『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

88話 ゼノリカの神々。


 88話 ゼノリカの神々。


 そこには、荘厳なオーラを纏った七人がいた。
 P型センエース1号という『莫大なキッカケ』を得て、
 圧倒的な絶望と言う洗礼を受けて、
 ついに、限界の壁を突破した神々しい姿。


 それを見て、P型センエース1号は、

「……ちょっと待て……それは……想定していない……ふざけるな……」

 ワナワナと震え、

「こ、ここで開く予定じゃなかった……お前らがひらくのは、もっと後……そのはずなのに……ど、どうなっている……俺は何を間違った……いや、間違ってなんかいない……ここまで……最善だったのに……どうして……なんで……こんな……」

 神気に包まれている九華は、
 華々しさなど微塵もない修羅の目でP1を睨みつけている。
 泥臭くて、暑苦しくて、熱気が鬱陶しい、ほとばしる気迫。
 重たい覚悟がにじみ出ている視線。

 その厄介な視線を受けて、
 P型センエース1号は、当然のように怯んだ。


(か、神の領域に至った者が……10柱以上……内、1柱は超神……)


 今のP型センエース1号の戦闘力ならば、
 『神となった天上の連中』が相手でも、
 『タイマン』なら、余裕で勝てる。

 3対1でも、まあ余裕。
 5対1になったとしても、
 楽勝ではないが、対処は可能。

 ――だが、

(ノーデスで処理……いや、絶対に無理! 流石に、『超神+神二桁』を同時に相手どって無傷は無理……な、何回死ぬ? ……何回ですませられる……ストックが……センエースと闘うためのストックが……)

 ブワァっと冷や汗を出すP型センエース1号。
 焦りが体を硬くする。


「く、くそったれがぁ!」


 ――死闘が始まった。
 九華の面々は己に出来る最善を尽くそうともがいた。
 そのあがきは、P型センエース1号にも届く。

「く、くそ! くそぁああ! ウザすぎんだろ、てめぇらぁあああ!」

 ゼノリカに属する者は、みな、『自分より強い者』を知っている。
 九華十傑は、五聖命王を知っている。
 五聖命王は、三至天帝を知っている。
 三至天帝は、神帝陛下を知っている。

 ゼノリカに属する者は、誰一人として『自分が最強』だとは思っていない。
 『最強ではない』という『自分の領域(ステージ)』を理解している。
 それが、いったいどういう事かと言えば、

「うぜぇえ! うぜぇええ! 削ってくんなぁ! やめろっつってんだろぉお!」

 誰しもが、『格上相手にも通ずる戦法』の一つや二つは持っているという事。
 磨いてきた『戦法』は、神に成った事で、数段上の次元に達した。
 今までは、『コストの問題で出来ない』という事が山ほどあった。
 だが、神になった今、
 オーラも魔力もケタ違いに増えたため、
 むしろ、出来ない事を探す方が大変になったくらい。

 パメラノとマリスが、P型センエース1号に極悪なデバフを積んでいく。
 異守と才藤と銃崎が、高次のバフを周囲に捲(ま)き散らす。
 平とバロールとカティは、盾(回避盾)役としてP型センエース1号を抑えこみ、
 アルキントゥとサトロワスはコンボ支援的な中火力担当。
 ジャミとゾメガは、周囲の援護を受けながら、交互に超高火力をぶちこむ。

 最高出力担当のミシャは中距離での固定砲台。
 P型センエース1号の、『動きが止まったところ』を静かに狙いうつ。

 五聖命王の三姉妹は、『才藤単体にバフを積む型』だとクソ微妙だが、三人が全員でバフサポートにまわると、凶悪な性能を発揮する。
 特にやばいのが、才藤。
 でかい剣をふりまわすだけが彼女の特技じゃない。
 彼女の最大の特徴は、その凶悪な『攻撃速度アップ効果』を自分以外の者に分け与えることができるバトンタッチ能力。

 才藤は、三秒ごとに、ミシャを加速させていく。
 才藤を止めない限り、ミシャの加速は止まらない。

(才藤うぜぇ……これだけ、盾役が、ガッツリと機能している状態だと、才藤を止める手段がねぇ。……み、ミシャの加速を止められない……の、飲まれる……また死ぬ……やべぇ、やべぇ、やべぇ……の、ノーデスどうこうなんて言っている余裕はねぇ! どうにかしねぇと! 最悪、マジで削り切られる!)

 完璧な連携で挑むレイド戦。

 P型センエース1号の身に降りかかる絶望は、まだまだ終わらない。
 むしろ、ここから、より加速していく。


 P型は死んだ。
 何度も死んだ。
 何度も何度も殺された。

 ――しかし、
 だから、

「調子に乗るなよ、センエースの御荷物どもがぁあ! ちょっと神種が開いたからって、その程度でぇえええ! この俺にぃい! センエースに勝てる訳ねぇだろぉおおお!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く