『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

90話 殺しきれない。


 90話 殺しきれない。


(クソが……結局、20回以上死んじまった……くそ、くそ、くそ……)


 心底から嘆いているP型センエース1号。
 目を閉じ、頭をかかえ、天を仰いで、深く長い溜息をつく。
 わかりやすい絶望。

(無意味なマイナス……もはや、こいつらが何十人いようと負ける事はないが……そのために払った対価が……あまりにも大きすぎる…………も、もうダメかもしれない……この程度のストックじゃあ……センエースどころか……シューリとの闘いに耐えることだって……厳しい……)


 絶望に沈んでいるP型センエース1号の向こうでは、
 ズタボロの姿で地に伏しているゼノリカの神々がいた。
 神に成った事で膨れ上がった存在値。
 超神化して、膨大に強化された力。

 ――だが、そんな神々の力も、P型センエース1号を『20数回殺すまで』が精々だった。
 ゼノリカの神々が弱いのではない。
 P型センエース1号のスペックが、あまりにも反則的すぎる。


 華開き、圧倒的な力を得たゼノリカの神々だったが、
 恐ろしく強くなってしまったP型センエース1号によって、
 結局、最後にはズタズタにされてしまった。


「な、何回……蘇れば……気がすむんじゃ……」
「まさか、本当に無限だなんて事は……ありませんよね……」

 ふいに、ゾメガと平がボソっとそうつぶやいた。
 全員の声を代弁した呟き。

 暗くなる空気。
 重くなる空間。

 そんな淀みを裂くように、ミシャが、

「仮に無限であっても関係ない……あのカスが、『ゼノリカに仇なす敵』である以上、私たちは、最後の最後まで抗い続けるのみ」

 そう宣言した。
 狂気的な宣誓。

 ――先が見えないこの絶望下でも、ミシャの目はまだ死んでいなかった。
 絶望を乗り越え、希望の光を得て、
 しかし、また『絶望の底に叩き落とされる』という、この無間地獄の中で、
 それでも、ミシャは諦めようとはしなかった。

 五聖命王の三人も、九華のメンツも、
 心に『当たり前の不安』は灯っているものの、
 しかし、誰一人、折れてはいない。

 その証拠に、


「つぅか、いい加減にしろ……それだけやられてんのに、なんで、まだ、心殺呪縛が通らねぇ。……ふざけんなよ、クソどもがぁ……」


 みな、まだ、かたく拳を握りしめている。
 全員、例外なくボロボロだが、
 立ち向かう意志だけは、いまだ、全身から、ほとばしっている。

「どんだけイラつかせれば気がすむんだ、このザコどもぉ……てめぇらカスの相手をしているヒマなんざないって、何度言わせんだぁあああああ!」

 叫ぶ、P型センエース1号に、
 ミシャは、

「誰も、貴様の言葉など聞いてはいないという事だ! 我々の相手をするのがイヤなら、蘇らずに死ねぇ!」

 いっさい、ひるまずに特攻をかました。
 そんなミシャの頭を掴み、

「いい加減、折れやがれぇええ! ウザすぎんだろ、てめぇえらああああ!」

 思いっきり地面に向けて投げつける。
 それを、ガシィイっと、全身で受け止める平熱マン。

 平熱マンの腕の中で、
 ミシャは、悔しそうに、

「く……そ……殺しきれない……」

 歯噛みして、

「私は、最後まで折れずに抗い続けるだろう……しかし、『力』が足りない! 殺しきれない! その事実に変わりはない! くそ、くそ! 自分の弱さが憎い!」

「あなたは弱くありません。あなたは、とてつもなく強い『自慢の家族』です」


 奥歯をかみしめながらそう呟いた平。
 と、その時、
 そんな平たちの背後から、



「情けないでちゅねぇ……ゼノリカの主力が揃いもそろって、『あんなザコ一匹』にボコボコにされて。……昔から、虫ケラの集まりでしかないとは思っていまちたけど、ここまで酷いとは思っていまちぇんでちた」



 突如出現したシューリの姿を見て、ミシャが、ボソっと、

「……さ、酒神……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    P1は実は、アダムの存在をしりません。
    その理由は……

    0
コメントを書く