『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

81話 リミッター解除。


 81話 リミッター解除。


 爆発的にオーラを上昇させたミシャ。
 それを見たP型センエース1号は、
 もう一度、めんどうくさそうに溜息をついて、


「リミッターの外し方を覚えたか。はいはい、すごい、すごい」


 なおざりの拍手をしてから、

「けど、俺だって出来るんだよ、その程度のちょっとした強化技は」

 言ってから、全身にオーラと魔力を充満させていく。
 その後、ガッっと一気に存在値を上げる。

 『かなりの無理を体に強いる技なので、短時間しか使用できない』という、
 ぶっちゃけ、あまりコスパのよろしくない技。
 上位の覚醒技を覚えるとリストラされる微妙強化系。

「ミシャンド/ラ。……ちょっとした端役(はやく)でしかないくせに、主役を気取って、一丁前の顔すんな。主役は既に、ここにいる。脇役は黙って寝てろ。不快だ」

 言葉と覇気で、ミシャを折ろうとするP型センエース1号。
 なんだか、もはや、意地になってきていた。
 『力』ではなく『己の存在だけ』で、ミシャを砕こうとしている。
 そうでなければ『意味がない』とすら思い始めている。

 ミシャを折ろうと、必死に覇気を練るP型センエース1号。
 ――だが、

「私はゼノリカを支える三至天帝の一柱、邪幻至天帝ミシャンド/ラ! 貴様如きに砕かれるほどヤワじゃない!」

 そう叫んで、ミシャは、
 全身に溜めたオーラと魔力を、
 その両手に集中させる。
 掲げた両手に想いを込めて、
 そして、

「――閃光斜影のキルクルス――」

 尋常ではなく重たい魂魄を乗せた強大な一撃を放った。
 深き死の電流をまとった極邪の波動がP1を襲う。
 強大なエネルギーの奔流。
 己の『天極邪気』を限界以上に昇華させた、渾身の一撃。

 それを受けたP1は、

「ぬっ……げっ……ぐぅう――」

 思わず呻き声をあげてしまった。
 昇華されたミシャの邪は、P型センエース1号の魂魄に『歪んだ傷』をつける。
 P1の体表で、死の電流がバチバチと音をたてた。
 直後、P1の全身を襲う重度の倦怠感――

「ちぃ……余力を全部ぶつけてきたか……俺はゴミ箱じゃねぇっての……」

 気力を減らさぬよう、テキトーな事を口走ってから、

「つぅか、どいつもこいつも、聞いてねぇ自己紹介しやがって……ウザすぎるぜ……てか、なんだ、これ。どういうデバフだ……知らんぞ、こんな技……ぁあ、重てぇ……暗ぇ……これは……まさか、お前の闇……お前が背負ってきた重荷か……」

 ミシャンド/ラは、『産まれただけ』で『多くの命』を奪った。
 産声を上げただけで、邪神と呼ばれた。
 神々からも忌み嫌われ、
 全ての命から拒絶された。

 そんな彼女が背負っている荷物。
 1ミリも冗談ではすまない命のハンデ。

「気持ちの悪いもん、ぶつけてきやがって……ほんとうに、お前は嫌がらせの達人だな」

 その一部を押しつけられたP型センエースは、心底から不愉快そうに、
 精気を集中させて、払いのけようとする。
 そんなP型センエースの姿を見て、
 ミシャは言う。


「その重荷、セン様は背負ってくれたぞ……私ごとおぶってくれたんだ……その果てなき尊さで、私の邪を丸ごと飲み込んでくれた。わかるか、その覚悟が……貴様ごときに……わかるか……っ」


「知るかよ。どうでもいい……お前の面倒を背負ったら偉いのか? そうじゃねぇだろ。つぅか、お前、なに自慢げに『自分がいかにセンエースの御荷物か』を熱弁してんだ。バカじゃねぇの?」


 そこで、P型センエース1号は、目に込めた力を強くして、

「俺は、お前の面倒を背負っていない……だから、その分、俺はセンエースよりも軽い。重りがないぶん、はやく動ける。それだけなんだよ」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    お願いします!!
    やっぱり、自分は辛抱強く無いので貯蓄する案は取り止めますw

    2
  • 祝百万部

    名言と言っていただけたこと、すごくうれしいです!
    いつも、いつも、ほんとうにありがとう!!

    この作品を読むために人生生きているとまで言われてしまうと、
    これは、もう、いっさい手がぬけませんねw
    いままでも、別に手を抜いていたわけではありませんが、より気がひきしまりました!

    この先も、「楽しい作品だ」と思い続けてもらえるよう、まだまだ、まだまだがんばりますよーw

    1
コメントを書く