『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 亜サイゾー。


 15話 亜サイゾー。

「課金か? 課金しかない感じか? よーし、じゃあ、コンビニでアイ〇ューンカードを……って、コンビニなんかあってたまるか、ボケ! 異世界ナメんな!」

 適当に独りでハシャいでから、

「さて……どうしたものかな……」

 などと悩んでいると、

 ビービーッッ!!

 と、どこからか、警戒音が響いた。

「え、え、なに、なに?! 俺、なにもしてませんよ!」

 ピーツが小さくなってビクっとしていると、

「……ん?」

 この空間の中央に、何やら虹色のモヤモヤがあらわれた。
 そのモヤモヤは、次第に形になっていき、
 最終的には、屈強な魔人の姿になった。

 その魔人は、ピーツを睨みつけ、

「ここは、サイコゾーン・サンクチュアリの亜種ともいうべき、神の空間」

 とうとうと、
 事務的に、

「そして、私は、この『空間のAI部分』にして『携帯ドラゴンの管理人』……呼ぶ時は『亜サイゾー』でいい」

「……はぁ……そうすか……こんにちは」

「――『その携帯ドラゴンの所有者である』と『正式に認められるため』に必須なのは、私を倒すこと。ただし、私の存在値は53万。君では到底勝てない」

「……そりゃ、勝てんだろうなぁ。そんな宇宙の帝王みたいな強さを持っているヤツには」

「勝つ方法を模索してみろ。なければ死ぬ。単純な話」

 言って、ゆっくりと近づいてくる亜サイゾー。
 亜サイゾーの接近を受けてか、
 ふいに、ピーツの頭頂部で寝ていた携帯ドラゴンが、パチっと目をさまし、

「きしゃぁ!」

 飛びあがって、亜サイゾーを威嚇する。
 その勇敢な姿を見たピーツは、

「おお! やる気まんまんだな! 頼もしいぞ! かわいいは正義だということを! そして、正義は勝つということを教えてやれ!」

 携帯ドラゴンは、

「きゅい!!」

 意気揚々と、
 亜サイゾーに突っ込んでいった。

 そして、

「うるさい」

 ペシンと弾かれて、

「……きゅいぃ……」

 情けない声を出しながら戻ってきて、
 ピーツの頭の上で丸くなり、粛々と回復に精を出し始めた。

「なにしに行ったんだ、お前! どっかのギャグ担当アフロみたいなやられ方しやがって! ていうか、めちゃくちゃ、よわいな、おい! いや、初期状態でフ○ーザ様に勝てって方が無茶だけれども!」

「言うまでもないが、逃げ道はない。私を倒す方法を必死になって考えろ。そうでなければお前は死ぬ」

「考えろっつったって! どうしろってんだ?! 俺は、ランク1魔法の一つも使えない、フーマー大学校の劣等生だぞ! へたしたら、銃を持っていないオッサンより弱いかもしれないドストレートなカス野郎だぞ! いくら考えたところで、悪のカリスマに勝てる訳ないだろ!」

「お前の事情に興味はない。私を倒せば、貴様は、その携帯ドラゴンの正式な親になる。私に勝てなければここで死ぬ。それだけの話だ」

「ふざけんじゃねぇぞ、ちくしょう! せっかく、念願だった異世界にこられたってのに、こんな初日の夕方にサクっと死ぬなんて……冗談じゃねぇ!」

 そこで、ピーツは、頭をかきむしりながら、

「なにか! 方法! いや、方法っつってもなぁ! アイテムも何もねぇし! スキルはゼロだし! うぉおおお! 完全に詰んでるぅうう!」

「喚くだけではなく、行動をおこせ。そして、見事、私を倒してみせろ」

「ムチャ言いやがって……お前、できんのか? 俺のスペックで、お前に勝てんのか? 自分にできないことを人にやれってのは、そりゃ、理不尽ってなもので……ん、ちょっと待てよ」

 そこで、ピーツは思う。

「もしかして、携帯ドラゴンが異常に弱いだけで……あの亜サイゾーってやつも、本当は別に『そこまで強くない』って可能性も……」

 ピンと閃く。
 打開策というより視点の変更。

「そうだよな……存在値53万なんてありえねぇもんな……完全にハッタリ……つまり、これは『その部分に気付けるかどうか』という単純なテスト! そうだろ?!」

「どう思おうと自由。私を倒せば、貴様は、その携帯ドラゴンの正式な親になる。私に勝てなければここで死ぬ。それだけの話だ」


「ゲームキャラみてぇに、同じことを連呼しやがって……ハリボテ野郎が……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    この回は、ドラゴン◯ボールネタ多かったなww
    銃を持ったおっさん(戦闘力5)とかフリ◯ザとか

    0
コメントを書く