『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 落ちこぼれ八年生のボーレ。


 8話 落ちこぼれ八年生のボーレ。


 午後の授業が始まるが、やはり、教師の言っている事は、ほとんど理解できなかった。

(うん、ダメだな……根本から勉強をやりなおさないと、話にならない……今は、ラスボスがどうとか言っている余裕はない。あのソルとかいう神様には申し訳ないが、今の俺だと、何もできん。まずは、基礎勉強だ)

 概念理解の基盤となる、基本的な用語・単語の暗記が出来ていない状態なので、
 教師の話など、いくら聞いても無駄だった。

 こんなどうしようもない状態では、どんな手を使おうと、悪の宰相を倒す事など不可能。
 冒険者試験や、龍試なんて夢のまた夢!

(とにかく、基礎固めの用語暗記を徹底する。『理解』は結果としてついてくるもの……まずは、詰め込めるだけ詰め込む)

 決意したピーツは、教師の話を耳からシャットアウトして、
 教科書の頭から読み直す。

(闘気学概論……オーラとは、自然界に存在する最も根源的な構成単位であり、エネルギーという概念の中核に――つまり、血に対する推動作用や――)

 夢中で読み進めていると、
 チャイムが鳴って、講義は終わった。
 序論を読むだけで1コマが終わってしまった。
 闘気学概論の教科書は広辞苑サイズなので、90分そこらでは触りしか読めない。

(まとまった時間がいるな……どうせ、単位なんか取れないんだから、授業には出ずに、ひたすら知識に触れた方が賢明か……)

 いったん、教科書を閉じるが、

(そうだな……今はなにより、用語の洪水を浴びるべき……問題は方法。ネットがあれば、ウィキを周回サーフィンしているだけでも充分なんだが……ないとなると、やっぱり図書館になってくるかな)

 心の中でそうつぶやくと、

「よし、行くか」

 すぐさま決断し、足を動かす。

 勉強の仕方なら知っている。
 努力が出来る器は持っている。

 『面倒臭い事を地道に続けられる能力』なら、この世の誰にも負ける気がしない!
 それが、『閃壱番』という第一アルファ人!!

(今のままじゃあ、悪の宰相ラムドを倒すなんて到底無理……だが、今のままで終わる気はねぇ。『周囲の全員からバカにされている』という、この『最下位という状況』はむしろ、俺を強く輝かせる)

 ドMだから?
 違う。
 プライドが高いから。

(――俺をナメんなよ、天才ども。俺は、これまで、『行きたくない学校に意地でも通い続け、やりたくない勉強でも、それなりに頑張って、普通に上位を取ってきた』というラリった経歴を持つド変態だぞ。念願だった異世界にこられて、『剣や魔法を学べる』という状況になった俺の、解き放たれた本物の集中力……とくと見せてやる)

 ★

 図書館でこもり、ひたすらに知識を浴びるピーツ。
 勉強開始から3時間が過ぎたところで、

「よう、最下位くん」

 デブのメガネボーイが声をかけてきた。

「……」

「無視はよろしくないねぇ。一応、俺は8年生。君よりだいぶ先輩だよ」

「……なんか用すか?」

「用がなければ、隣に座って話しかけたりしない」

「でしょうねぇ。で?」

「君にとって、非常にメリットがある話をもってきた」

「そうですか」

「なぜ、そんなに目が死んでいるのかな?」

「聞く気がないからでしょうね。でも、どうぞ、しゃべってください。俺は本を読んでいますので」

 そう言って本に視線をうつすと、
 横から、その本をバンっとしめるデブ。

 デブは、ニコっと微笑み、

「俺は八年生のボーレ。今年、学士をとらないと退学なんだが、単位的に、ギリギリなんだ」

 ボーレは、ピーツの返事を待たず、
 たんたんと、

「すでに、前期と後期で時間割はパンパン。ただ、全部の講義で単位を取れたとしても、学士を取るためには7くらい足らない。ハッキリ言って、『試験一発型の龍試』を一個は取らないとヤバい。ヤバいというか、龍試を取らないと学士号が取れない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    前までの垢でどこまで見たか忘れたww

    0
コメントを書く