『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

最終話 『ありがとう』

 最終話 『ありがとう』






 一瞬の静寂が訪れた。
 柔らかな風が吹いた。
 ソヨソヨと、センの髪が揺れた。
 雲が溶けていた。
 だから、空は驚くほど青かった。



「……神……」



 誰かがつぶやいた。
 言葉にせずはいられない。
 まばゆい後光を背負う、神の尊い姿を前にして、
 その場にいる『すべての者(シューリ以外。シューリだけは、誇らしそうにセンをみつめている)』が反射的に平伏の姿勢をとった。

 不全を排した最敬礼。
 絶対なる者を前にした。
 だからこその姿勢。

 自然と皆の目から涙が溢れた。
 止まらない。
 溢れて、溺れそうになる。
 嗚咽が聞こえた。
 何が何だか分からない。
 交感神経が異常なほど興奮して、
 過呼吸になりかける者もいた。

 そんな中、
 ――この上なく偉大な神は、

「――神の慈悲――」

 指をパチンと鳴らした。
 すると、柔らかな光が降り注いで、
 その場にいたすべての者の涙がピタリと止まった。
 乱れた心が、即座に修復される。
 驚くほど静かになる心。
 おだやかに、整っていく。

「「「「「「「あ……ぁあ……」」」」」」」

 魂すら再生可能な圧倒的な力。
 心をも真に満たす事が出来る究極の回復魔法。
 センの領域にまで辿り着いた者にしか使えない、無上の力。

「「「「「「……は……ぁ……」」」」」」

 ――センは、その場にいるすべての者を『満たす』と、



「強くなったな、お前ら」



 温かな声をかけられ、みな、思わず顔をあげ、神の顔を見てしまう。
 『許されてもいないのに、顔をあげるなど不敬だ』……と、即座に、かつ、本気で思うのだが、心を止める事ができなかった。

「頑張ったんだな。伝わってくる。お前たちの想い。お前たちの覚悟。……俺は、お前達を誇りに思う。そんなお前達を傷つけられたから、俺は辿りつけた。お前達を傷つけられた怒り、お前たちを傷つけた者をぶんなぐってやりたいという沸騰……それが、俺をここまで導いてくれた」

 いまだ究極超神化7を解いていない理由。
 それは、きちんと、皆に魅せたかったから。

 自慢したかったワケじゃない。
 それも、ないわけじゃないが、
 しかし、一番の理由は、やはり、


 ――ただ、理解してほしかった。
 自分が、この領域にまで辿りつけたのは『お前たちがいたからだ』と、理解させたかったから。



 ――神の言葉が、みなの心にしみこんでいく。
 流れこんでくる。

「想いだけじゃない。お前たちが強くなったことも、おそらく、俺が辿りつけた理由の一つだ。たぶんだけど、『魂の系譜に連なっている者が~~名以上、自力で壁を乗り越えて神に成る』ってのが、究極超神化7に届くための条件の一つだったんだろうと思う。お前たちが強くなった時、俺は確かに、俺の中での変化を感じた」

 神は、目を閉じて、胸に手を当てて、

「ありがとう。折れずに闘い続けてくれて。これまでずっと、世界の為に、頑張ってくれて。本当にありがとう」

 神の心が伝わってくる。
 神の想いが流れてくる。

「めんどくせぇけど……かったりぃけど……でかい組織のまとめ役なんて、ホントは、やりたかねぇけど……性格的に、ガチで向いてねぇけど……あと、結局、やっぱり、めんどくせぇけど……それでも、けど、やっぱり……」

 そこで、神は、太陽よりも眩しく笑い、

「俺は、お前達を愛しているから、これからも、ずっと、ココ(神帝陛下という地位)にい続けようと思っている。……いいよな?」

 その言葉に、この場にいる全員、貫かれたような顔で口をパクパクとさせる。
 全身が痺れている。
 神の言葉が耳を撫でるたび、体中に快感の電流が流れる。
 生きている意味が、『命』の意味が、100%を超えて理解出来た気がした。


「なんと、勿体ない……なんと……」


 誰かが言った。
 誰が言ったか分からない。
 みな、同じ事を思ったから。
 ブルブルと震えている。
 涙で前が見えない。
 拭っても、拭っても、溢れ出して止まらない涙を鬱陶しく思い、
 必死に心を絞めつけようとするが、それも叶わず、
 みなの顔は涙でグシャグシャになる。

「よくわかんねぇけど……どうやら、まだ、D型とかいう妙な『敵』が残っているっぽい。そいつは、必ず俺が殺す。絶対に、お前達を傷つけさせない……だから、これからも、安心して生きろ。輝く明日を信じて生きろ。どんな絶望が襲いかかってきても、必ず俺が殺してやる。忘れるな。いつだって、お前達の上には――俺がいる」

 神の言葉に、心が震え立つ。
 満たされすぎて、頭がおかしくなったようだった。
 全身の芯の奥から、全てが湧き上がる。
 瞳に活が入る。


 言葉にならなかった。
 謝辞を並べるべきなのだろうと理解はできた。
 けれど、何を言えばいいか、分からなかった。
 どれだけの美辞麗句を並べたところで、この気持ちを表現する事はできないと分かった。

 だから、みな、ただただ、あふれんばかりの決意をかきいだく。
 湧き上がってくる忠誠心が天元突破して、また、一瞬、クラっとした。
 主の威光に泥酔する。
 それだけではダメだと理解して持ち直す。

 そして、主の愛に応える方法を模索する。


 この日、ゼノリカは神を知った。
 遠い、遠い、遠い場所におられる、自分たちの『親』を知った。


 こうして、またゼノリカは進化する。
 神への忠誠心を新たにしたゼノリカは、加速度的に進化していく。
 もっと、もっと、果てなく進化し続ける。



 ……リラ・リラ・ゼノリカ……









【後書き】
ここまで、たくさんの人に読んでもらえて、本当にうれしかったです!
本当に、ありがとうございます!


……というわけで『究極超神化6が最強だった時代』の【旧センエース神話】は最終回を迎え、明日からは、【新センエース神話】がはじまります!

明日からはじまる新章も、どうかよろしくおねがいします!

終わらない! 終わらないぞぉおおお!


ちなみに、予告!
次話では、天上の面々が、D型の対策会議を開くようですw
その会議では、彼らが、現在、センエースに対して何を思っているかもわかるようですよぉ!

神の王の、神の王たるゆえんを目の当たりにしたゼノリカの天上。
彼・彼女たちは、何をおもい、何を語るのか……

たのしんでもらえたらいいなぁ(*´ω`*)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    力足らず、パワーアップキットにしかなれなかったP型。
    意味深な言葉だけを残し、結局、謎は謎のまま……
    はたして、センエースを強化するのが目的だったのか……
    それとも……


    『世界意思だったら、抜きんでた個は作らないんじゃないか』……なるほど、なかなか踏み込んだ考察ですねw
    はたして、ここから、物語はどう転がっていくのか……
    センエースの伝説は、まだまだ、ここから!!

    ここからの大冒険も、楽しんでもらえたらいいなぁw

    0
  • ノベルバユーザー351590

    うーん。P型は自分でも言っていましたけど、本当にただの(ゼノリカ用)パワーアップキットでしたね。ゼノリカ用でもないなぁ。ゼノリカに属する全員がパワーアップしたわけじゃないし。センエース用か…。
    真に歪な存在でしたね。ぽっと出なのに。この状況でセンエースを強化したいのは誰なんだろう。未来のセンエースか、世界の意思か。禁域で発生してるからどっちでも行けそうではあるんですけど…。完全個人的妄想ですが世界意思だったら抜きん出た個は作らないんじゃない…かなぁ…?
    それとも一人でも次のステージに的な…?
    ぐぬぬ…。
    正真正銘世界最強の真なる究極超神センエース未だ世界の謎に圧死させられそうですね。こわいこわい

    1
  • 祝百万部

    終わらないことを喜んでくださる方が、こんなにいるということに驚いています!
    ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます!
    これからも、がんばって、しっかりと続けていこうとおもいます!
    みなさん、本当にありがとう!!

    0
  • れいしゅふぃあ

    よかったぁ連載終わんなくて

    1
  • ノベルバユーザー177581

    良かった終わらないで!、頑張ってください楽しみにしてます!

    1
コメントをもっと見る / 書く