『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

93話 『全ての絶望』を絶望させるエンジン。


 93話 『全ての絶望』を絶望させるエンジン。

(シューリ以上のオーラを持つ未知のバケモノ……そ、そんなアホな……この世で、シューリより強い神は、センエースとソンキーだけ。それがこの世界の摂理……揺るがない真理……な、なのに……いったい、どういう……ん? この特異なオーラ……強い歪み……尖った逆霊気……)

 そこで、P1は、
 ハっとして、

(まさか、あの女、アポロギスかっ?!)

 理解に届く。

(ぁ、あまりに姿が変わり過ぎていて、わからなかった……てか、んなアホなっ……どうしてアポロギスが……センエースによって消滅させられたはず……)

 究極超邪神アポロギス。
 ケタ違いの存在値と圧倒的な戦闘力で、
 かつて、神々を震え上がらせた邪神の中の邪神。

(どうして、アポロギスが……ぃ、いや、理由はどうでもいい。今、考えても分からないことだし、理由が分かったからって、目の前の現実はどうにもならん……)

 本質に対して意識を向けようと、

(だ、大事なことは、これから、俺は、シューリとアポロギスの両方を飛ばさないと、ラスボスのセンエースまで届かないってこと……ひ、ひどすぎる……ムリゲーすぎるだろ……持つわけねぇ……)

 絶望した。

(なんでこんな事になる……まさか、一連の不明な事態は、ぜんぶ、アポロギスというイレギュラーが原因か? さ、最悪……どうして……ぁ、いや、違う! だから! 事態を嘆いたって解決はしねぇ! ……ど、どうにかしないと……この絶望……このピンチ……どうにかして……どうにか……どうにか……いや……どうにもならねぇ……こんな絶望……覆せねぇ……無理だ……あまりにも、不条理すぎる……)

 己の不運を嘆いた。
 絶望に包まれた。
 未来が真っ黒になる。
 目の前の全てが閉じていく。

 ――すると、





(ん? なんだ……ぉ、おお……っ)





 心が燃えた。
 魂が活性化する。
 全てが沸騰する。

 血が沸いて、芯が躍動する!
 果てなく膨れ上がっていく!

「すげぇ……こ、これほどの絶望下だってのに……湧き上がってくる! 勇気! 活力! 闘志! これがセンエース!」

 ドクンと脈打つたびに、意識がハッキリとしてくる。
 呼吸するだけで、全身が、黄金の炎で包まれたように感じる。
 『ここからが本番だ』『やってやる』――と、
 全身の『細胞すべて』が喚いている!

 密度を増した核が、鳴動しているのが分かる!


「ほんと、すっげぇな、センエースってのはよぉ! パメラノの言うとおりだ。俺は間違っていた。『センエースである』という事が、『無限転生』も『異常成長倍率』もかすむ、何よりのチートだ!」


 P型センエース1号は、前を向く。
 絶望を飲み込んで、
 より強大になっていく。

(相手は二人。単騎でも厄介な女神が二柱。絶望的。絶対的なピンチ)

 認識する。
 状況を整理する。
 『深き絶望』の認識・整理がすすむたびに、
 P型センエース1号のオーラは増していく!

(……つまり、ココこそが、俺のホーム!)

 心の底からそう思えた!
 全身にオーラを充満させて、
 P型センエース1号は叫ぶ!


「こえてやる! 全部! 全部! 全部! 折れてやらねぇ! 降りる気はねぇ! 全部、のりこえて、俺は、俺を超えていく! そして! 俺はセンエースになる!!」


 その叫びを受けて、

「極端に存在値が跳ねあがりまちたねぇ……なるほど、聞いていた通り。とんでもないチートスペック……けど、まあ……」

 突撃してきたP型センエース1号に、

「その程度だと、オイちゃんの相手はできまちぇんね」

 顔面カウンターをいれながら、シューリはボソっとそう言った。
 バキリとヘシ折れる音が空間を響かせた。
 けれど、

「ぐぬぅう! ――ま、負けるかぁああああ!」

 ヘシ折られた鼻の事などシカトして、
 P型センエース1号は、果敢に、シューリへと殴りかかる!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く