『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

71話 五聖命王の登場。


 71話 五聖命王の登場。


「そんな事は……分かっている。私は、聖典を何度も読んでいる。おそらく、この中では、私が最も聖典を読み込んでいるだろう」

 実は英雄譚好きなバロールは、聖典を100回以上読み返している。

「だから、特徴が似ているのは最初から知っていた。だが、やつは神帝陛下ではない。神帝陛下は……大きいんだ。その尊さは、大きな光……深く、頼もしく、慈愛にあふれている……神帝陛下は……あんなカスじゃねぇ。アレを神帝陛下と見間違うなんて……そんなことは……許されない不敬だ」

 そこで、テリーヌが、

「サトロワス」

 サトロワスに声をかけた。
 あえて、何も言わず名前だけを呼ぶ。

 すると、サトロワスは、黙って頷いて、

「混乱してしまったようだ……まあ、本物のワケがないよねぇ、うん……世界を照らしてくれた『大いなる光』が、我々に危害を加えるはずがない……いや、うん、すまなかった」

「謝罪よりも対策が必要。ジャミがやられた……我々では勝てない。どうにかしないと」

 と、そこで、パメラノが、

「……既に天は動かれた。天は、こたびの件を非常に重くとらえておられる」

 ボソっとそうつぶやいた。

 全員の視線がパメラノにうつる。

「情けない話じゃが……あとは任せるしかなさそうじゃ……情けない……己の無力が、本当に情けない……ピンチになるたび、上に泣きつくしかない、わが身の弱さが……憎い……」

 ワナワナと震えて、ボソボソとそう言うパメラノ。

 その直後、
 その場にいた者達は、『高み』の気配を感じ取る。
 選ばれし力を持った、天に座す王の気配。

 ――五聖命王が来る。



 ★



 Jジャミをノーデスで倒したP1は、自身の力に歓喜しながら、心の中でつぶやく。

(いける……この調子なら、五聖命王と三至も、ほとんど命ストックを消費せずに倒す事ができる……勝てる……いや、勝つ! そして、俺は本物のセンエースに――)


 P1が、未来を思い描いていると、
 そこで、
 背後から、



「どうやら、ジャミでも殺し切れなかったようね」
「やべぇな……じゃあ、わたしらでも無理じゃね?」
「三人でかかれば、一回か二回は殺せるかもっ☆ でも、あと一・二回の殺戮で死んでくれるかなぁ……」



 超越者が出現した。
 事前にジャミから連絡を受けていた五聖命王の三姉妹。

 銃崎心理。
 才藤麗理。
 異守界理。

 圧倒的才覚を有する超天才の三姉妹は、
 オーラを練りながら現れて、
 P型センエース1号を睨みつけながら、

「闘う前から『倒せるか、倒せないか』の心配は無意味よ。とりあえず、殺してみて、殺しきれそうになかったら、またその時考える事にしましょう」
「めんどくせぇなぁ。だりぃなぁ。うぜぇなぁ……まあ、それ以上にムカつくから、引きはしねぇけど」
「……九華が全滅して、あたしたちまで出ているのに、絶望感たっぷりっ。すごい状況だねっ☆」

 登場した三姉妹を見て、
 P型センエース1号は、

(ベストタイミングだ。すべて完璧。ここまで、フルで最善ルート)

 ニィっと笑いながら、戦闘態勢をとる。
 Jジャミと闘った直後ではあるが、オーラも魔力も、まだまだ充分に残っている。

(こいつらもノーデスで超えてやる……そして、命ストックMAXの状態で、センエースに挑んでやる! そうすれば、可能性はある!)

 気合い充分のP型センエース1号を睨みつけながら、
 三姉妹は、ゆっくりと両手を合わせて合掌。
 そして、神に祈る。
 胸に抱いている『偉大なる神の王((センエース))』を想いながら、
 心を整えて、


「「「……神化……」」」




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    御大層なモットー自体は気づけなかったですが、予想ができず、期待を裏切られたことは無いのでモットーを遵守出来てると感じます。

    2
  • 祝百万部

    『予想は裏切れ、期待は裏切るな』をモットーに書いているので、
    先が読めないというお言葉は、すごくうれしい!

    これからも、少しでも楽しんでもらえるよう、がんばりますよー!

    1
コメントを書く