『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 胸騒ぎ。

 53話 胸騒ぎ。


 パメラノの『不安が漏れ出ている発言』を受けて、アルキントゥが言う。

「胸騒ぎ……ですか?」

「うむ。ただの気のせいならいいんじゃが、わしの嫌な予感は、異常なくらい当たるからのう……世界大戦の時も、虫の時も、愚神の時も、この胸騒ぎはあった……」

 そこで、ジャミが、

「だから、今日は、いつもより少しピリついていたのですね」

「敬語はやめろと何回言わせるんじゃ。『神の領域』に辿り着いた『偉大なる超越者』が、わしごときにへりくだるな、このバカもんが」

「……し、失礼」

 そこで、パメラノは、胸をかきむしり、

「――いかんな、胸騒ぎが止まらん。やはり、ワシもいこう。アルキントゥ、ぬしもこい」

「さすがに、それは過剰戦力が過ぎるのでは――」

「いいから、こい。ジャミ、ぬしは、万が一にそなえ、五聖命王の方々に連絡を入れておけ」



 ★



 ――数分前。
 百済の要請を受けて救援に向かったカティは、現場に辿り着くと同時、
 まるで、ストレスをぶつけるかのように、

「死ね、ごらぁああああああ!」

 拳に、大量の魔力を込めて、
 百済の面々をボコボコにしていたP型センエース1号の顔面に叩き込んだ。

「どぅおぁっ!!」

 パメラノに叱れた『情けなさ』がこめられた一撃を受けた『P型センエースの顔面』は爆散しながら吹っ飛んで、潰れたザクロのようになった。

「カスがぁ……てめぇがバカみたいに暴れてなきゃ、パメラノ殿に怒られる事もなかったんだ……くそが……ぺっ」

 P型センエース1号の死体にツバをはくカティ。
 そのままの勢いで、ボコボコにされている百済の面々に視線をうつし、

「で、これ、どういう状況? 具体的に説明――」

 と、説明を求めようとしたが、しかし、

「……ん?」

 P型センエース1号の死体は、妙な光に包まれて、直後、

「……ぶはぁ……」

 かすり傷一つついていない完全な新品の状態で『その場に転生』し、

「さすが、九華……天下の連中とは一味違うな……ハンパねぇ一撃だった……」

 復活したP型センエース1号の姿を目の当たりにしたカティは、
 いぶかしげな顔をして、

「……頭を潰しても発動するタイプか……厄介な自動蘇生スキルね……」

 緊急要請の段階で、P型センエース1号が、その手のスキルを持っているとは聞いていた。
 蘇生系のスキルを持つ者は珍しいが、いないワケじゃない。
 だから、その程度は、驚くに値しない。

 問題なのは、再生系のスキルは、大概、コアを壊せば発動しなくなり、コアの場所は、たいがい頭部だということ。
 それを知っているカティは、『完全にブチ殺そう』と、ピンポイントでP型センエース1号の頭部を爆散させたのだった。
 しかし、どうやら関係がなかったようで、普通に再生されてしまった。

「もしかして、魔力が枯渇するまで発動するタイプか? ……厄介……」

 言いながら、ウルトラバイオレット006に視線を向けて、

「現時点までに、何回殺した?」

 ボソっとそうつぶやいたカティに、UV6が、全身の痛みに耐えながら、

「IR3が殺した分もあわせれば、20回をこえています! しかし、そのバケモノ、まったく自動蘇生ペースが衰えることはなく、それどころか、死んで蘇生するたびに強くなります! 正直、自動蘇生よりも、『そちら』の方がはるかに問題です! 強くなるペースが異常なほどはやいのです! カティ猊下! お気をつけて!」

「……大量のオーラと魔力を喰うであろう自動蘇生スキルがすでに20回以上発動していながら、ペースがまったく衰えず……どころか、発動するたびに強くなる? そんなふざけたスキルがあっていいのか……まったく……」




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く