『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

65話 『無限転生・改』の脅威。


 65話 『無限転生・改』の脅威。

「意味がわかんねぇって? そりゃそうだ。わからせようとは思ってねぇ。説明する気もねぇ。勝手に想像してろ。そして、間違ってろ。その方がこっちとしては都合がいい。……なんてな。ウソ、ウソ。間違った解釈をされたからって、こっちに都合がよくなる事なんて特にない……っていうのもウソだったり、なんだったり、しちゃったり?」

 P型センエース1号の言葉は、あまりにもフワフワとしすぎていて、ジャミは混乱するばかり。

(精神の撹乱(かくらん)を狙って戯言をほざいているだけか……それとも、何か深い意味があるのか……)

「まあ、とりあえず、お前が、絶対に知っておかなければいけない事は、現状だと一つぐらい。――『神の力を持っているジャミ・ラストローズ・B・アトラー様』が颯爽と登場したからって、『俺という脅威は終わらない』ってこと。それだけだ」

 言いながら、P型センエース1号は、
 神の領域に至った体をならすように、ググっとストレッチをする。

 急激に上昇した存在値にさっさと慣れようと、全力でアップをしながら、

「さぁて、ガキの冗談は、ここまでにして、そろそろ、ガチの戦闘をはじめようや。カミカゼアタックは使ってくれるなよ。『気弾を当てたら終わり』なんていう、クソしょうもないお遊戯技を使われたら興ざめもいいところだ」

「……さっきからずっと、ワケの分からない事ばかり並べ立てて……いったい、なんなんだ、お前は」

「聞きたいってんなら、何度でも自己紹介してやるよ。耳をかっぽじれ」

 P1は、息を吸って、優雅に武を構えて、

「俺は、P型センエース1号。――究極超神の序列一位。神界の深層を統べる暴君にして、運命を調律する神威の桜華。舞い散る閃光センエース……になる男だ!」


「いい加減にしろ……貴様ごときが……神を騙るなぁああ!」

 神気を練り上げて、ジャミはP1との距離をつめる。
 昂ったエネルギーが、そのままP1に直撃!

「ぐぼぉお!」

「この程度も避けられない者が! 神を名乗るなぁああ! 不快だぁあああ!」

 ジャミの猛攻は止まらない。
 拳に神気を込めて、P1の全てをボコボコにする。
 あっさりと絶命するP1。

「無駄だぁあ! 何度でも殺してやる!!」

 蘇るが、その場で、惨殺されるP1。

 二度、三度と、殺され、蘇り、そしてまた殺される。

 懲りずに復活してくるP1に、ジャミは言い切る。

「終わるまで付き合ってやる! 最後まで殺し切ってやるぞ! 覚悟しろ! クズ野郎ぉおおお!」

 ジャミは止まらない。
 蘇るたびに『殺しづらくなってくるP1』を、それでも真摯に殺し続ける。


「確かにステータスは、神の領域に達している! 戦闘力も尋常ではない! だが、貴様は私よりも下だぁ! 必ず殺し切る! 神の名を騙った罪を! 私は必ず精算させる!!」


 まったく衰えを見せないジャミの猛攻を受け続けながら、
 P1が、

「は、ははっ……強ぇ、強ぇ。天才だな、ジャミ。お前の武は九華の中で、ぶっちぎっている」

 ボコボコにされていながら、
 しかし、ニっと笑って、

「だが、おかげで、俺は加速度的に強くなれる」

 強がりではなかった。
 事実、P型センエース1号は、ジャミとの戦闘で、異常なまでに強くなれた。

「ジャミ……お前が言うとおり、俺はまだまだ、『舞い散る閃光』には成り切れてねぇ。だから、頼むぜ、ジャミ……俺が『次のステージ』へと辿り着く前に、精魂つきはててくれるなよ」

 必死になってジャミにくらいついていくP型センエース1号。
 殺される!
 また殺される!
 何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、殺される!

 ――だが、P型センエース1号は止まらない。
 何度でも蘇り、ジャミに挑み続ける!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 祝百万部

    ジャミも、一応は、『あきらめない精神』をもっていますからねw
    簡単にはやられないようです!

    しかし、さすがに、そろそろ限界のよう……

    3
  • キャベツ太郎

    あれ、?ジャミ先輩まだ粘るの?今回で圧倒されるつもりで見てたんだけど…
    まぁ、ジャミ先輩はそれほど強いってこったなー♪

    10
コメントを書く