『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

96話 見えてきた。


 96話 見えてきた。


「しばらくは、指でなぞるだけで殺しまちゅ。これなら、オイちゃんから『武を学ぶこと』は出来まちぇんよねぇ。さて、オイちゃんと『まともに闘えるようになるまで』に、いったい、あんたは、何回死ぬんでちょうかねぇ」

 と、ニタニタ笑いながら、そう言いつつ、
 また、サクッとP型センエース1号を殺そうとするシューリ。
 しかし、その動きに合わせて、
 P型センエース1号は、

「――少し、分かった」

 そうつぶやいて、シューリのナメた攻撃を、
 柳のように、スっと回避してみせた。

「……っ」

 目を見開いて驚くシューリ。

 そんな彼女の反応を受けて、P型センエース1号は、
 ニっと、黒く笑い、

「……くく……分かってきたぞ。お前の武……」

「はぁ? 武なんて見せてないんでちゅけど」

「別に、丁寧な指導や、ド直球の武を体感しなくたって呼吸は盗める。お前の足運びや神気の運用をみるだけでも充分勉強になるんだよ」

「……」

「おそらく、今のお前は、『センエースとの稽古』をベースにして、『現状』をとらえているだろう。その認識は、不快だから、今すぐにあらためろ。あいつには才能がない。成長チートは、すべて、レベルを上げる事に特化していた。だが、俺は違う。俺の成長チートは、戦闘力を上げる事に特化している……だから、丁寧な手ほどきなんざ受けなくとも、『見る』だけでも充分に盗める……あえていおう。俺は本物より高性能な、真のセンエースなんだよ!」

「なるほど……どうやら、気合いを入れ直す必要があるみたいでちゅねぇ……」

 そこから、シューリは、なるべく『神髄』は見せないよう、
 しょうもない邪道や初見殺しを連発して、
 基本すら盗ませずに殺しつくそうと画策した。

 その動きは、本来の『正道』とはまったく違う横道だったが、
 しかし、それでも、ハンパじゃなく美しかった。

 この領域まできてしまうと、どうあがいてもブサイクではいられない。
 ただの移動でも美しく見えてしまう。
 どれだけ、手ぬかりなく手を抜いたとしても、
 そこには、洗練された美が薫る。

「俺は、お前よりも、まだまだ弱い! ただ、お前はあまりにも美し過ぎる! それが仇となる! お前という領域まで届くための道は、すでに見えた!」
「それは、勘違いというヤツでちゅよ。オイちゃんが立っているココは、そう簡単に届く場所ではありまちぇん」
「だろうな! お前は強く美しい! しかし、だからこそ、俺も輝く!」

 シューリの武は、見る者全てを魅了した。
 圧倒的な美。
 息をのむ高み。
 その場にいる誰もが呆けて、目を見開く。

 ――その途中で、カティが、つい、

「……美しい……」

 ボソっとそうつぶやいた。
 圧倒されている。
 神を見ている目。
 きらきらとした憧憬の目。

 ――今回の騒動で、カティも神の領域に至った。
 壁を超えて、強大な存在の一つとなった。
 だからこそ、より深く理解できる、シューリの美しさ。

 もちろん、『超神にもなっていないカティ』に『シューリの美しさの本質』が理解できるがずがない。
 だが、本質が分からずとも『とてつもなく美しい』という事くらいは分かる。
 カティは震えた。
 あまりに美しさに心が痙攣している。

 そして、その『震え』は、カティだけのモノではなかった。
 誰もが、シューリの美しさに魅了される。
 圧倒的な高み。
 知らなかった世界。
 狂ったように華やかな舞台。


 そんな世界で、P型センエース1号は、泥臭く、美しいシューリにくらいつく。
 みっともなく、かじりついて、必死に武を学んでいる。

 執念のこもったP型センエース1号の泥臭さは、
 シューリの美とはあまりにも対照的だった。
 薄汚れていて、ひどく醜い――が、しかし、

 だからこそ、掴める『解』というのもあって――


「……掴めてきたぞ、神闘……」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    確かに、力だけをみたら、勘違いしてもおかしくないかもw
    ただ、根本的に、『シューリという上司』に対して好感情をもっている人が少ないので、『シューリ』が『実は神帝陛下でした』という結果は『勘弁してほしい』――と思う割合の方が多いでしょうねw

    1
  • キャベツ太郎

    カティとか、センエース本人を見たことがない面々はシューリのことを神帝陛下だと勘違いしそうw

    2
コメントを書く