『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

69話 Jタイム!


 69話 Jタイム!


 『殺しても一日で蘇る、存在値1000を超えているバケモノ』×10000体との5年にもわたる激闘。

(……き、気を抜けば折れてしまいそうになる『この目眩がするほどの絶望』の中……たった御一人で……全部を背負って……)

 グっと奥歯をかみしめるジャミ。

 『あの謁見の場』で、ジャミは、神の大きさを知った。
 『あの大会』で、ジャミは、神に触れて、その無上なる尊さを知った。

 そして、今、ジャミは、また、神を理解する。

 だから!!

「私は、栄えあるゼノリカの天上! 九華十傑の第一席。ジャミ・ラストローズ・B・アトラー! 神を知る者として……ここで折れる訳にはいかないんだ!」

 飛び出す。
 最善に届く『次の一手』は決まっていない。
 しかし、そんなことは関係ない!
 ここで動けないヤツが、ゼノリカを名乗る資格なし!

「――誰もお前に『自己紹介しろ』とは言ってねぇ」

 飛び出したジャミに、P1は、

「ぐぅううっ!」

 重たいカウンターを入れた。

「叫んで突っ込んで……そういう、無意味な自棄はいらねぇ。そんなもんを処理したところで成長はできねぇ。ちゃんと考えて攻撃を――」

「――達した――」

「あん?」

「今ので……貴様が私に与えたダメージは、合計で、MAXHPの2000%に達した」

「……ふぅん。で?」

「全ての条件が満たされた。ここからが本番だ!」

(……なんだ……ダメージ計算できていたのか……ほとばしる興奮に身を任せたように見せて、頭の奥では冷静だった……うん……やっぱり、こいつは別格だ)

 心の中でボソっとそんな事をつぶやいたP1の目の前で、
 ジャミは全身に力をいれて叫ぶ!


「ジェノサイドタイムッ!」


 そう叫ぶと、ジャミの体がメキメキと音をたてて膨らんでいく。
 全てのスペック・耐性が劇的に上昇し、火力も爆発的に上昇する、ジャミの切札。
 ぶっちゃけ、バロールが使った黒猿の上位互換!

 ――『最善かどうかの検算』は済んでいないが、手がないワケじゃない!
 ジャミが、これまでの人生で積んできたものは、そこまでちっぽけじゃない!

 出来る事はすべてやる!

 魔を体現する禍々しい姿となった『ジェノ・ジャミ』は、

「……殺しつくしてやる……オレの前で神を騙った事、ぜったいに後悔させてやる!!」

 荒々しくそう叫び、瞬間移動で距離を詰める。

 加速した暴力の嵐。
 その渦中で、P1は、

(ジェノサイドモード。存在値がグンと上がって、火力の重さが増す。その形態の事も、当然、知ってはいた――が……しかし、データよりも大幅にパワーアップしているな……ははっ……つまり、想定より最善ってこと……っ!)

 冷静に、過不足なく、ただただ適切に、Jジャミの処理を進める。

「神を騙るクズがぁ! 死ね! 死ねぇえ! 死に尽くせぇえええええ!」

 暴れ猛るジャミを、闘牛士のようにいなし、かわし、カウンターをいれながら、

「……見えてきたぞ……お前の武の限界……掴めてきたぞ……呼吸も、テンポも……」

 相手が強ければ、その分だけ強くなる。
 反則的な成長チート。

 Jジャミの強さは、ケタ違いだった。
 ステータス的には、Jジャミの方が遥かに上。
 だが、


「いける! いけるぞ! ノーデスで行ける!」

「ナメてんじゃねぇええええ! ガキがぁああああ!」


 Jジャミは、P1を削り切ろうと怒涛の『詰め』を行った。
 しかし、

「耐えてやる! テメェ(Jジャミ)をノーデスで乗り越えれば、俺は、もう一つ上のステージにいける!!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    いやぁ、ジャミ先輩頑張りますね~♪
    まぁ、十中八九勝てないんですが…
    ジャミ好きなんでワンチャンあってほしいですw

    2
コメントを書く