰だって、一目で分かる高次の葛藤。
 フル回転しすぎて、今にも煙が出そうになっているピーツの頭。

「俺じゃあ、助けられない……何も出来ない……だから……つまり……」


 グルグル、
 ギリギリと、


「無理だから……俺じゃあ……だって……どうしろってんだよ……いや、だから無理で……だから、その……ようするに、不幸は、ここだけで起こっている『特別』じゃなくて、世界中の……どこでも……だから……」

 脳内の軋む音が聞こえてきそう。
 そんな中、


「ここ以外のどこかでも、不幸が起きている……かどうか……なんて……」

 ピーツは、





「知ったことかぁああ……」





 ボソっと、

「目の前の……小さな命の一つくらい……『出来ることなら』って……『それぐらいなら』って……そう考える、このクソみたいな偽善を……ハナから一々否定していって……それで……何になるんだ……」

 ギリギリと奥歯をかみしめて、

「くだらねぇ! 意味がねぇ! 無価値! ――そうじゃねぇんだ! 本質がどうとか、真理がどうとか、マジでくだらねぇ! 俺が今、やらなきゃいけねぇことは! この、クソしょうもねぇ『偽善』を! どうすれば昇華できるか! そんだけぇえ! だから、考えろ! 思いつけ! 頼む!」

 髪を振りみだして、
 頭をガシガシとかいて、

「なにか! なんでもいい! なにかぁああ!」

 と、そこで、

「きゅい!」

 すでに『亜サイゾーにシバかれた際のダメージ』が完全回復している携帯ドラゴンが声を出した。
 正直なところ、『声をかけてきたのかどうか』の判別はつかない。
 だが、携帯ドラゴンは、まっすぐな目でピーツを見て声をだした。
 それは事実。

 ピーツは、携帯ドラゴンの目をまっすぐに見つめて、

「なにかないか! お前に! 何か特別な機能とか! た、たとえばぁ!」

 携帯ドラゴンをガシっと掴んで、
 目と鼻の先で、





「俺がスマホでやっていた携帯ドラゴンのデータを! お前にインストールするとかぁ!」




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く