『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

70話 ノーデス!


 70話 ノーデス!


「耐えてやる! テメェ(Jジャミ)をノーデスで乗り越えれば、俺は、もう一つ上のステージにいける!!」


 ギリギリのせめぎ合い。
 漏れたエネルギーの電流が、黒くはじけてほとばしる、物騒な戦場。

 高みに達した武のぶつかり合いは――

 ――結局、

「が……ぁ……」

 ジェノサイドタイムが終了し、
 ジャミは元の姿に戻り、地面にへたりこんだ。
 心が折れたワケではなく、足が完全に動かなくなってしまった。

 意志力ではどうにも出来ない、実質的な体力の限界。

「はぁ……はぁ、はぁ……くそ……ジェノサイドタイムを使ったのに……一度も……」

「……殺せなかったな。くく……『本番のジェノサイドタイム』で一度も死ななかったから、『俺』VS『お前』の闘いは完全に俺の勝利って事でいいな」

「ぐぅ……うぅう……」

 屈辱にまみれ、口から血を流すジャミ。
 回復チートのおかげで、すぐに血は止まるが、また、すぐに流れてくる。

(やった、やったぞ……乗り切った……Jジャミとの闘いで、一度も死ななかった。……凄まじいハイペースできている……ここまでは、最善中の最善……いけるかもしれねぇ……センエースを……奪えるかもしれない……)

 歓喜に震えているP型センエース1号の向こう側で、
 『へたりこんだジャミの背中』をみたゼノリカの面々は、シーンと静まり返っていた。


「う……そ、だろ……ジェノサイドタイムを使ったジャミまで……負けた」


 バロールがボソっとそうつぶやく。
 ジャミが辿り着いた世界の遠さを、この場にいる全員が理解している。

 ジャミは遠い場所に辿り着いた。
 今の九華ではどうしようもない、高みの高み。

 そんな高みに達したジャミが、
 切札の変身技まで使ったというのに、
 P型センエースには、あっさりと負けてしまった。

 その絶望は、黒く、広く、深く、ゼノリカの面々を覆い尽していく。

「な、なんなんだよ、あいつ……」

 ワナワナと震えているバロール。
 そんなバロールに同調するように、カティが、

「なんなの、あいつ! ありえなくない?! あんな速度で強くなるヤツなんて、いてたまるかぁああ!」

 叫ぶカティの向こうで、サトロワスが、苦虫をかみつぶしたような顔で、

「まさか、あの者は……本当に……神帝陛下……?」

 その発言に、バロールが激昂して、

「おいぃい! サトロワス! お前、自分が何を言っているのか分かっているのか! 神帝陛下が、われわれに攻撃などするはずがないだろぉおお!」


「だが、あの強さ、あの成長速度……そして、無限転生というスキル……あれは、まさしく、聖典で読んだ神の……」

「似たような力を持っていたら全員神帝陛下か?! お花畑な脳味噌しやがってぇ!!」

 そこで、テリーヌが、バロールの頭をガツンと殴りつけて、

「落ちつけ、バカ野郎!!」
「アアァアアアン?!」

 そこで、テリーヌは、しっかりとバロールの頬を、
 バチンッ!
 と、しばきあげて、

「本当に……落ちつけ……」

 まっすぐに目を見てそう言った。
 真摯なその瞳に、
 バロールは思わず息をのむ。

「……っ」

 気圧されて黙るバロールに、テリーヌは言う。

「世界の安寧のために尽力してきた我々に危害を加えるなど……神帝陛下とは思えない行動だ。私も、あんたと同じで、あのガキのことを神帝陛下だとは思わない。しかし、事実として、聖典に書かれていた神の特徴を有している。その事実を認めずにただ騒いでも、何一つ前には進めない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    頑なに認めなかったサトロワスがP型をセンと認め、まさかのテリーヌが一番まともなことを言うとは…
    やっぱり話が全然読めないw
    先が掴めない

    4
コメントを書く