『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

87話 光り方は知っている。


 87話 光り方は知っている。

「……立ったからなんだってんだ。俺を殺せるか? 殺しつくせるか? できないだろ? 『立ちましたぁ』で終わりだろ? じゃあ、意味ねぇだろ? 『立ったねぇ、偉いねぇ』とでも言ってほしいのか? そうじゃねぇだろ? マジで意味ねぇんだよ。どうせ勝てねぇんだから、もう寝てろ」

 これは、命令というより懇願だった。
 ミシャの対応だけでも大変なので、『ちょっと、今回は勘弁してくれませんか』というお願いだった。

「ほんと、もう、いいかげんに……ん?」

 どうやら、P型センエース1号の不運は、まだ終わっていないようで、

 いまだ動けずにいる九華の面々のうち、
 唯一、神をよく知るパメラノが、

「どうせ勝てないから……だから、寝ていろと言われて……黙って寝ている者を……私は……ゼノリカに属する者だとは……認めん!」

 ギリギリと奥歯をかみしめて、必死に抵抗しようとしている。

「あの地獄の底で……誰よりも傷ついて、誰よりも苦しんで……なのに、立ちあがってくれた王の背中……ボロボロで、ズタズタで……なのに、心底頼もしかった、果てなく尊き神の背中を! 私だって! 鮮明に覚えておる!!」

 その抵抗は、形になってきていた。
 ビシビシと、見えない鎖にヒビが入る音が、P型センエース1号の耳には聞こえた。

(ほんと、ふざけるなよ……まさか、お前らまで……)

 不安は的中する。
 パメラノは、ついに立ちあがった。
 フラつきながら、それでも、自分の足で、そこに立つ。

 その横で、
 あの日、神に触れたバロールが、

「少しだけ……分かった気がする……これが絶望……どうしようもない巨悪を前に……ただ無様で、ただ惨めで……」

 砕けそうになるほど奥歯をかみしめて、

「痛くて、暗くて、重くて……何も見えなくて……ぁあ、覚悟が足りていなかった……理解が足りていなかった。私は、何も分かっていなかった……私は……私はぁああ!! うぁあああああああああああああ!!」


 心の熱を原動力にして立ちあがる。
 自分に対する憤怒と、心に神を抱いているという自負が、バロールを動かした。
 バロールの叫びに呼応して、

 九華の面々が、次々に立ち上がる。
 誰の目にも、光が宿っている。
 絶望を前に、だからこそ強く輝く。


 ここに、カスは一人もいない。
 誰もが、ひたすらに積んできた者たち。
 わずかも弛まず、必死に積み上げてきた者達。
 センエースの意思を継ぐという、何より重たい覚悟を決めた者達。


 つまりは、光り方を知っている者達。


 センエースの意思を正しく継いだ『ミシャンド/ラ』という光を背負い、
 どうしようもない巨悪という絶望を前に、
 だから!

 ――バロールとマリスとサトロワスが、


「「「私はヒーローじゃない」」」


 ――テリーヌとカティが、


「「それでも、」」


 ――サトロワスとパメラノが、


「「叫び続ける勇気を……」」


 吐きだした水素イオンが世界に溶けていく。
 空は少し濁った青で、雲は少し銀で、



「「「「「「「ぶっ壊れて、歪んで、腐って、けれど、わずかに……でも確実に残っている、この想いのカケラを! 集めて! 最後の最後まで! 抗ってやる!!」」」」」」



 目の前に全部を並べて、揃えて、
 そして、だから、
 九華の者達は、叫ぶ。





「「「「「「「ヒーロー見参!!!」」」」」」」





 結集する。
 覚悟と想いの結晶。
 理解が、現実に届いて、
 心魄の象(かたち)が変わっていく。


 パァァァっと、何かが開く音が、
 確かに聞こえた!


 命の弱さを飲み込んで、
 絶望を糧にして、
 倣(なら)った想いが、結合して、収束する。


 そして、ついに花開く!!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    早く0時になれw!

    2
  • 祝百万部

    すごくうれしい感想、ありがとうございます!
    キャベツ太郎さん、いつも読んでくださって、ありがとうございます!
    おもしろいと言っていただけるのは、何よりの力になります!

    アスラ・イザナギさん、この作品を好きになってくださってありがとうございます!
    引きは大事にしているつもりなので、『毎回いい所で更新待ち』と言っていただけたこと、ほんとうにうれしい!

    ご期待を裏切らないよう、
    これからも、まだまだがんばりますよー!

    2
  • アスラ-イザナギ

    あぁぁぁ!!!熱中して読み耽ってしまったおかげで毎回良いとこで更新待ちぃぃい!!!w
    この作品大好きです!ありがとうございます!

    2
  • ノベルバユーザー334677

    P型の強さやそれにより起こる展開にハラハラしますが、胸の中に根付いた「全てを照らす光」があるので何も怖くありません。
    ですが、今彼は絶賛演技派俳優もびっくりの「究極超演技」をされていますからね、これも扉を開くためです。作者さんいつもお疲れ様です。これからも楽しみにしております

    2
  • キャベツ太郎

    すげぇw
    くそおもしろい

    2
コメントを書く