『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 ガッ


 11話 ガッ


 その文字盤には、こう書かれていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1 :仕様書不明さん :00/00/00 00:17
  ∧__∧ **  
 ( ´∀`)< ぬるぽ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 それ見たピーツは、つい反射的に、
 その文字盤を殴りながら、


「……ガッ」

 そう呟いてしまった。

「ピーツ?! ちょっ、おい、どうした、急に! 情緒不安定か?!」

 ピーツの奇行にびっくりして、そう叫ぶボーレ。

 しかし、そこで、ピンポーンと音がして、
 グゴゴゴゴと大きな音をたてて扉が開いた。

「……ナメてんなぁ」

 ボソっとそうつぶやいたピーツに、
 ボーレは、

「いくら、暗号の難易度が高いからってヤケをおこすな。俺もさっきは大分動揺してしまったワケだが、お前の奇行を見て逆に冷静になれたよ。うん、逆によかった。慌てる後輩、なだめる先輩。俺達は意外と良いコンビかもしれない。よし、というわけで、まずは、この暗号を解くためのヒントがないか探してみよう」

「……は?」

「ん、どうした?」

「扉なら開いただろ」

「……ピーツ後輩。ほんとうに、どうした、大丈夫か?」

 ガチで心配そうな顔をしているボーレ。
 そこに違和感を覚えたピーツは、

「一個、質問をする。ちゃんと答えてくれ、ボーレ先輩」

「お、おう……どうした、ピーツ後輩」

「今、扉は、しまっている。そうだな?」

「まあ、そうだな。開いていたら、とっくに中へと入っているワケだからなぁ」

「……」

 そこで、ピーツは扉に視線を向けてみた。

(間違いなく開いている……)

 扉は開いていて、
 中から淡い光が漏れている。
 光が邪魔で、奥は見えなかったが、確かに……

(……まさか、『開いたように見えている』のは俺だけか? なんだ、それ……どういう状況だ……)

 数秒、考えてみて、

(もしかして、暗号を解いた者しか『中に入る事が出来ない』のはもちろん、『扉が開いたと感じる事』さえもできない、とか? ……うーむ……)

「妙な事を言っていないで、お前もヒントを探せよ」

 そう言って、ボーレは、この空間のあちこちを探しだす。
 その背中を横目に、
 ピーツは、

(……行ってみるか……)

 心の中でボソっとそう呟いてから、

「ふぅ~」

 と、一度深呼吸をして、
 扉の奥へと足を踏み進めた。

 慎重に、おそるおそる、まっすぐに、
 先の見えない奥へ、奥へと進んでいく。
 淡い光に包まれた謎の通路。
 『光っている』という事以外、なにも認識できない妙な道。

 そんな通路を10秒ほどまっすぐ進むと、そこで、

「……ん」

 光が落ちついている空間があった。
 先ほどの『扉があった空間』よりもさらに大きい。
 そして、その空間のど真ん中には『精巧な装飾が施されている台座』があって、
 その台座には、なにやら、卵のようなものが置いてあった。
 ハンドボールくらいのサイズで、色は真っ白。


「……なにもかもが珍妙だねぇ……」


 周囲をうかがいながら、ピーツは、その台座の方へ、まっすぐに歩を進める。
 そして、台座の前までくると、

「金銀財宝でも、アイテムでもなく……『卵』、ねぇ……うーむ……」

 どうしたものかと、一瞬だけ悩んだが、

「まあ、とりあえず……」

 ボソっとそう言いながら、その卵を手にとってみた。
 軽い。
 まるで、中身なんてないみたい。

 と、
 その直後、


 バタァン!


 と、扉がしまる音が響いた。

「?!」

 驚いて振り返ると、扉に続いていた『淡い光の道』がなくなっていた。

「ちょ……ええ……」

 戸惑っていると、
 今度は、ピキピキっと音がして、


「おいおい……次から次へと……」


 卵が割れて、中から――


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く