『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

61話 銀河なドーナツ。


 61話 銀河なドーナツ。

 バロールの変身スキル『星典黒猿』は、極端に攻撃力が上がるが、そのかわり、一定以上のダメージを受けると強制解除となり、かつ、強制解除になるとしばらく動けなくなるというデメリットがある。

 指一本動かす事ができなくなったバロールを見下して、
 P1は言う。

「俺のいかれた成長速度の秘密を、少しだけ教えてやろうか?」

 ニっと、悪者らしい笑顔を浮かべて、

「俺がこれほどまでの速度で強くなれた最大の理由は『お前らが圧倒的に強いから』だ。誇っていいぜ、九華十傑。さすがは、スーパーエリート集団の中の超天才連中。おかげで、現闘は、だいたいマスターできた。というわけで、そろそろお前らは用なしだ……」

 そこから、P1は、ギアを上げて、九華の排除にのりだした。
 バロールは既に終わっている。
 パメラノとカティもだいぶ疲弊しており、
 他のメンツも、既に、ここまでの闘いで、かなり出しつくしてしまった感がある。
 ここからは、もう、差が開いていく一方。
 この差が縮まる事は、ありえない。


「まだ、諦めずに抵抗しようっていう、その意志だけは認めてやるよ! 確定で無駄だが、バカにはしねぇ! 俺は安い悪役じゃないんでね!」


 すでに、P1の強さは、バロールたちを置き去りにしている。
 それでも、九華の面々は、必死に闘った。
 折れずに、逃げずに、揺るがずに、徹底的に抗戦した。

 だが、現実問題、もはや九華が、P1に勝つ手は一つもない。
 ボコボコにされ、呻き声をあげている九華の面々に向かって、P1は言い放つ。

「どうだ! 絶望するだろ! これがセンエースの力ぁ! 『全ての絶望』を絶望させた『無敵のチートを持つ最強神の力』だぁあ!」

 P1の叫びが世界を震わせた、
 その時!





「神を騙るには、あまりにも力不足だと言わざるをえない」





 P1の目の前に、その男は現れた。
 強大なオーラに包まれた超イケメン。
 若くして、神の領域に足を踏み入れた超天才。
 九華十傑の第十席ジャミ・ラストローズ・B・アトラー。

 ――ジャミは、P1を睨みつけながら、静かに言う。


「貴様など、神の足下にも及ばない」


 よどみのない発言。
 美しい声音。
 声までイケメンというチートっぷり。

 そんなジャミの発言を、P1は、

「ああ、今はな」

 肯定した。
 頷いて、受け入れる。

「――だが、すぐに追いつく」

 P1は、強い目でジャミを睨み返し、

「神の領域に片足を突っ込んでいるお前を飛ばせば、俺は、今よりももっと高く飛べる」

 ジャミを前にしていながら、気合十分のP1。
 そんなP1に、
 ――ジャミは言う。

「お前の対処方はもう分かっている」

「あん?」

「――『殺せない』・『封印できない』・『強くなり続ける』……ああ、面倒だな。しかし、止める方法などいくらでもある。簡単な話だ」

 そう言って、ジャミは、両手にオーラのリングを出現させて、

「これに、封印属性はついていない。なぜなら、『オーラでつくったリング』でしかないから」

「……ああ、みたいだな。それで?」

「それでもクソもない。これで終わりだ」

 そう言って、ジャミは、そのリングをP1に向かって投げつけた。

 オーラのリングは、P1におそいかかると、
 そのままガシっとP1の体にはまって、ギュっとしまる。


 光のリングに拘束されている自分の姿をみたP1は、

「はははははははっ!」

 まず、大声で笑ってから、

「ギャラ○ティカドーナツかよ! 笑わせてくれるぜ! こんな稀代のギャグ技を使ってくるとはなぁ!」

「何を言っているかわからないが、お前を理解する気などないので構わない」

 言いながら、ジャミは、さらに複数のリングを用意する。
 全部で十個以上のリングでP型センエース1号を拘束するジャミ。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    やっぱそう簡単には勝たせてくれませんよね♪まぁ、そこが面白いんですけどw

    4
  • 祝百万部

    P型が主役の物語……
    新しいっちゃ新しいですねw
    いやいや……

    しかし、けれど、まあ、さて、ここから、どうなるのか!

    ジャミの天才ぶりに世界が震撼する予感!
    なんなら、ジャミがそのまま勝っちゃうか?!

    2
  • キャベツ太郎

    やっぱさすが九華の中でも超天才のジャミ先輩だわ。マジ尊敬するわ。一瞬で敵の対処方法を思い付くなんて。戦闘力だけじゃなく頭脳まで、天才なんだー。




















    P『で?』

    3
コメントを書く