『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 『レミングウェイ・カティ』VS『P型センエース1号』


 55話 『レミングウェイ・カティ』VS『P型センエース1号』


「……大量のオーラと魔力を喰うであろう自動蘇生スキルがすでに20回以上発動していながら、ペースがまったく衰えず……どころか、発動するたびに強くなる? そんなふざけたスキルがあっていいのか……まったく……」



 苦々しい顔つきでそう呟いたカティを睨みつけて、
 P型センエース1号は、

「九華の第九席レミングウェイ・カティ……火力はハンパないが、紙装甲の回避タンク型。最初に対処したかった相手……ここまでの流れは完璧。どうやら、俺は『本物』と違って、かなり『運』もいいらしい。この調子だと、最速で『最果て』に辿りつけるかもなぁ……」

 ブツブツと意味不明な事を言っている。

 そんなP型センエース1号の前で、カティは、オーラを練り直す。

「……無限に蘇生できるわけがない……すでに20回も殺しているのなら、流石にそろそろ尽きるはず……今は、燃え尽きる前の輝き……そのはず……」

 常識を並べていくカティ。
 その間に整っていく気血。
 カティは、

「とりあえず、10回殺す……足りなければ、100回殺す……それだけの話」

 そう呟いてから飛び出した。
 両腕にオーラをぶちこんで、P型センエースをボコボコにしようとする。
 だが、

「さっきお前に殺されたのは、死角からの不意打ちがキレイに決まりすぎたから、それだけだ……無駄に粘ってきたUV6に大分疲弊させられてもいたしなぁ……ハッキリ言うが、ジャミ以外の九華じゃ、今の俺は、そう簡単には殺せねぇよ」

「ぐぶっ!」

 つっこんできたカティに膝でカウンターを入れて、そのままの勢いで、

「お前の武は、すでに死をもって体感した……」

 カティの顔面に右の拳を叩きこむ。
 強大な一撃。
 相当のパワー。

「ぐぁあ!」

 吹っ飛ばされるカティ。
 空中で停止し、
 右手の甲で口元をぬぐう。

 血が出ていた。
 真っ赤な血。
 それを見て、カティは、ギリっと奥歯をかんだ。

「……くそったれ……自動蘇生スキルが面倒なだけじゃなく、普通に強いじゃないか……」

 悲痛の声をもらしたカティに、P型センエース1号は言う。

「九華の第九席レミングウェイ・カティ。正直、もう、お前だけじゃモノたりねぇ。さっさと潰して、九華のオカワリをもらう」

 言ってから、心の中で、

(……もう、ある程度の強さまできた。ここからは巻きでいかせてもらう。なんせ、『タイムリミットは、あと二時間ほど(センの一次試験における拘束時間)』しかないんでなぁ……のんびりと遊んでいるヒマはねぇんだわ)

 そこから、豪速。
 P型センエース1号は、迷いのない踏み込みで、カティを制圧していく。
 カティも、最初は、それなりに対処できていたが、しかし、次第においつかなくなる。
 闘えば闘うほど強くなる、P型センエース1号という、この異常。

 ほんの数分の戦闘で、P1は、カティの目ではとらえきれない速度で空間を駆けるようになった。

「くっ――」

 P1の刺突を、カティは、なんとか回避した――
 が、その直後!
 P1が剣を捨て、両手をカティに向けて叫ぶ!

「異次元砲!!」


「っ、ぃ、異次元砲っっ!!」


 なんとか反応できたカティも、異次元砲を放った。
 互いに異次元砲を撃ちあって、その特殊エネルギーを相殺する。


 異次元砲を相殺されたのを確認したP1は、舌打ちをして、

(ちっ、まだ貫けねぇか。……『貫通属性だぁ』っつってんのに、同ランクで撃ちあうと相殺するってのが、異次元砲のダルいところだよなぁ)

 異次元砲は、無属性かつ貫通属性の必殺光線。
 唯一、対抗できるのは、『同程度の魔力を注いだ異次元砲』のみ。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く