『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話+ 基礎魔法実技Ⅰ。

  【前書き】
    今日は、狂気の、3話投稿……



 3話+ 基礎魔法実技Ⅰ。


「では、実験室でモルモットのアルバイトをするのはどうです? 日給で金貨が貰える治験もあるようですよ。まあ、かなりの高確率で『だいぶイカれた副作用』が出ますが」

「……遠慮しておきます」

「いけませんねぇ。アレもイヤ、これもイヤでは……ほんとうに、あなたはどうしようもない」

(……『高確率でだいぶイカれた副作用が出る治験』に二つ返事で参加するやつの方が、『どうしようもなさ』では上をとると思うが……)

 と、そこで、

「先生! ちょっといいですか!」
「ん、なんですか?」

 同級生の女学生が、教師を呼んだため、 どうにか、解放されたピーツ。

 ホっとしていると、
 後ろから、

「ついには、あいつ、ランク1の魔法も使えなくなったらしいぞ」
「珍しいヤツだな。大学校に入って勉強すればするほど能力が落ちるとは」
「なにそれ、絶対にほしくない特殊能力っ」
「なんで、大学校に入ったんだ、あいつ」
「――『自分じゃついていける訳がない』っていう事すら分からないくらいバカだから」
「俺なら自殺するな」

 それらの会話は、どれも、『ピーツに聞かせようとしている声音』というワケではなかった。
 ピーツは、別に、イジメられているわけではない。
 大学校に入れるくらい優秀な者なら、『他人をイジめても自分に益はない』という事くらいは理解できる。
 その場で多少はストレスを解消できるかもしれないが、最終的には『かつてイジメをしていた自分』を想いだして『後悔する事になる』と理解できるだけの頭がある。

 だから、率先して、クツを隠したり、水をぶっかけたり、などという事はしない。
 だが、『思っている事が口から出てしまう』ぐらいのことはある。

「いやいや、わざわざ自殺しなくても、やめればよくない?」
「いや、やめるのは、いろいろと、なかなか厳しいものがあるだろ」
「プライド的な理由で? あいつにそんなものないだろ」
「いや、そういうのじゃなくても、大学校をやめるのは勇気がいるぞ」
「あー、それもそうか……『大学校に入れる』ってなれば、家族も親戚も沸いただろうからなぁ」
「学費で、親が借金しているかもなぁ」
「となると、やっぱり、自殺だろ? 簡単だし。クイっと首をしめればいいだけ。それで楽になれる」
「提案してきてやったら? あいつ、たぶん、『自殺すれば楽になれる』って事も理解できていないだろうから」
「いや、それを理解する頭ぐらいはあるだろ。もし、それを理解することすらできないほどのバカなんだとしたら、話しかけたくねぇよ。変に近づいて、バカが移ったらどうする」

 などという会話を耳にしながら、ピーツは、

(あー、まー、この環境なら、自殺するかもなぁ……)

 などと考えていた。

(俺みたいに『自ら孤高を選んで生きている』って場合だと、ああいう『他者の声』に対して何も感じないけど、普通に生きているやつからすれば、まあまあキツいだろうなぁ……)

 そういう『普通の人間』として生きてきた『記憶』はないので、『自分の陰口を耳にした一般人』がどういう心理になるのか、デジタルには理解できないが、『閃壱番』も、人間の心を持っていないワケではないので、予想をつけるくらいはできる。

 サイヤ人でなくとも、ネクタイしめてお受験面接に挑むカカロットを見て『内心、絶対にイヤだろうなぁ』と、宇宙一の戦士の気持ちを感じとることはできる。





 ★

 フーマー大学校について。
 ・概要(読み飛ばし可)。

 フーマー大学校では、『~~年で卒業』などという目安はない。
 『難しい科目』であればあるほど、多くの単位を獲得でき、早く号(学位)が取れる。

 8年以内に120の単位を取れば、『学士』に、
 12年以内に350の単位(鬼試三つ以上合格を含む)を取れば『修士』に、
 15年以内に800の単位(龍試5つ以上合格を含む)を取れば『博士』になれる。

 『簡単に単位が取れるもの』は、かなり少なく、最高学位である『博士号』を取ろうと思うと、『バカみたいに難しい科目(鬼試)』や『死ぬほど難しい科目(龍試)』も履修しなければいけないため、よっぽどの才能がないと博士号はとれない。

 また、『基礎魔法実技Ⅰ』のように『簡単に履修できる科目』もあるにはあるが、
 その『簡単』というのは、あくまで比較の問題。

 『他の科目と比べれば簡単』というだけで、基礎魔法実技Ⅰは、
 ハッキリ言って『第一アルファで車(マニュアル)の免許を取る』よりも大分難しい。



 一科目で取れる単位は基本的に1単位で、ちょっと難しいものなら2単位もらえる。
 2単位もらえる科目はテストが難しいため、『学士』だけを目指す者は、基本的に履修しない(よっぽど得意な科目とかなら話は別。めちゃめちゃ剣が上手い者は、魔法の科目を捨てて、『応用剣術Ⅵ』などの難しい科目で単位を稼いだりする)。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    ww
    それは私自身も思いましたw
    何度か、「あれ? もしかして、私、無意識に自演してる?」と思いましたw

    0
  • ノベルバユーザー349819

    キャベツ太郎=祝百万部 説

    1
コメントを書く